2020年02月04日

ケーキとドイツワインの会の様子 甘口ワインの紹介も

先日ケーキとワインの会を開催しました。チョコ、スイーツが話題になる時期でも甘口ワインの紹介もあわせてします。

東久留米でのカフェかくしちでの会でした。1年ぶりにはなりますが、ここでのスイーツとの会は5回目です。
3種類のケーキに、4種類のワインを順番に合わせていきながら、ワインの解説などをしていきました。ドイツワインの簡単な説明や甘いといっても幅が広いこと、酸や複雑みによって数値と感じ方は異なること、収穫糖度とワインになった後の残糖は甘みへの異なる、というような話もしました。


IMG_5633.JPG

リースリング QBA 2014 マルティン・ミュレン
ヴァイスブルグンダー 2018 フランケンシュタイン
ピノ・ノワール アスマンズハウゼン 2015 ビショッフリッヒェス・リューデスハイム
リースリング ベルク・ロットラント シュペートレーゼ 2016 ビショッフリッヒェス・リューデスハイム

A洋梨のキャラメルケーキ
Bチョコとベリーのタルト
Cチョコシフォンケーキ

合わせてみた感想を書きますが、その会の中でも異なる意見の方もいらっしゃり、あくまでヴァインベルク店主の感想ととらえていただきたいです。

①の軽やかだけれどボリュームのある甘みのあるモーゼルのリースリングは、以前もケーキの会で出しましたが、どのケーキでも違和感がなかったです。
②はトロッケン(辛口)ですが、2018年という暑かった年でボリューム感のある果実味のワインなので、相性悪くないかなと思い選んでみました。わざわざ合わせるような組み合わせではありませんでしたが、B、Cと違和感がありませんでした。ピノ・ブランだから、ではなくふくよかさがポイントでした。
③はラインガウのアスマンズハウゼンのピノ・ノワールです。うすウマでなおかつコクがあるのでチョコ系のケーキと相性が良いと考えて選びました。予想通りAとBと良い相性で、特にBはこの組み合わせをしてほしいというようなとても心地よく感じられる組み合わせでした。ベリーという果実味が強すぎない果実、というのがポイントだったと思います。
Cのシフォンケーキは生クリームと合わせたほうが相性が良いと感じました。チョコと赤ワインという組みあわせは紹介されることが多いと思いますが、砂糖が入っているとあまり相性がよくないのです。そこにプラスアルファの生クリームがあるからこそ違和感がないようになりました。
➃の甘口シュペートレーゼは想像していたよりも酸を感じ、チョコ系よりはフルーツ系のケーキのほうが相性がよいと思いました。甘さだけでなく、まったりしているのかフレッシュなのか、というようなことが合わせるワインでの相性の良さのポイントとなります。今回の中ではベリーであるBと合わせられ、Aの洋梨のコンポ―トとも同じトーンで甘さを消しあっていませんでした。

参加された方の大半はこういった経験をされたことがなかったので、面白かった、興味深かったと言ってくださいました。
ケーキもワインもそれぞれおいしい、そして組み合わせた時の新たな喜び、そういったことを体感していただき良さを感じていただきうれしく思っています。
ケーキ、スイーツとの相性のことはこのブログでも何回か書いていますので、興味のある方は、このブログ内でケーキもしくはスイーツで検索していただきお読みいただければと思います。甘いものには甘いワイン、という認識がから、より深いことを知っていただけるようになるのではと思います。


ヴァインベルクが輸入するワインはトロッケン(辛口)、ファインヘルプ(中辛口、中甘口)が大半を占めていますが、甘口ワインも取り扱っています。需要が高いのでそちらの割合が多いのですが、甘口でも素晴らしいワインがありますんですが、種類は少ないながらもヴァインベルク店主が納得する上質な甘口ワインを厳選して輸入しています。

①や④のような酸と甘みの調和のある甘口ワインが多いですが、ふくよかな甘みで極甘口に分類されるようなアウスレーゼも扱っています。

モーゼルのベルンハルト・アイフェルの2018年のアウスレーゼは、暑かった2018年ならではの完熟したぶどうのふよかさのあるこの年ならでは甘口ワインです。フレッシュ感のある今でも、より深みが出てくる今後でもどちらでも楽しめるワインです。
ファルツのゲヴュルツトラミナーの2012年のアウスレーゼは、リースリングとは異なる複雑みがある甘口ワインです。熟成もしているので落ち着きのある甘みでもあります。

甘い、にも色々なタイプがありますので、ふだんはあまり甘みのあるワインを飲まれない方も、説明をお読みいただき想像しながら甘口ワインも選んでいただけるとうれしいです。
アルコール度数が10%以下で、甘いだけでない果実味のあるワインをたくさん取り扱っています。



ドイツワインショップ ヴァインベルク
http://weinbergwine.com



今後のワイン会、イベント

モーゼルリースリング会@新宿リースリング
2月24日(月祝) 18時開始 会費7,000円
https://www.facebook.com/events/1509452275878223/ 
10回以上モーゼルを訪れていてモーゼルを愛しているヴァインベルク店主セレクトの会です。この会はお店のとの共催となり、ヴァインベルク輸入以外のワインも選びます。畑やテロワールの細かい違いを検証する会ではなく、辛口から甘口まで、またモーゼル・ザール・ルーヴァーと幅広い味わい、個性があるということを感じていただけるような内容を考えています。お食事をしながらお楽しみだけます。

ドイツ料理とドイツ赤ワインの食事会@六本木一丁目ツム・アインホルン 
2月29日(土) 18時開始 会費13,000円
https://www.facebook.com/events/557500805092687/
日本でドイツ料理のレストランといえば必ず名前の上がる野田シェフのお店での会です。ソーセージだけではないドイツ料理の世界を堪能できます。赤ワインをテーマにし、この会のみの特別な構成でのコースとなります。赤ワインだけでなく、黒ぶどうを使っているゼクトやブランドノワールも提供します。重すぎない、うまみのつまったヴァインベルクの選ぶ赤ワインを、比較しながらお楽しみいただけます。

欧風家庭料理とドイツワイン@初台アティチュード
3月3日(火) 19時開始 会費7,000円 
https://www.facebook.com/events/2484477645158748/
ドイツの高校で同級生だったお二人によるビストロで、イタリアンのテイストがありますが、ドイツ料理もあるお店です。素朴だけれどクオリティの高い料理とドイツワインをお愉しみいただけます。ドイツワイン、ヴァインベルクのワインの魅力と幅広さがわかるよう、さまざまなタイプのワインを選びます。
現時点では残席は2名となっています。

 新着ワイン試飲会@新宿リースリング
3月7日(土) 15時から17時 会費2,000円
https://www.facebook.com/events/2593830030849373/
恒例の試飲会、中心となる今回の新着は、ザールのファルケンシュタインFalkenstein、フランケンもビッケルシュトゥンプBickel Stumpf、アールとミッテルラインのヨステンウントクラインJosten und Kleinとなります。
フィンガーフード付きで、どなたでもご参加いただけます。事前申し込みは不要です。時間内にお越しください。飲食店、酒販店の方は参加費の割引があり、14時からご参加いただけます。お取引のない方は事前のご連絡をお願いします。

鮨ナイトwithドイツワイン@高円寺徳竹 
3月8日(日) 18時開始 会費18,000円
https://www.facebook.com/events/1031377227226188/
食材をテーマにした会を何度か開催している和食のお店でのお鮨とワインの会です。お寿司というよりは鮨懐石といった内容です。ひとつのネタごとにワインを合わせていくというよりは、何種類かのお寿司、料理に寄り添うようなワインを選んでいきます。

ヴァインベルク6周年記念パーティー
4月11日(土) 13時から 会費7,000円
https://www.facebook.com/events/1495277487314235/




posted by ヴァインベルク at 22:30| 商品紹介 | 更新情報をチェックする

2019年12月30日

2019年を写真で振り返ります 2020年3月までのワイン会のお知らせも

2019年も多くの方に助けていただきながら無事に終えることができました。順風満帆というわけではないのですが、続けられているのは自分の力ではなく、みなさまのおかげであり、感謝しながら今年も終えます。

ネットショップからの購入だけでなく、ワイン会、ドイツフェスティバルなどのベント出店、セミナーなど多くの機会でヴァインベルクのワインを飲んでいただけてうれしく思っています。
ヴァインベルク主催のイベントはざっと数えても20回を超えていました。食事会や和食を中心に色々なテーマでやりました。3月にファルケンシュタインのヨハネスが来日したのは遠い昔のようです。
セミナーは、今年も田崎真也ワインサロンですることができましたし、関内アムラインでは毎回テーマを変えての6回のセミナーも行いました。ドイツワインの魅力をより知ってもらうため、ぶどう品種、産地の説明だけではない独自の内容でやっていますが、自分の形をだいぶ確立できてきてきたかなと思っています。ドイツワインの魅力を伝えたいので、ご依頼があり都合がつけば全国どこでも行きますので、お気軽にご連絡ください。

2020年の展望などはあらためて書きます。

ざっと今年の写真を載せておきます。


IMG_4115.JPG

ザールのファルケンシュタインのヨハネス。4日間と短い日本滞在でしたが濃い時間となりました。


IMG_0895.JPG

2019年のドイツ出張は4月末から。フランケンのフリッケンハウゼンのビッケルシュトゥンプの畑にて。


IMG_1703.JPG

ヴァインベルク5周年パーティは新宿リースリングで昼夜内容を変えてダブルヘッダー。自分の誕生日と合わせて盛大にお祝いしていただきました。


IMG_2302.JPG

シュパーゲルの会は吉祥寺のケーニッヒにて。


IMG_2579.JPG

高円寺徳竹では、河豚、鮎、鰤と食材をテーマにした会を行いました。3月はお鮨の会です。


IMG_3650.JPG

天ぷらの会も恒例となりました。2月もやります。


IMG_2436.JPG

北海道でもワイン会をやりました。


IMG_4491.JPG

新着ワインの試飲会も毎回好評でした。


IMG_4543.JPG

鴨鍋では出汁とワインの相性の関係が見えてきます。

IMG_3166.JPG

非公開の内輪の会では、トロリンガーのヴィンテージ違い飲み比べ、なてんいうのもやりました。


IMG_3370.jpg

ドイツフェスティバルでも多くの方にヴァインベルクのドイツワインを飲んでいただけました。


最後に今後のヴァインベルクのイベントをまとめておきます。

ヴァインベルクの会はアットホームな会で、お一人や初めての方でもお愉しみいただけます。お気軽にご参加ください。
お申込みはfacebookのイベントページからからだけでなく、
info@weinbergwine.comへのメールでもご参加は受け付けています。
会費の記載は全て税込みです。 
ご連絡のあった先着順で定員になりしだいキャンセル待ちでの受付とさせていただきます。

2月22日に予定していた新着試飲会は、輸入の大幅な遅れにより中止とさせていただきます。


ドイツチーズとドイツワインを愉しむ会@人形町モリモトハウス

1月13日(月祝) 18時開始 会費5,000円
https://www.facebook.com/events/717627542057518/

まだ日本ではあまり知られていないドイツチーズですが、ドイツフェスティバルでも提供し好評でした。もっと知ってほしいということでドイツ食品普及協会の森本智子さんとこの会を企画しました。チーズは4種類以上を少しずつお召し上がりいただけます。森本さんがドイツで入手した未輸入のチーズも登場します。夕食となるように、ドイツパン、温かいソーセージもご用意します。ワインは幅広いタイプで5種類を予定してます。お席はあと数席です。

新感覚の豚もつ焼きとドイツワインvol3@東中野晴れときどきtententen
1月25日(土) 12時開始 会費6,000円
https://www.facebook.com/events/619480388791714/

このお店での4回目の会です(1回は海鮮の会)。ドイツワインと合う豚もつ焼きと旬の野菜をお愉しみいただけます。しめのカレーもお肉と魚介のうまみがつまったスペシャルなものです。
この会は貸し切りですので、小さいお子様連れのご参加も大歓迎です。


かくしちのケーキとドイツワイン@東久留米かくしち

2月1日(土) 16時開始 会費3,500円
https://www.facebook.com/events/2613141958739981/

何度か開催しているカフェでの会です。3種類のケーキと4種類のワインを合わせてお愉しみいただけます。残糖が少ないものや赤ワインから甘口までのワインを用意し、スイーツには甘いワインだけではない、というのを体感していただけます。


天ぷらでドイツワイン@新宿つな八別館つのはず庵
2月9日(日) 12時開始 会費9,000円
https://www.facebook.com/events/2452879821651782/

こちらでの会も3回目となります。冬の食材の天ぷらとドイツワイン、ヴァインベルク店主もとても楽しみにしています。
ランチだからこそこの価格でできる、というとてもクオリティの高い内容をお得な会費で体感できる食事会です。


下記のイベントの詳細はリンクをはっているfacebookのイベントページをご覧ください。

ドイツ料理とドイツ赤ワインの食事会@六本木一丁目ツム・アインホルン 2月29日(土) 18時開始 会費13,000円
https://www.facebook.com/events/557500805092687/

欧風家庭料理とドイツワイン@初台アティチュード 3月3日(火) 19時開始 会費7,000円 https://www.facebook.com/events/2484477645158748/

鮨ナイトwithドイツワイン@高円寺徳竹 3月8日(日) 18時開始 会費18,000円https://www.facebook.com/events/1031377227226188/


ご参加お待ちしております。


ドイツワインショップ ヴァインベルク
http://weinbergwine.com

posted by ヴァインベルク at 18:54| ヴァインベルクお知らせ | 更新情報をチェックする

2019年12月11日

鴨鍋、ブリづくしのワイン会の様子と今後のイベント一覧

ヴァインベルクの企画で行われてた2つのワイン会の様子を簡単に紹介し、後半はヴァインベルクの今後のイベントのお知らせです。


IMG_4531.JPG

代々木八幡のそば處大野屋では鴨鍋の会でした。
蕎麦屋ならではの前菜とは2種類のリースリングと。ミュレンのファインヘルプはつつみこむように、ファルケンシュタインのトロッケンは酸と果実味の強さで、それぞれのワインと料理を楽しみました。
まいたけの天ぷらとはバーデンの2018年産でボーリューム感のあるヴァイスブルグンダーとばっちりでした。


IMG_4542.JPG

この会のメインの鴨鍋です。
2年前にこの会をした時の経験から、最初は赤ワインでお肉と合わせる感覚で、出汁が出てくるとうまみのあるリースリング・トロッケンというようにしていきました。
アスマンズハウゼンのピノ・ノワールは間違いないと思っていましたが、硬質感もあるのでどうかなと思っていたベルク・シュロスベルクのリースリングも心地よかったです。
最後は甘口のザールのファルケンシュタインの甘口カビネットも提供しましたがこれもばっちりでした。甘いだけでなく酸と深みがあるのがポイントで、しめのお蕎麦ともとても相性がよかったです。


IMG_4746.JPG

高円寺の徳竹ではブリづくしの会を開催しました。
ワインは6種類用意し、順番ではなく、複数の料理に同じワインが何度か登場するというスタイルの提案で進行しました。


IMG_4727.jpg

刺身は熟成したものと2タイプ。
アイフェルのリースリング・ファインヘルプは刺身だけでなく万能に料理と寄り添っていました。
醤油をつけるとバーデンのフランケンシュタインのシュペートブルグンダーと相性がよかったです。


IMG_4734.JPG

定番の鰤大根もこだわりのある和食のお店だと一味違います。
先のシュペートブルグンダーのほうが他の料理とは相性がよかったのですが、この料理にはレンベルガーでした。


IMG_4736.JPG

ふわっとしてクリーミーな蒸し鰤にはロゼのゼクトでした。


IMG_4740.JPG

ぶりのつみれと切り身の入った葱鍋はファインヘルプだけでなくベルクロットラント2012年リースリング・トロッケンも相性が良かったです。このワインは、ワインだけでも完成されていて料理と合わせるのは少し難しいのですが、こういった出汁や味がしっかしていていて洗練されている料理とはとても相性がよいのです。

鍋の出汁を使った乳麺にはミュレンの93のアウスレーゼを。熟成した甘口も甘みが強いものでなければ料理と一緒に楽しむことができます。


こういったさまざまなタイプの料理でヴァインベルクはワイン会を行っています。
ワイン、料理、どちらかが主役ではなく、両方あっての楽しみを存分を感じていただける会になるようにしています。ワイン会のこだわりについては過去のブログに書いていますのでそ
ちらもお読みいただけるとうれしいです。

それでは今後のお知らせです。

クリスマスマーケット出店
12月13日、14日に開催される春日の礫川(れきせん)公園での文京区主催のクリスマスマーケットにヴァインベルクも出店します。
文京区はファルツのカイザースラウテルンと姉妹都市で、オリンピック、パラリンピックに向けてのホストタウンとしてドイツを登録しました。その一環でこのイベントも企画されています。
ヴァインベルクはフードは販売しませんが、ドイツの料理やビールもお愉しみいただけます。
ヴァインベルクではホットワインだけでなく、8種類のワインを500円からお飲みいただけます。ゼクトや販売価格5,000円のワインも用意します。ワインのお持り帰り用のご購入も可能です。
フランクフルトのヴァイツェン(白ビール)も販売します。
寒くなく天気も良いようなのでぜひお立ち寄りください!

13日金曜 17時から1930
14日土曜 1130分から1930
https://www.city.bunkyo.lg.jp/bunka/olympic/bunkyoplan/hosttown/christmas.html

以下はヴァインベルクの会のお知らせです。
会のお申込みはfacebookからだけでなく、ホームページのお問合せページからでも受け付けています。
先着順の受付で、満席となりしだいお申込みの受付は終了させていただきます。
会費の記載は全て税込みです。


・ドイツチーズとドイツワイン
を愉しむ会@人形町モリモトハウス
1月13日(月祝) 18時開始 会費5,000
https://www.facebook.com/events/717627542057518/

まだ日本ではあまり知られていないドイツチーズですが、ドイツフェスティバルでも提供し好評でした。もっと知ってほしいということでドイツ食品普及協会の森本智子さんとこの会を企画しました。チーズは4種類以上を少しずつお召し上がりいただけます。森本さんがドイツで入手する未輸入のチーズも登場するかもしれません。夕食となるように、ドイツパン、温かいソーセージもご用意します。ワインは幅広いタイプで5種類を予定してます。
お席は12月中に満席となる可能性が高いです。

・新感覚の豚もつ焼きとドイツワインvol3@東中野晴れときどきtententen
1月25日(土) 12時開始 会費6,000
https://www.facebook.com/events/619480388791714/

このお店での4回目の会です(1回は海鮮の会)。ドイツワインと合う豚もつ焼きと旬の野菜をお愉しみいただけます。しめのカレーもお肉と魚介のうまみがつまったスペシャルなものです。
この会は貸し切りですので、小さいお子様連れのご参加も大歓迎です。

・天ぷらでドイツワイン@新宿つな八別館つのはず庵
2月9日(日) 12時開始 会費9,000
https://www.facebook.com/events/2452879821651782/

こちらでの会も3回目となります。冬の食材の天ぷらとドイツワイン、ヴァインベルク店主もとても楽しみにしています。
ランチだからこそこの価格でできる、というとてもクオリティの高い内容をお得な会費で体感できる食事会です。

その後もいくつかの会を計画しています。

新着ワイン試飲会@新宿リースリング 222日(土) 15時から17時 参加費2,000円 

ドイツ料理とドイツ赤ワインの食事会@六本木一丁目ツム・アインホルン 229日(土) 18時開始 会費13,000
https://www.facebook.com/events/557500805092687/

欧風家庭料理とドイツワイン@初台アティチュード 3月3日(火) 19時開始 会費7,000円 

鮨ナイトwithドイツワイン@高円寺徳竹 38日(日) 18時開始 会費18,000


ヴァインベルクの会はアットホームな会で、お一人や初めての方でもお愉しみいただけます。
お気軽にご参加ください。
ご参加お待ちしています!


ドイツワインショップ ヴァインベルク
http://weinbergwine.com


posted by ヴァインベルク at 20:46| ワイン会報告 | 更新情報をチェックする

2019年11月08日

ドイツフェスティバルの様子と出店の感想 今後のイベント予定も

11月1日から4日まで青山公園で行われていたドイツフェスティバルの飲食ブースにヴァインベルクは出店していました。
おかげさまで盛況で、たくさんの方がブースにお立ち寄りいただきました。天気も持ちこたえていてホッとしました。
様子や感想を少し書いていきます。

IMG_3370.jpg

フードブースが並ぶ中でヴァインベルクも出店しました。
フードは西麻布オルタナティブの特製料理です。グーラッシュ、豚のゼリー寄席、ザウアークラウトと人参ラペの盛り合わせを用意しました。
グーラッシュは用意した数があっという間になくなってしまい、楽しみにしていたみなさまには申し訳ありませんでした。特に最終日は10食のみとなってしまったことをお詫びします。
チーズは浜町のタンネが輸入しているドイツチーズ2種で、グラッスフェッドのやさしい味で、おいしかったと言いに来てくださった方も何人もいらっしゃいました。日本ではドイツチーズをあまり知られていないと思いますが、少しでもお役に立てたのではと思っています。
パンは大岡山のショーマッカーです。昨年まではゼンメルにしましたが今年はライ麦パンにし、チーズにもお付けしました。
チーズもパンも予定数が足りたくなりそうだったので追加発注もしました。

飲み物はホットワインとお子さまも飲めるぶどうジュースも用意しました。これらはどんどん減っていきました。ワインを造っている生産者のぶどうジュースはふつうのジュースより割高ですが、お子さまもおいしいと言いながら飲まれていました。


IMG_3385.jpg

飲食ブースだけでなく、ドイツに関するパンやお菓子、雑貨などを売っている物販ブース、協賛ブースもたくさんあるのがビールイベントとは異なるところです。


IMG_3389.jpg

ビールブースです。今年はベルリンの壁をイメージしたアートの小屋でした。


IMG_3362.jpg

ソーセージやフード専門のブースが大人気ですので、ヴァインベルクのブースは他に比べて並びは長くないのですが(提供時間が早いということもありますが)、大行列となった瞬間もありました。他が全く並んでいないのに行列ができていた時は誇らしかったです。


IMG_3378.jpg

ワインはメニュー14種類と日替わりを2種類用意し、1行ずつのコメントと共にリストにしていました。すぐんはどれがいいのかわからないと思うので、迷っている方にはどういうワインが好みかをお聞きしておすすめを紹介していました。なるべく簡潔にということは心がけていましたがが。ドイツワインください、と来られる方にはこれら全てドイツワインです、から説明が始まります。
ラインナップは、なるべくタイプが異なるワインにするようにしました。提供側も間違いが少なくなるよう、同じラベルで同じ形状のボトルはできるだけ減らすようにしました。

白のトロッケン(辛口)だけでも5種類用意しました。特徴がそれぞれ異なるので求めるワインをお飲みいただけたかと思います。
ファルケンシュタインのリースリング・トロッケンは酸味がけっこうあるのでその旨を説明にも書きましたが、かなり注文が多くてびっくりしました。おいしかったと何人の方が戻ってきてお持ち帰りのボトルでの購入もなさっていました。クナウスのグラウブルグンダーは他より高めの金額だったのですが、樽の風味があると書いたこともあってか思いの外注文がありました。
赤、白の中辛口、甘口もたくさん出ましたし好評でした。高めの金額のを提供したグローセスゲヴェックスなどの日替わりワインも予定本数がなくなりました。
3日目はボトルでのご注文、お持ち帰りされる方が多く、最終的には冷蔵庫が空に近い状態になりました。特に白辛口はボトルの在庫が一本もなくなってしまいびっくりしました。

ヴァインベルクのブースには、ワイン会に参加されたことのある方、ワインをご購入くださっている方、お知り合いの方、たくさんの方が立ち寄ってくださいました。ヴァインベルクをやっているからこその知り合いの方も多く、これだけの方と出会えていることをあらためて感謝しました。ふだんなかなかお会いできない方にも会えるのもこういったイベントならではです。
小さいお子様を連れていらした方も何組もいらっしゃいました。家族連れで来られるのもこういったイベントならではです。

事前の準備や搬入、搬出はヴァインベルク店主一人でやっていたのですが、会の間にはお知り合いの方12人にブースのお手伝いをしていただきました。一人ではできない規模なのでお手伝いしてくださった方にはとても感謝しています。自分がいなくてもワインの説明を的確にして勧めてくれたりと頼もしかったです。

苦労もありましたが、イベントならではの喜びがたくさんあった4日間でした。
来年は出店するかわかりませんが、とりあえず12月13日、14日の文京区春日でのクリスマスマーケットに参加しますのでお立ち寄りください。

下記は今後のヴァインベルクの関わるイベントのまとめです。
お申込みはfacebookのイベントページからからだけでなく、
info@weinbergwine.com

へのメールでもご参加は受け付けています。
会費の記載は全て税込みです。


・プチセミナーと特別試飲

11月16日、17日に経堂のドイツワインショップ、カシエルにてプチセミナーとヴァインベルクのワインの特別試飲を開催します。
プチセミナーは両日17時から開始で1時間、5種のワインをお飲みいただきながら話をしていきます。テーマは「ブルグンダー」ですが、その中でドイツワインの魅力や特徴もお話していきます。白3種類、赤2種類のトロッケン(辛口)を予定しています。
この両日はお店の通常のラインナップ以外にもヴァインベルクのワインを用意しグラスワインでお飲みいただけます。年末年始、ご贈答用ということもテーマにしたラインナップにします。気に入ったワインはその場でご購入いただけます。
お店ではセミナーの時間帯以外はお食事もお愉しみいただけます。
両日とも15時から19時はヴァインベルク店主宮城がお店にいる予定です。セミナー参加希望の方は宮城までご連絡ください。

イベントページとお申込み(試飲内容は両日同じです)
16日
https://www.facebook.com/events/702986746877759/
17日
https://www.facebook.com/events/726426797837222/

・こだわりインポーターの合同試飲、試食会@赤坂あじる亭(業界関係者限定)
https://www.facebook.com/events/2592544384314034/

まだ詳細は決まっていないのですが、11月19日火曜に赤坂のあじる亭にて、ワインインポーター5社とお茶、チーズの試飲、試食会を予定しています。
11時から15時まで、参加費は500円です。飲食店、酒販店の方限定となります。


 ・新着ワイン試飲会@人形町モリモトハウス
11月24日(日) 14時から17時 会費1,500円
https://www.facebook.com/events/785172165254803/

恒例の試飲会、今回は人形町のイベントスペースです。
新着のモーゼルのベルンハルト・アイフェル、ラインガウのビショッフリッヒェス・リューデスハイムのワインが中心となります。ゼクト、白は辛口から甘口アウスレーゼまで、赤ワインとさまざまなタイプを10種類以上、ゆったりとお飲みいただけます
数本ずつですが用意しているのでお持ち帰りもできますし、後日発送も可能です(金額により送料などの割引があります)。
年末年始などの特別な時のワイン、ご贈答用にも適したワインもございます。ぜひ気軽にお越しください。ドイツ関連のフードの販売も考えています(この投稿の時点では未定ですが)。
こちらのイベントは事前申し込みは不要です。
飲食店、酒販店の方は500円、すでにお取引をされている方は無料となりますが、できれば事前にご連絡をいただきたいです。


・鴨鍋とドイツワイン@代々木八幡そば処大野屋

10月27日(水) 19時開始 参加費10,000円
https://www.facebook.com/events/1332571876913767/

ワインやテキーラも提供しているそば屋大野屋での鴨鍋の会は2回目となります。こだわりの鴨やだしとドイツワインならではの相性を楽しんでいただけます。
白ワインが中心となりますが鴨鍋にはラインガウのアスマンズハウゼンの赤ワイン(ピノ・ノワール)もお出しします。
ワインを肉と合わせるか、出汁、うまみと合わせるか、というようなことも鴨鍋ではテーマとなりそのあたりのことも体感していただきながらお話もしてしていきます。
告知期間が短いので4名から10名と少数での会となります。


・ブリづくしのフルコースとドイツワイン@高円寺和食処徳竹

12月8日(日) 18時開始 参加費11,000円
https://www.facebook.com/events/797592283993511/

高円寺の和食のお店徳竹での会です。こちらのお店では、鱧、ふぐ、鮎と食材をテーマにした会をこちらで行ってきましたが今回は鰤(ぶり)です。さまざまなブリ料理とドイツワインの相性をお楽しみいただけます。
白ワインが中心とはなりますが、色々なタイプのドイツワインを用意します。白辛口だけでなく赤ワイン(2種類を予定)も鰤と合わせます。
お席はだいぶ埋まってきています。定員に達し次第締め切らせていただきますのでお早めのお申込みをおすすめします。


初めての方もお気軽にご参加ください。
よろしくお願いします!


ドイツワインショップ ヴァインベルク
http://weinbergwine.com


posted by ヴァインベルク at 19:29| ヴァインベルクお知らせ | 更新情報をチェックする

2019年10月12日

つな八つのはず庵でのワイン会の様子

台風の被害に遭われた方が平穏な生活に戻れることを願っております。

先日開催した新宿つな八別館つのはず庵でのお昼のヴァインベルクのワイン会の様子を書いていきます。
つな八の志村社長も参加され、14名での会となりました。


IMG_3661.JPG

ワイン6種類選びました。
① リースリング パラディース ファインヘルプ 2016 マルティン・ミュレン(モーゼル)
② ソーヴィニヨンブラン トロッケン 2016 クナウス(ヴュルテンベルク)
③ ロゼ トロッケン 2017 シュピンドラー(ファルツ)
④ リースリング リープフラウエンシュティフト キルヒェンシュトゥック GG 2012 グッツラー(ラインヘッセン)
⑤ シュペートブルグンダー オルツヴァイン グナイス 2016 フランケンシュタイン(バーデン)
⑥ リースリング パラディース シュペートレーゼ 2012 マルティン・ミュレン(モーゼル)

事前の打ち合わせで天ぷらの内容と順番を調整しながらワインも選んでいきました。
食事に合わせることに加えてヴァインベルクのドイツワインの魅力もわかるさまざまなタイプのワインとなりました。
⑥の甘口以外は2本ずつ用意し、提供したタイミングの後でも再び注いで別の料理と試していただけるようにもしました。


IMG_3642.JPG

前菜は蓮根もちと平目のマリネです。
和食でも洋食でも色々な様子のある前菜ととても相性の良い①のミュレンのファインヘルプ、ここでも大活躍でした。
②のしっかりめだけれど他の国とは異なるタイプのクナウスのソーヴィニヨンブランは林檎ドレッシングの平目のマリネとばっちりでした。
ワインとしても飲んだことがないタイプでなおかつおいしいと皆さんに喜んでいただけました。


IMG_3645.JPG

天ぷらは初めはスタンダートなものから。天ぷらは穴子以外はふつうの塩と昆布塩の2種類で召し上がっていただく形としました。
まずは野菜と海老です。画像はないですがこの次は鱧と舞茸でした。
最初の皿とは②のソーヴィニヨンブランがとてもよかったです。①も万能で寄り添う形で楽しめます。
③のロゼも万能ですが特に舞茸と相性が良かったです。ロゼは昨年の会はクナウスのを提供しましたがそちらも好評で、ピノ・ノワール単一でない複雑みのあるトロッケン(辛口)のロゼと天ぷらはとても相性がよいことがわかりました。


IMG_3647.JPG

ここからは創作系の天ぷらが続きます。
帆立貝、林檎のピクルス添え。このタイプとはリースリングと相性がよく①と組み合わせがよかったです。


IMG_3649.JPG

大浅利の香り揚げと椎茸の海老詰め生ハム添え。
このあたりは複雑みのあるリースリングがよいかなと思い④のグローセスゲヴェックスを。グッツラーはモアシュタインのGGも輸入していますが、こちらのほうがやわらかさと果実味による重みがあるので、リープフラウミルヒのオリジナルの畑で熟成感もでてきているこちらを選びました。ワインとしても今回の中で一番反応がよく、複雑みのある天ぷらとも相性がよかったです。
リースリングは食事に合わせぜづらいという流れが日本では思われている方も徐々に増えてきているようなのでが、ドイツは色々なタイプのリースリングがあるので一概にそうは思わないでほしいです。また、酸ということを意識しての同じタイプの料理、レモンや酢橘などで酸味を加えてベクトルを合わせる、というような想像ももったいないと思っています。①もですが、こういった料理に合わせることができるリースリングはたくさんあります。産地や等級、格付けというくくりだけで判断せずにワインと向き合っていただけるとうれしいです。


IMG_3650.JPG

穴子とトマトソースがけの秋鮭の燻製。今までのワインでも違和感なく楽しめますが、このあたりは赤ワインということで選んだ⑤のシュペートブルグンダーとばっちりでした。果実味の濃さが強いものよりはしみじみとおいしいうすウマのタイプのほうがよいのではということでこちらを選びました。出汁、うまみという部分でとても相性が良かったように感じました。穴子は塩よりも梅入りの大根おろしや天つゆだとより親和性がありました。


IMG_3651.JPG

かき揚げの天丼とも赤ワインは違和感がありませんでした。赤みその味噌汁とこの赤が合うのがびっくりしたとおっしゃっていた参加者もいらっしゃいました。

最後は甘みはしっかりあるけれど酸味もあるシュペートレーゼ。油ものが続いたのでこういったさっぱりした甘口のほうがよいかなと考えたのですが正解でした。酸味があってもしめとして満足感の得られる甘口リースリングです。


食事会としてもワインとしてもみなさんにとても喜ばれる会となりました。昼で8,500円の会したが、この会費でとてもお得感がある、とみなさん感じていただけたようです。ワインもですが、お店としても昼だからこの価格でやっていただけということがあり、その点をわかっていただけてうれしいです。

先に少し書きましたが、リースリングも含めてヴァインベルクのドイツワインはとても相性がよいです。もちろん料理によって合うワインは変わってきますが、やさしさややわからさがあるけどの芯のあるワインはとても相性がよいのです。試してみてわkる組み合わせもあるのですが、料理の要素にピンポイントで合わせるのではなく合わせられるのが魅力だと考えています。
こいった組み合わせは飲食店だけでなくご自宅でのお食事でも体感できまのでぜひチャレンジしていただきたいです。


11月のワイン会はまだ予定が決まっていなくて、先に12月の会のお知らせをします。
鱧、河豚、鮎と食材をテーマにして開催してきた高円寺の和食のお店、徳竹ではブリづくしの会を開催することなりました。
いろいろなタイプの鰤料理にヴァインベルクのドイツワインを合わせていきます。
お申込みはfacebookのイベントページからからだけでなく、info@weinbergwine.comへのメールでもご参加は受け付けています。

日時 12月8日(日) 18時開始
場所 和食処 徳竹 (最寄駅、高円寺)
http://www.toku-take.com/
会費 11,000円(税込)

facebookイベントページ


今年も乃木坂の青山公園で行われるドイツフェスティバルにヴァインベルクは飲食ブースで出店します。
ワイングラス型のプラカップで10種類以上の直輸入のヴァインベルクのドイツワインをお飲みいただけます。
今年は料理は西麻布オルタナティブ特製のグーラッシュ、豚肉のゼリー寄せです。
11月1日から4日まで開催されます。


ネットショップでは白ワインぶどう品種比較3本セットを3種類販売中です。
送料込みのお得なセットです。ケナー試験を受ける方もぜひご利用ください。
セット販売リスト



ドイツワインショップ ヴァインベルク
http://weinbergwine.com


posted by ヴァインベルク at 23:39| ワイン会報告 | 更新情報をチェックする