2019年01月05日

ヴァインベルクについての疑問、質問に答えます どういうワインを選んでいるのか?その2 味わいに一貫性はあるのか、食事との相性は

前回の続きです。スペースや金銭的な事情により、どれも素晴らしいワインの中から一回のひとつの醸造所からの輸入は3アイテムから6アイテムにしぼらなくてはいけないのですが、それらをどういった基準で選んでいるのか、ということについて書いていきました。
今回は、どういうタイプのワインが選ばれているのか、ということについて書いていきます。

ヴァインベルクが輸入するワインを飲んだみなさんから、違う造り手のワインでも共通するニュアンスがある、と言われることがよくあります。
一言で表すと、やさしい、やわらかい飲み口だけれど、内側に凝縮感のある、というようなワインかと思います。
そういったワインを造っている醸造所が好きですし、そういうワインを造っている人たちとは気が合うので、取引につながっています。そして、これまでに書いていったとおり、自分の好みだけでなく、色々な要因の中から輸入するワインを選んでいるわけですが、それでも一貫した共通するニュアンスがあるようです。その部分はあまり意識はしていないのですが結果としてそうなっています。

数年前のことになりますが、とあるモーゼルの造り手から、一口飲んで良さがわかるけれどたくさんの量を飲めないワインがたくさんある、私はスイスイ飲めて気がついたらボトルが空になっているようなワインを造っていきたい、という話をされました。まさに自分が選びみなさまにお伝えしたいワインはそういうワインなのです。しみじみおいしいワインが自分の好みですし、ワインを飲むという空間においてはこういうワインであることが大切なことだと考えています。
そうであることを意識しなくても選ばれているワインはそういったワインになっているのですが、こういったワインは試飲会などで一瞬で判断されるには向いていません。たくさんの中からおっと思うにはインパクトが大事です。なので一口ずつの試飲では埋もれていってしまう可能性が高いです。それでもみなさんにお伝えしたいと思うワインを選んでいきたいですし、間違いなくそれぞれに個性のあるワインなので、その良さを感じていただける、と考えています。
やさしい、やわらかい、といっても軽いだけではない、というのがヴァインベルクのワインの特徴でもあると思います。どれも味わい、ではなく、それぞれに個性がある、というのもヴァインベルクのワインの特徴です。
びしっとした酸(味わいとしてすっぱいわけでなく)や熟したぶどうによる果実味、土壌由来のキャラクターなどがあるワインなので、骨格、存在感のあるワインだと思います。丁寧に造っているこその証明がワインのそういったところに表れていると思います。

また、ヴァインベルクのワインは食事との相性ということも重要とです。ワインだけ飲んだ時においしいと感じてほしいですしそうであるワインを選らんでいますが、ヴァインベルクのワインは食べ物とともに楽しんでいただき本領を発揮するワインも多いです。ワインの良さをより感じられ、料理もよりおいしく感じられるようになります。よく言われているマリアージュ、と言われる合わせ方だけでなく、やさしい、やわらかいワインなので、料理に寄り添う形で合わせることもできるのがヴァインベルクの特徴です。強くないワインなので食事を邪魔しない、でも軽いだけでなく食べ物としっかりからむ、とういうよりになり幸せな時間を演出することができます。そしてどんどんワインを飲んでいききがついたらボトルが空になっている、というのはひとつの理想な形です。

魚には白、肉には赤、という考え方にこだわらずに楽しめるのもヴァインベルクのワインの特徴かと思います。味付けが強くない肉料理でしたら白ワインのほうが良い場合がたくさんありますし、トロリンガー、レンベルガーといった軽めだけれどコクのある赤ワインはオールマイティに合わせることができます。野菜に合わせて良さを感じられるワインが多いのがヴァインベルクの特徴です。ひとつの料理、素材だけでなく、いくつかの料理や素材と合わせても楽しめますので、お店で一本だけ頼んで食事の初めから最後までという時やご自宅での食事やパーティなどで複数の料理がある時にも料理を選ばずに楽しめるワインがたくさんあります。そういった時には、ジルヴァーナーファインヘルプのリースリング、赤だとトロリンガーレンベルガーなどが特におすすめです。これらのワインは白いご飯のある食事でも違和感がなく楽しめるのも特徴です。

和食というだけでなく、日本人の食卓の料理も含む、出汁、うまみのある料理とヴァインベルクの深みとコクのあるドイツワインの相性がとてもよいのです。それがどういうことなのか、というのは言葉で説明するのはなかなか難しいので、ぜひヴァインベルクのワイン会にいらしていただければと思います。和食などいろいろなテーマでワイン会をやっていて、その時々でワインも変えています。2019年も色々な会を考えています。勉強会ではなくアットホームな雰囲気の会でお一人での参加でもお楽しみいただけます。お気軽な気持ちでいらしていただきたいです。1月2月の会の予定はこちらに書いています。


IMG_9433.JPG

春のワイン会のオダンデーズソースのシュパーゲル(白アスパラ)には定番の合わせ方ではなく樽のきいているグラウブルグンダー(ピノ・グリ)を合わせました。現地で試飲しながらの食事の時に相性がよく驚いたので再現しました(当時はまだ未輸入でサンプルとして日本に持って帰ってきたワインですが現在は輸入して販売中です)。
こういった色々な合わせ方のチャレンジもして参加されたみなさまに良さを体感してもらっています。


IMG_2308.JPG

まぐろと赤ワインをあわせてみました。新入荷の赤で試してみたのですが、前のヴィンテージではトロリンガーがとてもよかったのですが、この時は新しいヴィンテージのトロリンガーよりは片麻岩土壌のシュペートブルグンダー(ピノ・ノワール)のほうが相性が良かったです。
築地場外の酒屋の酒美土場では店頭にてクナウスのレンベルガーとまぐろの刺身をお楽しみいただけます。


ワインに対しての理想があるからこそ、意識をしないでも選ぶワインに一貫性がある、ということについて書いていきました。
そうやって選んだワインは、多くのインポーターが輸入しているドイツワインの中でも他にはないタイプ、というワインも多いです。自分の中ではドイツワインの王道と考えているようなワインでも日本にはそういったタイプがほとんど入っていない、ということも少なくありません。
ドイツでたくさんのワインに出会っているからこその、その中で日本のみなさまに飲んでいただきたいという考えでの結果ですが、それがヴァインベルクならではのワイン、ということにもなっています。
ヴァインベルク店主のセンスで選ばれたワインが好きな方にも、今のドイツワインを知りたい方にも、ヴァインベルクのワインはおすすめできる自信があります。

このシリーズはもう少し続けます。次回は、栽培や醸造方法についてヴァインベルクとしてはどういった考えを持っているのか、ということについて書いていきます。



送料無料の上限を13,000円に下げたキャンペーンは1月11日まで継続中です。

ドイツワインショップ ヴァインベルク
http://weinbergwine.com


posted by ヴァインベルク at 23:10| ヴァインベルクについて | 更新情報をチェックする