2016年04月21日

シュパーゲル(白アスパラ)づくしの食事会の様子

毎回好評で今年で3年目となる永田町のドイツ料理中心のレストラン、ビッテでのシュパーゲル(白アスパラ)づくしの食事会の今年1回目を開催しました。
白アスパラはヨーロッパの春の風物詩でほとんどのレストランでこの季節に食べることができるのですが、日本でもここ数年で白アスパラのメニューを多く見かけるようになりました。
しかし日本とヨーロッパ産では太さや味わいが異なるので、値段が高くなってもヨーロッパ産にこだわっているビッテのシュパーゲル料理は人気があり、僕も毎年楽しみにしています。
ドイツ産は国内の高級レストランで買い占められてしまうためほとんど輸出されないので、現在はオランダ産のシュパーゲルを使用しているそうです。


IMG_8800.JPG

ワインは6種類です。


人数が想定より少なかったので5本で足りるかと思ったのですが、みなさんの飲まれるペースが速かったので予備としていた4番のワインも提供することにしました。
順番に料理のことを書きながらワインとの相性のことも書いていきます。


IMG_8784.JPG

一皿目の前菜は冷製のシュパーゲル、野菜のテリーヌとサーモンです。ソースはフォアグラとヨーグルトです。
みなさんこの一皿だけで歓喜の声をあげていました。
この料理には1と2を合わせましたが、ザールの酸味と甘みのある1はフレッシュな野菜という要素でよく合っていて、2の少しまったりした味わいはソースをつけた時やサーモンと一緒に食べたときに合わせる時によかったです。
ドイツワインでは野菜に合うワインを容易に見つけることができます。


IMG_8785.JPG

2品目はシュパーゲルのスープです。中に固形のものも入っています。
味が濃すぎずうまみ中心のこのスープは、2と3のジルヴァーナーのワインと相性ばっちりです。
この2種類は両方ともフランケンのジルヴァーナーなのですが、畑の土壌が異なり、そのことにより味わいのキャラクターが異なる、ということを実感していただけました。


IMG_8787.JPG

メインはスペイン産の丸鶏のグリルとシュパーゲルのボイルです。
ソースは、シュパーゲルのボイルの定番であるオランデーズソースとこの料理のために特別に作っている黒トリュフ入りのソースの2種類を用意していただきました。黒トリュフのソースは皿によそおうと近づけたらトリュフのとても良い香りがしました。あっさりしているけどコクもある鶏肉とシュパーゲルの組み合わせは幸せになれる味わいでした。どちらのソースでも楽しめました。
さっぱりと食べたい時は少し酸味もある3のジルヴァーナー、黒トリュフのソースと合わせたりどっしりとした味わいで楽しみたいのなら5のグラウヴァイセ、そして6のシュペートブルグンダーの薄めだけれどコクのある味わいが鶏肉にとてもよく合っていて、どのワインと合わせても楽しめました。
この料理はドイツのシュペートブルグンダー(ピノ・ノワール)を合わせるときによい見本になる構成でした。


IMG_8795.JPG

デザートはチョコレートケーキとストロベリーのアイスです。メインの後のこのデザートはさっぱりと食べることができおいしくペロッとたいらげてしまいました。
ワインの締めはアウスレーゼにします。甘みも強いけれど酸も味覚として感じるくらいあるので、コース料理を食べた後にちょうどよい濃さです。


品数もワインも少なめに見えるかもしれませんが、とても濃密な食事となりみなさん笑顔で満足していられました。
ヨーロッパでは大半の飲食店ではボイルかスープしか食べられないのですが、現地でも気軽には食べられることができない特別な料理で、素晴らしいシュパーゲル料理を堪能できた会となりました。
それと、ヨーロッパ産のシュパーゲルにこだわる理由のわかる料理でした。日本産だからこそ合う料理もあるのですがこういった料理はやはりヨーロッパ産でなおかつ太いものがいい、ということを納得できました。

ヴァインベルクのワインは勉強会ではないので、参加者のみなさんで会話しながら楽しい食事にしていただきいと考えているのですが、初めてヴァインベルクの会に参加された方にも楽しかったと言っていただけました。
今回は7名の参加者で、最初は話をする方が少なくていつもより静かな出だしだったので、楽しい会にできるかと少し不安だったのですが、途中からみなさんワインの感想やドイツの話などをしていてそんな不安はいらない雰囲気となりました。店主からもぶどう品種や地域、土壌の話など色々な話もすることができました。


ビッテでのシュパーゲルの会は今年はもう一度開催します。
5月21日18時から、会費は9,000円です。
興味のある方はzでぃご参加ください。
facebookをやられている方は下記リンクのイベントページから、その他の方はメールかネットショップの問い合わせページから申し込んでください。
料理はほぼ同じ内容を、ワインはジルヴァーナーとシュペートブルグンダーは同じものをと考えていますが、参加人数や状況により変更となる場合があることはご了承ください。


最後に。今大変な想いをしていらっしゃる方がいて、食べたものも食べられない状況だと思いますが、自分たちが抑えても何も変わらないので、ふつうの生活ができることに感謝しながら通常通りの活動を続けていきます。


ドイツワインショップ ヴァインベルク
http://weinbergwine.com



posted by ヴァインベルク at 12:19| ワイン会報告 | 更新情報をチェックする