2019年01月03日

ヴァインベルクについての疑問、質問に答えます どういうワインを選んでいるのか?その1価格帯、辛口甘口のカテゴリー、ヴィンテージについて

2019年、本年もよろしくお願いいたします。

最初の投稿は昨年の続きで、ヴァインベルクではどういうワインを選んでいるのか、ということについてです。
自分がいいと思った醸造所から、自分の好みだけでなく価格帯や味わいなどで日本のみなさまに受け入れられてもらえるのか、ということなどを考量しながら輸入するワインを選んでいる、ということを書いていきました。
ではそうやって選んだワインはどういうワインなのか、ということについて書いていきます。

前に書いたように輸送コストの関係でヴァインベルクでは2000円前後で販売できるワインではドイツワインの魅力を知っていただくには少し物足りないワインになってしまうので、果実味や深みがある中程度の等級、もしくは下のクラスでもレベルが高い醸造所のワインを選んで輸入しています。そういったことから価格帯としては希望小売価格が3000円から4000円となるワインが大半を占めています。日常的にワインをお飲みになる方、気軽に飲んでいただけるような価格帯のワインのリストになっている飲食店にとっては、少し手の出しづらい価格帯となってしまっていますが、この価格としては満足、安いと思えるクオリティと言ってくださる方がたくさんいらっしゃり、自分でもそう思ってもらえるようなワインを選んでいます。

5000円から7000円のワインも気がつけば常時10種類以上あるようになりましたが、そういったワインは特にヴァインベルク店主が悩んで自信を持って進められるワインのみを選んでいますので、ヴァインベルクの系統の味筋のワインがお好きな方にはぜひ飲んでいただきたいです。この価格帯は特にコストパフォーマンスに優れているというワインを取り揃えています。グローセスゲヴェックス(VDPの辛口の最上級格付け)のタイプのワインも少し打つ増やしていきますのでお楽しみください。
ドイツの赤ワインは温暖化によりぶどうが熟しやすくなったことに加えて造り手の技術も向上しているので、特にこの数年でかなり進化しています。5000円から15000円となるドイツの赤ワインはのはびっくりするよようなクオリティのワインがたくさんあります。そういったワインもたくさん紹介していきたいのですが、まだこの価格帯のドイツの赤ワインの認知度が日本では低いので、もう少し良さを皆さんが感じてきていただいたタイミングでよりがんばっていこうかなと考えています。とはいえヴァインベルクで輸入しているラインガウのアスマンズハウゼン、アールの共にシーファー土壌のピノ・ノワール(アールはマイショスのヨステンウントクライン)、ヴュルテンベルクのクナウスの畑名ワインのレンベルガー、シュペートブルグンダーはかなり好評ですので自信を持って選んでいきたいです。
ドイツの赤ワイン、特にピノ・ノワール(シュペートブルグンダー)の醸造所でのトップの等級のワインはブルゴーニュに近いタイプのワインが多いですが、ヴァインベルクとしてはドイツならではといえる果実味が豊かでなおかつ深みのある5000円以上の赤ワインを紹介していきたいと考えています。

ヴァインベルクでは赤も含めて、トロッケン(辛口)のワインが多数を占めています。日本ではまだドイツワインは甘いだけというイメージを持っている方が多いので、ドイツワインにも辛口ワインでおいしいのがある、というのを知ってもらいたいという気持ちでトロッケンを入れている、ということもありますが、何年か続けていると、飲食店では辛口系のほうが甘口よりも需要があるということがわかってきたので、種類としても輸入量としてもヴァインベルクはトロッケンが多めになっています。
ただ、辛い、甘いだけでは分類できない魅力があるのがドイツワインで、トロッケンであっても熟したぶどうに果実味、深み、甘みのあるワインがドイツワインにはあり、そういったワインにはドイツならではの魅力がありヴァインベルクでも多く入れていますし、中辛口中甘口となるファインヘルプ(ハルプトロッケンと同じか少し多めの残糖)も日本での食事に合わせやすいし日本の方々に親しみやすいです。辛口、甘口という区分ではわからない良さを伝えていくことがヴァインベルクの使命でもあると思っています。特にファインヘルプはもっと広まるべきだと思っていますのでこれからもプッシュしていきます。

甘口も種類は少ないながらも輸入しています。ラインナップを広げられないので、その分厳選して素晴らしいワインを選んでいます。甘口といっても甘さがあるという程度のQBA、カビネットから甘みの強いアウスレーゼまで色々な味わいのものがあるのがドイツワインです。そういった残糖の違いや酸や果実味の感じ方の違いによってなるべくタイプがかぶらないようなものを取りそろえるように考えています。
貴腐ワインやアイスワインも輸入できればと考えていますが、モーゼルなどの家族経営の醸造所のワインではアウスレーゼからそれ以上の等級のワインになると倍以上の価格になってしまうため、価格と質のバランスで輸入を躊躇してしまっています。それでも今後そういったそのクラスでしか体験できないような喜びのあるワインも輸入できればとは考えています。

ドイツでは前にも書いたことがあるように(その時の記事はこちら)、出来上がり瓶詰めしたらわいりと早い時期から販売をしている醸造所が大半です。白ワインは収穫の翌年の春ごろから販売が開始されます。上質なものも大半が9月には販売が開始されます。そしてそれぞれのワインの生産量が多くないため、販売した年には大半のワインは売り切れてしまいます。現地で試飲するのもそういった新しいワインなので、輸入するワインは大半が若いワインとなります。とはいえ若くても魅力がありおいしく感じることができるワインをヴァインベルクでは選んでいます。とはいえ早く飲まないとおいしくない、ではなく熟成させてもおいしいワインをヴァインベルクが取引している醸造所は造っていますので、おうちなどでよい環境で少し寝かせておくとまた違う魅力を感じていただけることもできます。
ファルケンシュタインなどは生産量がすくないため争奪戦となるほどでその年に全てのワインが売り切れるので最新ヴィンテージしか輸入できないのですが、造り手によっては意図的に少し時間が経ってから販売しているワインもあり、そういったワインだからこその良さのあるワインも選ぶようにしてます。特にモーゼルのマルティン・ミュレンにはそういうリースリングのワインがたくさんあり、現在ヴァインベルクでは2009のトロッケン、2007の甘口シュペートレーゼ、1993のアウスレーゼを販売しています。


今回は価格帯、味わいのカテゴリー、ヴィンテージのことを書いていきました。
次回はどういったタイプの味わいを選んでいるのか、栽培や醸造方法について、などのことを書いていきます。


IMG_2587.JPG

画像は12月の試飲会で提供したワインです。
ゼクトから甘口まで、価格帯も2,800円から5,000円までのものを幅広くそろえました。赤も数種類あります。



送料無料の上限を13,000円に下げたキャンペーンは1月11日まで継続中です。

ドイツワインショップ ヴァインベルク
http://weinbergwine.com
posted by ヴァインベルク at 16:31| ヴァインベルクについて | 更新情報をチェックする