2015年05月04日

ドイツワインまつりの様子とワインの感想

4月の最後の週末の土日には国連大学前の広場にて毎週末開催されている青山ファーマーズマーケットにて「ドイツワインまつり」が開催されてました。ドイツワインを扱うインポーター、酒屋、ドイツ関係の飲食店がマーケットの一部にまとまってそれぞれがブースを出しました。このイベントにヴァインベルクも出店させていただきました。
初めて開催するイベントだったので出店者も主催者も不安がありましたが、おかげさまでたくさんの方に来ていただきました。


写真 (118).JPG


写真 (117).JPG


ドイツワイン目当ての方だけでなく、ファーマーズマーケットにいらした方も立ち寄ってくださり、どのブースも常に人がいる状態で盛り上がっていました。
ヴァインベルクとしての一出店者としてだけでなく、ドイツを愛しその魅力を伝えているものとして、ビールなしでドイツワインだけでこれだけの人がいらして楽しんくださっていたことはとても嬉しく思いました。


ヴァインベルクとしては9種類のボトルを用意し、うち5種類は常にその場で飲めるグラス売り、それ以外の中からも1本ずつ代わる代わるグラス売りをしました。


写真 (116).JPG


ヴァインベルクのブースに立ち寄っていただきワインを飲んでくださったワインの感想などを少し書いていきます。

暖かい気候だったのでゼクト(スパークリングワイン)は出すべきだと思ったのですがスタンダートの2種類は完売もしくは在庫僅少だったので思い切ってボトル売価は5000円を超えるレゼルヴのゼクトをグラス売りしました。700円という手ごろな価格だったこともありたくさんの方に飲んでいただきました。
熟成感と木樽の風味のあるあまりふれる機会のないスパークリングワインをみなさん喜んでいただけました。

気軽に飲める辛口としてたくさんの方に飲んでいただきました。ソーセージにも合いしましたし、こういった昼、屋外のイベントに最適なワインです。

おすすめは何ですか?と訊かれた時に、辛口でなければという人以外にはこのファインヘルプを薦めていました。
言葉で説明するより騙されたと思って飲んでみてくださいと言い頼んでいただき、飲まれるとみなさんおいしいと笑顔で答えてくださいました。
わかりやすくなおかつ深みがあるので、うんちくとか必要ない多くの方に飲んでいただきたいおすすめのワインです。
甘みを感じますが、酸味などほ他の要素もあるので甘ったるくはないので、多くの方の印象のドイツの甘口ワインとはかけ離れていて衝撃と魅力を感じていただける自信があります。

ドイツにしては少し濃い目の赤ワインも好評でした。やわらかさもあるので飲みやすいという方もいらっしゃいました。
すいすい飲めるけどコクもあるので、おかわりしてくださった方も何人もいらっしゃいました。
自分も試飲して今がかなり飲みごろだと思いました。

気まぐれワインとして両日ともグラスワインとして提供した中で一番反応があり評判がよかったです。800円と今回のグラスワインの中では一番高い設定でしたがその質に満足していただけたようです。
気まぐれワインは4種類やりましたが、飲んだ方で気にいってボトルを購入してくださったのはこのワインが一番多かったです。
嫌なところが見つからない本当によくできたきれいなリースリング辛口です。


他の店舗にもドイツワインがたくさんある中で自分のところだけお客さんが来なかったらどうしようと不安に思っていましたが、おかがさまでヴァインベルクにも多くの方が立ち寄ってくださりグラスワインを飲んでいただき感謝の気持ちでいっぱいです。
そして、いくつかのブースの中で飲んだ中でここのワインが一番おいしいと何人の方にも言ってくださったことが本当にうれしかったです。

いくら言葉で魅力的なことを書いても伝えられないことはあるので、こうやって実際に飲んでくださり魅力を体感していただける機会があることはとても大切です。そして、少しかもしれませんが確実にドイツワイン、ヴァインベルクのワインのファンを増やすことができました。


こういったイベントは積極的に出店したいです。ワイン会でもヴァインベルクのワインをお飲みいただけることができます。
そういった機会に多くの方にヴァインベルクのワインと店主のドイツワインの情熱を感じてていただけたら、と思っています。


ドイツワインショップ ヴァインベルク
http://weinbergwine.com



posted by ヴァインベルク at 22:47| 商品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする