2015年03月22日

お花見、外飲み、昼飲みに楽しめるワインを紹介します

お花見など野外で飲むのにも適した季節になってきましたので、外で、もしくは昼に飲むのにおすすめのワインを紹介します。
そういうシチュエーションでおいしく、楽しめて飲めるワインのポイントはわかりやすさと気軽さだと考えます。
世の中には良いワインはたくさんありますが、料理との相性が重要、グラスを選ばないと良さがわからない、というようなワインはしかるべきところで飲まないと本領が発揮できません。質の高いワインだからといってどこでもおいしく飲めるとは限らないのです。飲んでパッといいと思えるもののほうが野外で飲む時にはよいと思います。
そういったことをふまえてヴァインベルクで輸入しているワインでのおすすめを紹介します。


写真 (105).JPG


辛口のリースリングのおすすめはこちらです。ヴァインベルクが現在取り扱っている他のリースリング・トロッケンのような深い果実味はありませんが、場所やシチュエーションは関係なく同じように楽しむことができます。食事との相性もあまり気になりません。気軽に飲めるという説明をしていますが、液質が軽いわけではなくグーツワインとしてはしっかりとした味わいです。
スクリューキャップなので野外や昼などにすぐに飲みたい時にも向いています。


場所を選ばず理屈はいらずにおいしく感じられるワインです。
やや甘口としていますが、ドイツワインを飲み慣れている人には甘すぎず食事とも合わせられ、辛口ワインをふだん飲まれている人には食事はいらずにワインのみで甘口ワインとして楽しむこともできます。


現在ヴァインベルクでは2種類の赤ワインを扱っていますが、外飲みにはこちらをおすすめします。
濃いめですがタンニンが強いわけではないのでわかいやすく万人受けする赤ワインだと思います。
飲む温度もあまり気にすることはないので外飲みにも向いています。


甘口の中で万人受けするのはこちらです。ドイツワインファン以外にも気に入ってもらえると思います。
濃い甘みですが酸味もあるので重たくは感じません。


ロゼのゼクトもあるのですが現在在庫が僅少となっています。甘みがほとんどなくて食事に合わせやすいです。


外で飲む場合には持ち出すまでは冷蔵庫に入れておくことをおすすめします。できれば現地で氷水などで少し冷やせるとよいのですが、4月くらいまでの気温ならば一度冷やした状態からならば上記のワインはおいしく飲むことができます。
また、昼間に軽く少しだけ飲みたいという方は、これらのワインは2、3日はおいしく飲めますので無理に開けた時に飲み切らなくても問題ありません。ただし抜栓後に保管する時は冷蔵庫でお願いします。


4月5日日曜にはお花見ワイン会を企画しています。
代々木公園 12時原宿門付近集合
会費 2,500円

ヴァインベルクのワインを用意します。食事は各自持ち込みでお願いします。
新宿リースリングと共同開催となりましたので簡単なおつまみも用意します。
詳細はフェースブックのイベントページに記載しています。フェースブックをやられている方は参加申し込みはこちらでお願いします。申し込み、問い合わせはヴァインベルクか宮城のメールでも承っています。



ドイツワインショップ ヴァインベルク
http://weinbergwine.com/

posted by ヴァインベルク at 19:00| 商品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする