2017年01月07日

ヴュルテンベルクのクナウスを訪れた時のこと 来日についても

2月にヴュルテンベルクにある醸造所クナウスの当主アンドレアス(アンディと呼ばれています)が来日し
ます。
2016年の6月にドイツに行った時にヴュルテンベルクとクナウスの醸造所を訪れた時のことはまだブログに書いていなかったので記事にしたいと思います。この記事でよりクナウスに興味を持っていただけたらうれしいです。

フランクフルトの空港に到着しての最初の目的地がクナウスの醸造所だったのでヴュルテンベルクの首都シュトゥットガルトへドイツ鉄道(DB)の特急ICで向いました。飛行機は定刻通りに到着し列車に無事に乗りこむことができたのですが、まさかの道中で列車故障のためストップし途中の駅でローカル線に乗り変えるというハプニングがあり、クナウスの醸造所の最寄り駅での彼との待ち合わせに一時間遅れとなりました。

車で来て駅で待っていたアンディと再会し彼の所有する畑を見てまわりました。
クナウスの醸造所と畑は、有名な醸造所がたくさんあるレムス渓谷Remstahlの地域にあり、大部分はヴァインシュットWeinstadの中に畑を所有しています。Weinstad(そのままワインの街)は3つの村をまとめた名称です。
このヴァインシュタットの中に点々とある彼の所有するしている区画の畑を見て回ったのですが2時間近く経っていてびっくりしました。その間に畑の話だけでなく色々な話をすることができました。
クナウスの醸造所や畑については2015年に訪問した時の記事で詳しく説明していますのでそちらもお読みいただけるとうれしいです。


IMG_0205.jpg

ちょうどこの時に花が咲き始めていたのですが、雨が多くかったので、花が咲くこれからは晴れるよう願っていると話していあました。ビオによる栽培なのでベト病の影響を心配していたのです。
その後も雨は多かったのですが、9月、10月が好天気だったので持ち直し、良い収穫を迎えることができた、というのがドイツの標準的な2016年です。
この日も嵐のような雨が降ったかと思えば晴れたりと不思議な天気の中、畑をまわりました。


IMG_0217.jpg

前回訪れて畑をまわった時の記事でも書いていますが、画像のようにこの周辺の畑は曲線の続く丘となっているので、日当たりなどにより場所によって気候条件が大きく異なっています。標高により土壌の地質も3種類にわかれているため、その場所に適したぶどうを植えています。同じ品種でも同じ畑でも区画によって異なる格のワインに使用していたりもしています。この地域に関しては畑名での分類と格付けがナンセンスだということがおわかりいただけるかと思います。そのためクナウスでは畑での分類ではなく、G、S、Rという独自の格付けをし、異なる畑名の区画のぶどうも使用しながら良質なワインに仕上げています。


IMG_0263.jpg

話をしていて興味深かった話のひとつが斜面の向きの話です。モーゼルやラインガウの地域では南や南西向きの斜面の畑が良い畑の条件のひとつとされています。冷涼な気候の中で熟したぶどうを収穫するためには日の当たる時間の長い南向きの斜面のほうが適しているからです。しかし、クナウスの一番価格の高いRにするワインも含めてリースリングは北向きの斜面の区画に植えられているそうです。南向きがよいという概念があってびっくりしたのですが、南向きだと熟しすぎるので向いていないということを聞いて納得しました。ヴュルテンベルクはモーゼルやラインガウよりも暖かい気候なので、日が当たりすぎてしまうのでリースリングらしい繊細なワインを造ることができないので北向きの斜面のぶどうからワインを造っているのです。
南向きの斜面には赤ワイン用の品種が植えられているそうです。レンベルガーが一番多く。トロリンガーやメルローなどもあるそうです。


IMG_0292.jpg

畑まわりを終えて自宅兼醸造所に向かう前に、夕食の食材を買うために地元の大きなスーパーに寄りました。
食材の豊富さにも驚きましたが、一番びっくりしたのはワインの品揃えです。
ドイツの他の地域のスーパーやデパートのワイン売り場は色々なところで見ていて、種類が多いところはいくつもあったのですが、地元のワインをここまで多くそろえているのは他の地域にはありませんでした。
ヴュルテンベルクのトップの醸造所から地元の小さな醸造所まで本当に多くの造り手のワインがありました。ハウスワインから高めのワインまで一つの醸造所でもたくさんの種類が置いてあることにも驚きました。画像の棚は全てヴュルテンベルクのワインです。もう2棚くらいヴュルテンベルクのワインがあったような気がします。もちろんクナウスのワインも何種類も置いてありました(画像の左から3つめの棚です)。
ヴュルテンベルクはドイツのワインの生産地域の中で最も地元での消費量が多いと言われていますが、こういったことからもそのことがよくわかりました。地元で飲まれているからあまり出回っていないというのがわかる気がしました。気軽に飲める味わのハウスワインを大量に飲んでいるというイメージだったのですが、高品質なワインも同様に買われているということがわかったのも発見でした。
そういうことからヴュルテンベルクの中の消費で生計を立てられる醸造所が大半だと思うのですが。他の地域や他の国への輸出も意識した造り手が増えている、というのがここ数年の傾向かと思います。クナウスも、ドイツの各地のレストランでオンリストされていたりアメリカや北欧に輸出していたりヴュルテンベルク以外でも認められるワインを造っているのです。


IMG_0295.jpg

クナウスの自宅に着き、アンディは夕食を準備してくれました。ふだんは奥さんが料理をしているそうですが。僕が訪れる時はアンディが作っています。おそらく週末はアンディが作ることが多いのではないかと思いました。
私は自宅のとなりに作られているゲストルームに泊まりました。
飲んだり、料理をつまみながら出来上がるのを待っていました。画像にあるロゼは一月中旬に量は多くありませんが入荷します。


IMG_0298.jpg

もうすぐ時期が終わりだったシュパーゲルもぎりぎり食べることができました。メイン料理は豚肉を焼いたものです。
奥さんと双子の娘さんも一緒の楽しい夕食でした。


IMG_0307.jpg

併設している醸造所にはきれいで大きなスペースがあり、畑をまわり泊まった夜はそこで結婚式が行われていたそうです。こういうところでもクナウスのワインはたくさん飲まれているようです。
この夜は醸造所には行かないほうがということだったのでケラーでの樽試飲は翌朝に行いました。朝8時からの試飲で少しつらかったのですが、しっかりと役目は果たしました。
ケラーの中に上の自宅に上がる階段があり昨夜の宴の跡の風船を娘に持っていくところを撮ってみました。


という濃厚な時間をすごしたのですが、今度はアンディが私のところを訪れることとなりました。2月中旬に5日間日本に滞在します。いくつかイベントを計画していて前回の記事でも軽く紹介しました。
東京での2つのワイン会はfacebookのイベントページも作成しました。
facebookのアカウントをお持ちでない方は、ページはご覧いただけると思いますが参加申し込みができないので、これらのイベントに申し込みをご希望の方はメールかネットショップの問い合わせフォームからお申込みをお願いします。

クナウスと楽しむ冬和食の会 新橋ローゼンタール 2/16 19時開始
https://www.facebook.com/events/103152580191680/

クナウスを囲んでのワイン会 新宿リースリング 2/18 13時開始
https://www.facebook.com/events/263237260762877/

よろしくお願いします!



ドイツワインショップ ヴァインベルク
http://weinbergwine.com




posted by ヴァインベルク at 09:03| 醸造所紹介 | 更新情報をチェックする