2016年12月14日

ファルツのシュピンドラーの醸造所とワインの紹介

10月、11月と船便でたくさんワインが入荷しましたが、その中で初めて入荷した醸造所がシュピンドラーHeinrich Spindlerです。
今年の6月にこの醸造所を訪問した時のことはブログで書きましたが、今回は2015年の11月に最初にシュピンドラーを訪ねた時のことと、入荷したワインの紹介を書いていきます。

2015年の秋にドイツを訪れる前に、ファルツでどこか取引したいと考えていて、一度試飲会で見かけたこともあ所有する畑や価格帯ふが魅力的だと思いこの醸造所を訪問したいと思いアポイントをとり、快く向かいれてくださいました。
駅としては一番醸造所から近い、ダイデスハイムDeidesheimの駅で待ち合わせをして当主のマルクス・シュピンドラーと落ち合って車で畑を見て回りました。
メールの段階で、フォルストの畑には興味があるので醸造所に行く前に畑を見たいとリクエストしていたので、説明を聞きながらじっくりとまわっていただけました。


IMG_6593.jpg

収穫後なので茶色い景色ですが、それでもこういった壮大な景色は癒されます。
ファルツは良質な畑でも平地なことが多く、広く見渡せます。


IMG_6595.jpg

シュピンドラーの所有する区画です。シュピンドラーはEUの基準を満たしたビオ栽培をしています。地面の草や花からもそのことはおわかりいただけるかと思います。


IMG_6587.jpg

フォルストのまわりの畑は砂岩の土壌が多いのですが、フォルストは石灰や玄武岩のエリアがありワインにもそれぞれの個性が表れているのが面白いのです。
VDPの醸造所からはGGも造られている一級畑ウンゲホイヤーUngeheurは、その中でもいくつかの土壌にわかれていて、シュピンドラーの上級なワインを造っている区画のエリアは石灰の岩礁の地質という説明がありました。


樹齢35年のぶどうから造られた2015産のGGクラスのリースリング・トロッケンはボリューム感と深みが素晴らしく、なおかつ砂岩やシーファーとは異なる味わいのワインになっています。
ウンゲホイヤー・リースリング・トロッケン

この畑からのアウスレーゼも力強さのある甘さでなおかつ落ち着ける懐のある甘口で素晴らしいです。
1ケース12本のみの入荷です。
アウスレーゼ・ウンゲホイヤー・リースリング


IMG_6615.jpg

キルヒェンシュトゥックやイェズスガルテンなどの著名な畑もまわり説明を受けた後に醸造所に向かい、まずは地下のケラーへ。
この醸造所はステンレスタンクか2000リットルを超える大樽の木樽での醸造、発酵です。上のクラスのリースリングや赤ワインは木樽を使用しています。


IMG_6611.jpg

2015年産のぶどうを収穫して1か月ちょっと経っているという時期に訪れたので、樽試飲ができました。辛口は発酵が終わっている段階でした。
一通り飲ませてもらいましたが、その中でよいと思った、キルヒェンシュトゥックのリースリング・トロッケン、ソーヴィニヨンブラン、ウンゲホイヤーのアウスレーゼが今年の夏に訪れた時にも良いと思い入荷することとなりました。

その中でもキルヒェンシュトゥックは特に素晴らしかったのです。
6月の時にぜひ購入したいと言ったら数がもう少ないと言われたのですが、頼み込んで24本わけてもらいました。
日本に輸入してからも何人かの方に飲んでもらっていますがとても評判がよいです。今飲んでもおいしいですし熟成もできるポテンシャㇽのあるワインです。
キルヒェンシュトゥック リースリング トロッケン


IMG_6622.jpg

その後は瓶詰めされている2014年産のワインを中心に試飲しました。いいなあと思ったものがいくつかあったのですが、このシーズンに輸入することができなかったので、6月に訪れた時の2015年産中心の、在庫があり試飲したワインから入荷するワインは選んでいます。

2014年産も2015年産も安定してよいと思ったのが、2種類あるグーツワインのリースリングのうちのひとつ、フィロソフィーです。ファルツらしさとこの醸造所の良い部分であるやさし、やわらかさが表れているワインなので気に入りました。
入荷してからすでに複数の飲食店で気に入られていて提供していただいています。
フィロソフィー・リースリング・トロッケン


IMG_6630.jpg

併設してレストランがあるのでそちらで昼食を。この時は羊を焼いたものにごまをまぶしたものでした。
伝統料理が中心で、すごくこっているわけではないのですが、とても上質な料理を食べることができおすすめのレストランです。


入荷しているワインの中でまだ紹介していないのがソーヴィニヨンブランです。試飲して直感でおいしいと思ったのですが、輸入してから飲んでもやはり素晴らしいと思い、多くの方に絶賛されています。
クリーンなのと熟す中間の気を使って収穫し、工程の中で酸化しないように気をつけながら造られたこのワインは、産地やテロワールということを考えなくてもおいしいと思えるソーヴィニヨンブランになっています。
ソーヴィニヨンブラン・トロッケン


新しい醸造所と取引を決める時に、またその醸造所のワインを扱っていて、しみじみいいところと出会ったなと思っているのですが、このシュピンドラーもそういう醸造所のひとつとなりました。
ヴァインベルクの提案するファルツのワインをぜひお楽しみください。

シュピンドラーのワイン一覧



ドイツワインショップ ヴァインベルク
http://weinbergwine.com
posted by ヴァインベルク at 21:03| 醸造所紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする