2017年01月28日

モーゼルのA.J.アダム入荷しました 醸造所紹介とワイン会の感想

そちらヴァインベルクではモーゼルの醸造所A.JAdamのワインも入荷しました。
アダムのワインはラシーヌが日本に数年前から輸入していますが、よい造り手なので気になっていたので2016年の6月に醸造所を訪れました。その時に試飲して気に入った3種類をヴァインベルクの独占商品として輸入してもらうことになったのです。
訪れた時のことを書きながらアダムの紹介をし、数日前に行われたアダムのみでのワイン会のことも書きます。

モーゼル川沿いのトリッテンハイム、ピースポートの間にあるノイマーゲンから内側に入ったところにある小さな集落がドーロンDhronで、その村の中にアダムの醸造所兼自宅があります。


IMG_0491.jpg

モーゼルでたくさん見かける家族経営の小さな醸造所ですが、品質の高さを評価されている造り手です。実直な造りと畑のポテンシャルにより、安らぎも得られる昔ながらのモーゼルを感じる素晴らしいワインに仕上がっています。100年前のモーゼルワインを目指していると言っていてそれを体現しています。自然酵母による発酵です。栽培品種は100%リースリングです。


IMG_0505.jpg

ヴァインベルク店主と同い年の当主アンドレアスは、穏やかそうに見えて話すと熱い心を持っているのがわかり、その人柄がワインにも表れていることがわかりました。
この醸造所の大きな特徴が、ドーロンとピースポートに畑の区画を持っていて、それぞれの村の畑から同じ格付けのワインをリリースしているということです。村名ワインのトロッケンならドーロナー、ピースポーター、GGクラスのトロッケンならホーフベルク、ゴールトトレプヒェンというように。2つの村の畑はテロワールが異なり、ワインのキャラクターにも差が出ています。


IMG_0479.jpg

この道の先はモーゼル川につながり、その川沿いにピースポートの畑はあります。最初の画像、この画像の辺りの縦長の集落に沿っている南西向きの急斜面の畑がドーロナー・ホーフベルクDhroner Hofbergです。

辛口から甘口までそれぞれのクラスをピースポートとドーロンのワインを比較しながら試飲していきました。
ヴァインベルクとしては、奥行きがあり落ち着きのある味わいがあり、古き良きモーゼルを感じられるドーロンの村の畑をプッシュしたいと思いました。その中でもファインヘルプ(中甘口)と甘口の素晴らしさに感動しました。
ラシーヌではトロッケンを中心に輸入していて甘口系は少ないということもあり、2015年産のファインヘルプと甘口2種類をヴァインベルクの独占商品として仕入れてもらうことにしました。

ホーフベルクのオリジナルの区画の名をワイン名にしたゼンガライ・ファインヘルプはアダムのワインの魅力が詰まっていて、100年前、そして今のドイツワインを知ることもできます。

ヘースチェンのカビネットは自根の樹のぶどうも混ざっていて、軽い飲み口だけれど力強さも感じます。色々なシチュエーションで楽しめる軽やかな甘口です。

ホーフベルクのアウスレーゼは樹齢60年以上のぶどうによる、甘みと濃さのバランスが素晴らしい完璧な甘口ワインです。今飲んでもおいしく飲めます。ゴーミヨではこの2015年は95点を獲得しています。

それぞれのワインのもう少し細かい説明はリンクを貼ったそれぞれのページに掲載しています。


そして先日、アダムのワインを日ごろから提供している銀座のローゼンタールにてアダムのワインのみでのワイン会を開催しました。


IMG_2017.JPG

画像は10本ありますが、1本同じワインが混ざっていて9種類の提供でした。

①トロッケン 2014  

②ピースポーター (ファインヘルプ) 2012

③ヘースチェン カビネット  2015

④ゼンガーライ(ホーフベルク) ファインヘルプ 2015

⑤ドローナー トロッケン 2012

⑥ホーフベルク トロッケン 2012

⑦ホーフベルク カビネット 2014

⑧ホーフベルク カビネット 2012

⑨ホーフベルク アウスレーゼ 2015


料理に合わせてなのでワインの順番は、セオリー通りではありません。

このブログではワインの感想のみ書いていきます。


こうやって飲んでいくとドーロンの畑のワインは、辛口(トロッケン)であってもやわらかいと思いました。ソリッドというよりは丸みを帯びたといえます。酸があまり立っていないのです。シーファーに珪岩が混ざっている土壌ということだけでなく、渓谷にある畑の立地の気候などでそういうタイプのワインになっていると思います。

そしてトロッケンよりも少し残糖があるほうがこの畑と造り手の魅力が発揮できているのではと思いました。

アダムの場合は、少しの年の差だと熟成による変化はあまりなく、ヴィンテージの個性、特徴がより表れている、ということがよくわかりました。

20人弱の参加者の中で一番人気だったのはゼンガライ・ファインヘルプ2015でした。アダムがが気合いを入れているワインでもあるのでこの結果はうれしいです。



IMG_2014.JPG

サーブのお手伝いをしていましたが、ラベルが微妙な違いのみなので、おかわりで注ぐ場合に探すのがかなり大変でした。
辛口の枠としてリリースしているけれど、自然酵母での発酵なのでトロッケンの残糖数値まで糖度が下がらなくてトロッケンと表記できないものが混ざっているなど、消費者にはあまりやさしくないです。
でもそういった部分からもワイン造りが全てという姿勢が見えたりして、アダムが好きだという話になりました。

アダムのワインはドイツワイン、特にモーゼルワイン好きが求めている味わいです。しかし、そういった人たちでだけでなくこの魅力を知ってほしいと思いました。気難しいワインではなく親しみやすいワインなのです。

少し前の記事ですが、友人がアダムを訪問した際のことを醸造所の詳しい説明とともに紹介しているので、この造り手に興味のある方はそちらもお読みください。




ドイツワインショップ ヴァインベルク
http://weinbergwine.com




posted by ヴァインベルク at 15:31| 醸造所紹介 | 更新情報をチェックする