2016年09月24日

ファルツのシュピンドラーSpindler醸造所

もうだいぶ前になってしまいましたが6月のドイツ滞在の中の訪れた醸造所でまだ書いていないところがあるので書いていきます。
今回はファルツPfalzのフォルストにあるハインリッヒ・シュピンドラーHeinrich Spindlerです。
実はこの醸造所は昨年の11月も訪れています。ファルツの醸造所を扱いたいと考えていて所有している畑や価格帯からこのシュピンドラーを選び、扱いたい旨をメールで伝えたら快く受け入れてもらうことになり訪問したのです。実際に訪れてとても良い造り手だということがわかったので扱おうと考えたのですが、輸入したかった複数のワインの在庫がなかったり輸入スケジュールの関係で仕入れを見送っていたのです。その状態で再びドイツに行くことになったのですが、ここのワインはぜひやりたいと考えていたので少し気まずい状態ではあったのですがメールを送ったら再び快く受け入れてもらえることとなりました。
最初に訪れた際には複数の畑を車で案内してもらい土壌など細かい話を聞いて、地下のケラーにも入れてもらい収穫から2か月後の発酵が止まった状態のワインを樽から試飲させてもらいました。そういった話やこの醸造所の特徴などは、シュピンドラーのワインが入荷する10月後半にあらためてブログで書こうと考えています。今回は6月に訪れた時の様子を書いていき、その中でシュピンドラーの紹介も少し混ぜていく形にします。ファルツの産地の特徴も少し書きます。

ミュンヘンでDVPフランケンの試飲会に訪れた後、夜行列車でヴィースバーデンに向かい荷物を置いたのち、ヴィースバーデンからローカル列車を乗り継ぎ3時間かけて南下しファルツにたどり着きました。今回訪れたのは、ミッテルハートMittelhaardtというファルツの真ん中で著名な醸造所や畑が密集している地域です。ワイン街道Weinstrasseがあることでも知られています。ミッテルハートの北にバートデュルクハイムという街があり毎年9月に世界最大のワイン祭りと言われているヴュルストマルクトWurstmarktが開催されていて(ワイン中心のオクトーバーフェストと考えていただくとわかりやすいです)私も3回訪れています。
今回最初に降りたのはダイデスハイムDeidesheimです。この町には著名な醸造所がいくつかりワイン街道を観光する方は必ず訪れる街です。この町で一軒ビジネスとは関係ない部分で醸造所を一軒訪れてからシュピンドラーのあるフォルストへ向かいました。

IMG_9587.JPG

そんなに大きくはないダイデスハイムの町の広場には教会があります。この広場にあるダイデスハイマーホーフというレストランもあるホテルは首相が泊まったりして有名なところです。


IMG_0376.jpg

広場から続く道です。この周辺にも名の知れた醸造所が複数あります。


IMG_0381.jpg

フォルストはダイデスハイムから北に20分くらい歩いたところにあります。車だとワイン街道をまっすぐ行けばすぐなのでシュピンドラーが車で迎えに来てくれると言っていたのですが時間もあったのでぶどう畑の中を散歩しながら向かいました。
ミッテルハートの大半の畑は平地に畑があり、素晴らしい畑と言われている畑も平地にあります。これがモーゼルやラインガウと異なるところです。ファルツはそれらの地域よりも温暖で平地でもぶどうはしっかり熟すので斜面でなくても問題がないのです。それだけでなく土壌が辛口ワインに向いているのです。ヴァイサーブルグンダーなども造られていますがファルツのリースリングは他には存在感があり、著名な畑から造られるグローセス・ゲヴェックスは他の産地よりも高価格に設定されています。
また、平地なので畑の管理もしやすいので有機栽培、ビオロジック、ビオディナミの栽培が積極的に行われていてトップワイナリーも特別のことではないようにビオの認証を取得しています。ビオであることが大事なのではなく、良いワインを造るためにビオである、といえる産地です。


IMG_0389.jpg

フォルストForstはぶどう畑に囲まれた縦長の集落の小さい町で商店も少ないです。建物はダイデスハイムより小さいものが多く町の雰囲気が少し異なります。この通りが目抜き通りで、醸造所とレストランが数軒あります。


IMG_0403.jpg

目抜き通りの中にハインリッヒ・シュピンドラーSpindlerがあります。醸造所だけでなくレストランも経営しています。
先代の次男が醸造所を継ぎ、長男と先代の奥さんがレストランを切り盛りしています。
シュピンドラーはVDP加盟醸造所ではないのですが、VDPファルツではシュピッツェンタレントというシステムがあり、優秀で今後有望な醸造所を選び、VDPの試飲会やイベントなどのプログラムが組まれていて、昨年までそこに属していまた(1期は3年のようです)。2年前のグローセス・ゲヴェックスの試飲会でシュピッツェンタレントとしてこの醸造所も出展していたのがシュピンドラーを認識した最初でした。


IMG_0390.jpg

醸造所のゲストルームです。
前回は2014年産の試飲が中心でしたが(樽からは2015年産を飲みましたが)、今回は全て2015年産を試飲しました。
生産量がは多くなく自分のところのレストランでも消費している次のヴィンテージのがリリースされる前に大半が売り切れてしまうようです。


IMG_9599.JPG

シュピンドラーはクラスによってラベルを変えています。これは価格を見なくてもシュピンドラーを知っていればどういったクラスと価格帯のワインかすぐわかるのでいい試みだと思いました。一番右が畑名が記されているグローセスゲヴェックスのクラス(VDPではないのでGGは名乗っていません)のワインのラベルです。以前の等級でいうシュペートレーゼ、アウスレーゼクラス(辛口も含めた)に相当します。これらのみナチュラルコルクでグーツヴァインやオルツヴァインはスクリューキャップです。


IMG_0415.jpg

ミッテルハートの特徴として、小さいエリアごとに土壌が異なり、特性の異なるワインになる、ということがあります。大半がブントザントシュタイン(雑色砂岩)のエリアなのですが、ところどころに異なる土壌があり、それぞれのエリアを分け畑名がつけられています。特にフォルストはとても小さい畑だけがいくつかあり、複数の醸造所が少しずつ所有しているのですが、優れた畑なので生産量が少量であっても手放さず、そして高価なワインとなっています。大半はVDP加盟の著名なワイナリーが所有しそれらの畑のぶどうはリースリングのグローセスゲヴェックス(GG)という高価な辛口ワインになっています。
画像はフォルストの畑の土壌の説明です。畑の話は次回シュピンドラーのことを書くときにもう少し詳しく書きます。


IMG_0407.jpg

教会が見えますがこのエリアがキルヒェンシュトゥックkirchenstueckです。この他にFreundstueck、Jesuitengartenという小さなエリアの畑があるのですが、いづれもシュピンドラーは所有していてそれぞれの畑からGGクラスの辛口ワインをリリースしています。しかし他の著名な醸造所よりも価格が低くなおかつ質は劣らないので、数量が少ないこともあり毎年争奪戦となっているようです。2015年産も6月の時点で大半が売れているとのことだったのですが、キルヒェンシュトゥックのワインがとてもよかったのでお願いして2ケースだけわけてもらうことができました。


IMG_0401.jpg

一通りの試飲と輸送の過程の打ち合わせを終えてから今の当主のマルクス・シュピンドラーと昼食をとりました。暖かかったので外のテラスです。庭もありました。ワインまつりなどのイベントの時はこの芝生も活用するのでしょう。
彼は真面目そうで温厚な雰囲気ですがその中で時折ユニークなことを言うのがおかしかったです。
おすすめをきいて伝統的な料理で、と頼んだらこれが出てきました。自分でちゃんとチェックしていなかったのが悪いのですがこの2つはよく食べているし、もっと他の郷土料理が食べたかった、とは思いましたが、おいしかったのです。ザウアークラウトは絶妙な酸味で今まで食べた中で一番おいしくこの量でもすいすい食べることができました。
前回はより魅力的な料理を食べているので次に書く時に紹介します。


今回の記事ではシュピンドラーのワインがどういったものかまだわからないかと思います。入荷する時に書く記事とショップページでのそれぞれのワインの説明を楽しみにしていただければと思います。



ドイツワインショップ ヴァインベルク
http://weinbergwine.com



posted by ヴァインベルク at 06:42| 醸造所紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月05日

ヒルデガルトゆかりの料理とワインの集いの様子と感想です

日本にあるドイツ料理のレストランとしては最も有名で最初に名前の出てくる六本木一丁目のツム・アインホルンで会を開催しました。こちらでは一年半前に一度食事会をやらせてもらっていますが、今回はその時とはテーマが違い趣の異なる会となりました。
ツム・アインホルンの野田シェフはヒルデガルト・フォン・ビンゲンHildegard von Bingen(11世紀の修道女でさまざまな分野に影響を残した女性)のハーブを使った料理に興味を持っていて「ドイツ修道院のハーブ料理」という本も刊行しています。ヴァインベルクで輸入することとなったリューデスハイムのビショッフリッヒェス・リューデスハイムがヒルデガルトの建てた教会に醸造所を併設しているということもあり、ヒルデガルトのことを勉強しました。その中でツム・アインホルンでヒルデガルトをテーマにした会をできないかと打診したところ快く引き受けてくださったので、6月にドイツに行った時にヒルデガルトで造っているワインも入手しそれらとヴァインベルクで輸入しているリューデスハイムの醸造所のワインとヒルデガルトに関連する料理での食事会をすることとなりました。ヒルデガルトの修道院を訪れた時の様子はこちらをごらんください。


IMG_0725.jpg

まずはヒルデガルトについて野田シェフからの解説がありました。修道士たちの食生活をただす、健康を気遣うためにハーブ料理のレシピを多く開発したことなどをお話しいただきました。その当時はじゃがいもやトマトはなかったということも言われてみればそうだなと思いました。じゃがいもはアメリカ大陸からやってきたものなので。ドイツ料理なのにじゃがいもがない料理なのです。


IMG_0726.jpg

タルトにはトマトが入っていたり川魚ではなくメバルだったりと当時の料理の完全再現ということではなく、ハーブなどによる味付けなどヒルデガルトのレシピとはどういった系統のものかという雰囲気がわかりつつ、現代においしく食べられる料理、といったメニューです。事前にどういったワインを提供するかということを話して、野田シェフに料理の構成を考えていただきました。お話を聞きながらのゼクト以外のワインと料理を一種類ずつ合わせていく形となりました。


IMG_0732.jpg

料理が出たときなどに野田シェフからハーブや食材の解説をしていただきました。
僕も調理されていない根セロリは初めて見ました。


IMG_0735.jpg

こういったハーブの香りをかいだりなめたりしました。紅茶で使われているようなものや胃腸薬おような苦味のあるベルトラムなど面白い体験でした。


IMG_0747.jpg

提供したワインです。
Aヒルデガルト リースリング トロッケン
Bヒルデガルト リースリング シュペートレーゼ ファインヘルプ Sanctus
Eヒルデガルト リースリング シュペートレーゼ Scivias

当初は6種類の予定だったのですが予備として用意していたもう一種類のシュペートレーゼも提供しました。
ヒルデガルト以外のワインはヴァインベルクで販売しているので各ワインの紹介のページへリンクを貼ってあります。
ヒルデガルトのワインは全て2015年産です。他のヴィンテージも試飲したのですが、気にいったものが結果的に2015年産となりました。2番のラベルのものとヒルデガルトのシンボルをラベルにしているものの2種類の系統があり、後者はシュペートレーゼクラスのぶどうを使用していてワイン名にはヒルデガルトにまつわる単語が使われています。Eのワイン名になっているSciviasはヒルデガルトが執筆した有名な指導書で日本訳では「道を知れ」とされています。



IMG_0730.jpg

根セロリのサラダ。生クリームのとハーブのみの味付けです。こういった味わいには、きりっとしたAのような酸味がありフレッシュなリースリングの辛口がぴったりあいました。リースリングの酸の重要性はこういった料理でもよくわかります。Aのワインは、わざわざ日本で購入するほど、というわけではないのですが、現地で飲んだらとてもおいしく感じるドイツの風土、食べ物にあった(あまり料理を選ばないので)お手本のようなフレッシュなリースリング・トロッケンです。トロッケンではサマーワインというシリーズもあったのですがこちらのほうがコクがあって好みだったのでこちらを入手しました。


IMG_0734.jpg

野菜のタルト。ハーブの風味がとけこんでいます。野田シェフの腕も感じる料理として完成している素晴らしいものでした。
Bのファインヘルプは先のトロッケンがアルコール度数が11.5%だったのに対し12%で、収穫したときの糖度が高いので辛口よりもアルコールに変えていっても度数が高くボリュームがあるものになっているというのが参加者にも興味深かったと思います。甘いとは感じないけれど心地よいボリュームの残糖で野菜の料理との相性がとてもよいワインだと思いました。


IMG_0643.jpg

ヒルデガルトはいくつかの区画にブドウ畑を所有していますが、Bのワインは修道院の真下の斜面のエリア、リューデスハイマー・クロスターベルクKlosterbergの畑です。ここは砂岩に石英が混ざっている土壌だそうです。リューデスハイムはレスやシーファー、石英、といった要素が畑ごとに微妙に異なっています。畑のことを調べていたらこの隣にはクロスターライKlosterlayという畑もありこちらはシーファーとレスの土壌だそうです。なんで似たような名前をつけるの、とは思いますが畑名が異なるのには構成要素が違うというちゃんとした理由があるのです。昔は科学的な分析ではなく感覚でその違いがわかっていたのだからすごいです。


IMG_0737.jpg

メバルです。クリームソースでこちらも塩、コショウの味付けはありません。ヒルデガルトでも重要な食材であるスペルト小麦があります。スペルト小麦はヘルシー健康というだけでなく食感やこくといった部分で食材としてもいいものだということがわかる料理でした。
こういったうすめだけどコクがあり洗練された料理とまったりめだけど深みと奥に力強さもあるCのワインは最高の組み合わせでした。


IMG_0742.jpg

仔羊とレンズ豆の煮込みです。内側に力のある料理と、一見薄く感じるけれど力がありなおかつエレガントなDの赤ワインの組み合わせはとてもよいです。提供された時は少し温度が低かったのですが、時間がたつにつれこのワインの良さが出てきてほっとしました。一瞬でなくてゆったりと味わっていただきたいピノ・ノワールです。6000円というと高く感じるかもしれないけれど他の国の同価格のピノ・ノワールと比べたらとてもよいワイン、という感想をいただけました。


IMG_0743.jpg

デザートはかぼちゃのタルトです。砂糖の甘みが強くなくてもかぼちゃのうまみでホットできます。ツム・アインホルンといえばやはり一角獣の砂糖のデコレーションです。
甘口のシュペートレーゼはEのほうが甘みを感じ、Fはより複雑みがありシュロスベルクという畑の良さがわかるものでした。どちらがよいかは好みであり、どちらもおいしい甘口ワインだということは間違いありません。

ヒルデガルトで販売しているハーブティで落ち着きこの会は終了となりました。

豪勢と感じない味付けや食材でも幸せで特別な食事になるということを感じられる会になりました。一見物足りなく感じる料理でも、繊細なドイツワインと合わせると相乗効果でお互いの良さが引き立っていくのがよくわかりました。ヘルシーと(心の)贅沢という相反しなさそうにみえるものの共存ということを強く感じることができました。新しい体験をすることができた料理を提供してくださった野田シェフに心から感謝しています。
多くの方の想像するドイツ料理とは異なるものですが、こういった料理によりドイツの文化の幅を知ってもらえる機会になればと思います。ワインと料理が好きな方も、フランス料理などとは異なる合わせ方なので、ぜひヒルデガルトの料理とドイツワイン、というのを体験していただきたい、と思いました。


次回のヴァインベルクの会は9月22日新宿リースリングにてゼクト(スパークリングワイン)でランチの会です。さまざまなタイプのゼクト6種類をお楽しみいただけます。



ドイツワインショップ ヴァインベルク
http://weinbergwine.com



posted by ヴァインベルク at 00:34| ワイン会報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月04日

マルティン・ミュレン訪問

間があいてしまいましたが、ドイツに行った時のことの続きです。
モーゼルの醸造所のことが続いていますがこちらもモーゼルのマルティン・ミュレンMartin Muellenです。
醸造所のあるトラーベン・トラーバッハTraben-Trarbachはトリアーからは離れていますが、電車だけで行けるのでモーゼル川のエリアでは比較的行きやすい場所です。


IMG_0630.jpg

前回はヒューナーベルクの畑に一緒に行ったりレストランで昼食をとったりしたのですが、今回は時間をかけてじっくり試飲をしながら話をしたいと思ったので醸造所に向かうことにしました。
しかしここでアクシデントが。醸造所軒自宅のところに向かったのですが、ベルを鳴らしても誰もいなく人の気配がありませんでした。近くにケラーがあるのでそこにも行きましたが当主のマルティンはいませんでした。30分早めに着いていたので、行くと伝えてあった時間にまた来ようということで近くの畑を見たりしていたのですが、大雨が降ってきたので近くのカフェに避難してラドラー(ビールの炭酸割り)を飲んでいました。
で時間になったので戻ったのですが同じように人の気配がなく、途方にくれながらまた数十分後に行ってベルを鳴らしたら見知らぬ女性が出てきました。同居人?と事情はわからなかったけれど、マルティンと約束をしていることを告げて携帯に電話してもらったのですが出てくれなく、でもそのうち帰ってくると思うということだったので待っていました、それから20分くらいしてからマルティン登場です。約束は完全に忘れていたようで、朝からずっとぶどう畑で仕事をしていて戻ってきたところだったのです。まあ何にせよ会えたのでよかったのです。
汗だくだったのでシャワーを浴びるから待っててと言われ、それからいつもどおりの試飲がスタートです。なぜ知らない女性がいたかというと、マルティンの奥さんが病気で入院しているので、週何回か来てもらって家事やマルティンの食事を作ってもらっているとのことでした。息子はガイゼンハイムの大学に行っていて頻繁には帰って来られないし、マルティンが一人で畑仕事や営業のことをしているのはかなり大変なんだろうということが容易に想像できました。


IMG_9786.JPG

トロッケンから試飲をしていきましたが、途中でマルティンが、お腹はすいているかとたずねました。お手伝いさんが作った料理を食べるとのことだったのですが僕も昼はパンしか食べていなかったので一緒に食べることに。
どんぶりいっぱいの茹でたジャガイモとと白身魚のフライでした。典型的な家庭のドイツめしってかんじでこういうのもうれしかったです。ただふつうじゃないのが、上質なワインと合わせているということでとても幸せで特別なランチでした。これと合わせたほうがいい、と別のワインを出してくれたりして二人で楽しんでいました。食後にヨーグルトもあったのですが、これにはアウスレーゼと言って、酸と甘みが強くない複雑みのある2009年のアウスレーゼと合わせて食べたらとても幸せな気持ちになりました。ヨーグルトは普通のものでもとても贅沢をしたという気持ちになれました。


IMG_9789.JPG

朝から6時間以上ずっと畑にいたというマルティン、お腹がかなり減っていたようであっという間に平らげていました。フライが残っていたので食べる?と聞いたらじゃがいもをいっぱい食べればそれでよいという答えでした。20年前はどんぶりいっぱいのじゃがいもを一人で食べていたそうです。


IMG_9793.JPG

そういったことをはさみつつの2時間強の試飲、今回も畑の個性やヴィンテージによる違いの話をしながらあっという間に時間がすぎていきました。
2015年産はまだ販売を開始していないものも含めてたくさん試飲しました。この年は他の醸造所では骨格の太めのワインが多いのですが、ミュレンのトロッケンはアルコール度数が低くスラッとしているワインが多いのが印象的でした。ヴィンテージを決めつけるのではなく醸造所ごとで特性を把握するのが大事だとあらためて思いました。
2014年産で昨年試飲して気に入っていたものも今回よいと思いました。それらは2015年産と合わせて輸入予定です。11月から販売開始予定です。これだけ種類が入るとおいしいと思うのがたくさんあるのですが、価格も含めて日本で販売しやすいというものを選んでいます。貴腐のぶどうも混ざっているファインヘルプもとてもよかったのですが、5000円を超えた額での販売となると難しかったりするのです。

次の予定があったので別れを惜しみつつ、彼の家族の幸せを願いながら醸造所を後にしました。彼と一緒に飲んでいると何十回も一緒に飲んでいるかのようにホッとできるし楽しいです。でもその中でもしっかりとワインの話もしてるのも我ながらすごいと思います。
あまり口にはしませんが色々と大変だと思うのですが、実直にやっている彼のような人が報われてほしい、そのためには僕も彼のワインをちゃんと売らなければいけないと強く思ったのでした。


IMG_0620.jpg

別の日に再び車でモーゼルを訪れることになったのですが、車を止めてミュレンの所有するバラディースの畑を撮影しました。ヒューナーベルク同様、ミュレンにとって重要な畑です。ヒューナベルクは複雑みが出て、こちらの畑はより果実味が前に出てきます。次回はマルティンと一緒にこの畑を訪れたいと思っています。


ドイツワインショップ ヴァインベルク
http://weinbergwine.com


posted by ヴァインベルク at 12:55| 醸造所紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする