2016年07月23日

ドイツでの造り手との食事とそういった時間をすごして想ったこと

6月のドイツ出張では造り手と一緒に食事をすることが今までより多かったです。事前に流れがわかっていた時だけでなく流れで一緒に食事をとることになったこともありました。


IMG_0298.jpg

ヴュルテンベルクのクナウスでは、前回と同様にゲストハウスに泊めていただきお家で一緒に夕食を食べました。1時間以上畑を一緒に周り(そのことはあらためて)、スーパーマーケットで夕食の食材を買いに行き、キッチンで話をしながらアンディが夕食を作ってくれました。ふだんは奥さんが料理するのですがたまに料理をするそうです。
豚肉をバラ肉で巻いたものがメインで、軽くゆでてから炒めたシュパーゲルとサラダでした。シンプルですが手がこんでいておしかったです。
もちろん食事をしながら彼のワインも数種類飲みました。ストイックに試飲をすることも大事ですが、リラックスしてゆっくりと飲むことでわかることもあり、クナウスのワインの場合はそういうふうにして試飲するほうが向いていると思いました。


IMG_9786.JPG

モーゼルのマルティン・ミュレンでは朝から畑仕事だったということで試飲の途中で一緒に昼食をとることとなりました。
想像以上のドイツ飯でびっくりしましたがよい経験でした。長方形の茶色いものは白身魚のフライです。じゃがいもは20年前にはマルティンはこの量を一人で食べていたそうです。今でもかなりの量を食べていてじゃがいもだけは量が必要と言っていました。日本人にとっての白米のような存在だと思えばわかりやいと思います。
食事をとりながらそれまでに飲んだものをもう一度飲んだり、これが合うだろうと別のものを出してくれたりしていました。料理はありふれたものですが、ワインと組み合わせることによって特別でそして幸せになれる食事となりました。


IMG_9757.JPG

ザールのファルケンシュタインでは、醸造所で試飲した後に、ファルケンシュタインをアメリカに輸出している手伝いをしているラースがワインをセレクトしているアジア料理の店に3人で一緒に行きました。パクチーを多用しているベトナム系の料理ですが、酸味と果実味のあるリースリングがとても合いました。ファルケンシュタインではいつも醸造所で試飲と軽く昼食をとるだけだったので、異なるシチュエーションでワインを飲めて、彼の感想も聞けたことはよい経験でした。


IMG_9937.JPG

今回は造り手の方と外食となるとイタリアンを食べることが多かったです。ドイツ人はイタリアンが好きというのを実感しました。
画像はラインガウのリューデスハイムで食べたピザです。イタリアでも日本でも食べるものとは食感やトッピングが違いましたが、ドイツだから大味、ということはなくおいしかったです。
他にもパスタを何回か食べました。

というように今回は観光客が望むようなドイツ料理(といってもソーセージや豚肉料理だけではありません!)はほとんど食べていません。でもドイツ人日常の食生活を体験できて、それはとても良い経験だと思っています。
食事だけでなく、今回は招かれているという感覚のない、彼らの日常の中に私が混ざっているというような状況が多く、ふだんの生活にふれることができたのがとてもよかったです。観光で行ったり、大きい会社相手だとなかなかこういう体験はできないと思います。
日本人のところにも泊めてもらったのですが、そこではカレーライスや炊き込みご飯を食べていました。一緒にドイツワインは飲んでいましたが。

試飲の際にはテクニカルな話が中心になってしまうのですが、食事などの時間を共にすごすことにより色々な話ができるのがとても重要なことだと思っています。好きな食べ物や好きな音楽の話をしたり、意外な趣味があったりと、彼らのことをより知ると、どうしてこういうワインを造っているのか、ということにつながりを感じられるようになるのです。人柄と造るワインがつながってくるのです。そういったことを理解することはインポーターとして醸造所とそのワインを伝えるためには重要な要素だと思っているのです。説明や想いを伝えるときに言葉の中に自然と説得力が生まれているのではないかと。
せっかくはるばるドイツまで来て造り手と接するのだから、畑のこと、栽培のこと、醸造のことだけでなく彼ら自身を知ることが直接会うことで最も大切なことだと思うようになっています。

また、深くふれていると、親や奥さんが病気になったり、家が火事になったりと、それぞれが苦労していて苦悩もかかえていることも感じてしまいます。おいしいワインを造ってもらってそれを選んで日本に届けてみなさまが喜んで飲む、という循環をしているわけですが、同情などいろいろな感情をいだくことによってうまく循環がしなくてなっていまう可能性があると思っています。例えばこちらの醸造所のワインを多く使おうなどと。でもそうなるとうまくビジネスとしてまわっていかなくなるかもsれないのです(自分がうまくいかないとそれぞれの醸造所にも次回の購入の延期などしわ寄せがきてしまうのです)。
でも自分の仕事は良いワインを選び造り手の想いを届け、日本のみなさんがそのワインを手にとって飲んでくださり幸せな気持ちになってもらうことです。そうなることが造り手が一番喜んでくれることなので、自分がやるべきことをするだけだ、という考えに至りました。

ヴァインベルクとしては、販売しているワインが売れればよいというだけはなく、造り手の想いも一緒に伝えること、伝えられるような醸造所のワインを選ぶことが大事だと思って仕事をしています。ワインがおいしくなければ意味がないわけですが、それだけではない、という部分が、こういうようにわざわざ説明しなくても意味を持っているようなことになっていればいいなあと思っています。

後半は少し抽象的な表現も含まれてしまいました。はっきり言うことによって異なった解釈をされて誤解されてしまう部分もあるかと思ったからです。



ドイツワインショップ ヴァインベルク
http://weinbergwine.com



ラベル:醸造所訪問
posted by ヴァインベルク at 23:08| ヴァインベルクについて | 更新情報をチェックする