2017年04月09日

ドイツに行ってきました

なかなか投稿ができていませんが、3月後半のドイツ出張のことを少しずつ書いていきたいと思います。
まずは生産者の写真とともにざっとどんな旅程だったかを書いていきます。
この時期に訪れた目的はデュッセルドルフで訪れていたワインの見本市プロヴァインProweinを訪れることでした。
ドイツだけでなく全世界の生産者が集まる世界最大とも言える規模の展示会です。
といっても私は2日間と3日目は3時間滞在しましたが、ドイツだけでも飲めなかった造り手がたくさんあるといった状況でした。
プロヴァインのことはまた別に書きたいと思います。

IMG_3016.JPG

ラインガウのゾルターSekthaus Solterの営業担当のベティと。やはり最初はスパークリングワインから始めたい、ということで初日の最初にブースを訪れました。2001年などの隠し玉も飲ませてもらいました。別日には日本から来ている方に私が説明をする、なんていうこともしました。

IMG_3021.JPG

ファルツのシュピンドラーHeinrich Spindler。リストに書いてあるので15種類くらいありましたが、こちらでもそれ以外のものも飲ませてもらえました。奥さんにお会いしたのは初めてでした。


IMG_3118.JPG

プロヴァインの3日目の昼にはデュッセルドルフを発ちモーゼルへ。ザール(モーゼル)のファルケンシュタインHofgut Falkensteinへ。荷物とともにそのまま最寄り駅へ向かい、ヨハネスと合流し醸造所へ。樽試飲の後はトリアーで食事をしました。5時間くらい一緒にいて、ためになる話だけでなく色々な話をして、今回も笑顔の絶えない時間となりました。


IMG_3206.JPG

モーゼル、トラーベン・トラーバッハのマルティン・ミュレンMartin Muellen。訪れてみたいと思っていた畑に行きたいとリクエストしていたのですが車で連れていってもらい念願がかないました。畑を訪れてこそわかることはたくさんあるとあらためて思いました。醸造所に戻ってからはいつも通りの大量の数の試飲。今回もマルティンと3時間くらい一緒に飲みながらの濃厚な時間となりました。


IMG_3269.JPG

モーゼルのトリッテンハイムのベルンハルト・アイフェルBernhard Eifel。こちらもリクエストをして醸造所から離れている畑に行きたいとリクエストしてそこからスタートし醸造所で試飲し、その後は一緒に昼食もとりました。ここでも今回初めて聞くようなことがいくつもあり、行ってよかったと思えました。
この日はモーゼル3日目でしたが、夕方に列車で知人のいるヴィースバーデンへ向かいました。

IMG_3406.JPG

その翌日はヴィースバーデンからの日帰りでフランケンへ。その大きな目的はビッケルシュトゥンプBickel Stumpfを訪れることでした。販売所はヴュルツブルクから南のフリッケンハウゼンにあるのですが、畑が見たいのと樽試飲もしたかったのでケラーと畑のあるテュンガースハイムに向かいました。家族総出で出迎えてくださり、とても良い経験ができました。ここの畑でも行ったからこそわかることがたくさんありました。

最終日はラインガウに少し寄ったのですが、取引先という部分ではこういっところです。
個々については今後もう少し深く書いていきます。


ドイツワインショップ ヴァインベルク
http://weinbergwine.com


posted by ヴァインベルク at 23:55| ドイツでの様子 | 更新情報をチェックする