2017年04月10日

プロヴァインProWeinのこと

今回はデュッセルドルフで3日間開催されていたプロヴァインProWeinについて書きます。
会場は業者用の展示会なので基本写真禁止となっていますので(個々の造り手で撮ったものは了承を得ているので大丈夫です)、レポートのためにしっかりと写真は撮っていなくて、雰囲気がわかりそうなのを数枚だけ撮ったもので軽く説明をしたいと思います。

IMG_3013.JPG

プロヴァイン(プロワイン)はドイツで行われてはいますが、世界中の生産者が出展しています。今年は60か国から6500社が出展しているそうで桁が大きすぎて想像しづらい数です。日本ではこのイベントはまだあまり知られていませんが、世界のワイン業界の情報を得られるとても重要なイベントとしてヨーロッパ全土や世界中から参加者が訪れています。日曜日から開催しているのは遠くの方でも日曜が仕事の休みの方が来やすいようにです。
業界関係者のみの参加なのですがチェックもちゃんとしているので(ウェヴで登録の際に細かい情報と名刺をスキャンして送らなければいけません)、そういったところからなどからも信頼されていて展示会になっているようです。


IMG_3079.JPG

このホールは大半がカリフォルニアで、こういったホールが10以上あります。業界の方にはフーデックスの規模で、それが全てワインで、幕張メッセよりも広い、というとなんとなく想像できるかと思います。ドイツ、イタリア、フランスなどは一国で2ホールを使用しています。ワインだけでなく他のお酒の出展もありそれだけで1ホール、ウイスキーだけでも広いことに驚きました。もちろん日本からも日本酒は出展されています。


IMG_3023.JPG

生産者はグループを組んでいて、その中にブースを出しているというような形です。
ドイツの場合、産地ごとのグループが一番規模が多く、それ以外にも若手の生産者のグループなど5から10醸造所でのグループになっているところも多くありました。モーゼルやラインヘッセンは面積も出展している生産者も他より多いという印象でした。VDPでもグループを作っていてその一角でも50くらいの醸造所が参加していたのではと思います。
ゾルターはドイツで高品質なスパークリングワインを作っている生産者でグループとを形成していました。
国を隔てずグループになっているところもありました。ビオの認証の団体のグループ(Ecovin,Demeterなど)もあり、そういうタイプのワインを探している人はそのいくつかグループをまわるだけでも大きな成果は得られるような形になっていました。


IMG_3056.JPG

これは終わりの時間にとったので人が少なめです。仕切りの壁の色が違いますが、それによりグループ分けされているのがわかるかと思います。


IMG_3032.JPG

取り扱っているラインガウのビショッフリッヒェス・リューデスハイムです。今年からラベルが変わっています。
この写真に写っているものが全て試飲できるのです。
ドイツの生産者はそれぞれがだいたいこのくらいの種類は持ってきていました。最低でも10種類くらいでしょうか。色々なタイプの人を逃さないために多くのヴァリエーションを用意する、というのがドイツの考え方なんだろうなあと感じました。
各地に複数の畑を所有するモーゼルの有名な生産者はリースリングが白辛口から激甘口まで、ピノ・ブランやピノ・ノワールでも数種類ずつあり30種類以上試飲ができるようになっていました。

ひとつひとつのブースは狭いのにそれぞれがこれだけ持っているので片っ端から飲んでいったらきりがありません。
事前に行きたい生産者の目星をつけていたり、自分が試したいタイプを決めておいたりしないと時間が到底足りません。
私は、必ず訪れたいところのリストは作っていて、知人におすすめを聞いていたので時間があるかぎりそういうところをまわっていました。といってもそれでも全然時間は足りず飲みたかったけれど飲めなった生産者がいくつもあります。最終日は3時間だけ滞在したのですが、まだ行ってないところをたくさんまわりたいのを我慢して気にいった生産者と特に気になったワインをもう一度試飲するということをしていました。タイミングによって味覚が変わるし気になっているものはあらためてインプットするべきだと思ったからです。
初めてその生産者のワインを飲んだところでとても気にいったというところがいくつかありましたし(商売としてすべてのところのを扱うようになるわけでありませんが)、知っているけれど醸造所に行くのが大変だったり飲む機会がない生産者のワインも飲むことができてとても良い経験となりました。


IMG_3049.JPG

先に書いた通りこういった規模だとある程度予備知識がないとどのブースに寄っていいかわからなくて大変だと思ったのですが、セミナーを各地でやっていたり、グループによってはテーマによるフリー試飲があったりするところもあるので、目的を定めず受け身でのぞむ人たちにはこういうのを利用するべきだと思いました。
画像はモーゼルの各生産者のカビネットを並べた試飲です。甘口がまたブームになってきているというトレンドをふまえてのテーマです。フランケンでは各生産者のヴァイスブルグンダー(ピノ・ブラン)だけを10種類集めたコーナーがありました。


文字通り死ぬほど試飲ができるのですが、ドイツワインにとってはこの時期の開催ではは問題もあります。ドイツは収穫が遅めで10月が一般的なので、まだボトリング(瓶詰め)していないワインが大半という時期なのです。ボトリングをしていないくてもサンプルという形でタンクや樽から注いで持ってきたワインで2016年産を試飲するという形です。生産者によってはそういったサンプルだけのところもあります(なぜなら前の2015年産は全て売り切れているから)。ボトリング前だと雰囲気が変わるというのがありますし、ボトリングしてあったとしてもまだ飲むには早すぎるというワインが多い、というのがこの時期の問題です。特に上級クラスのワインは、まだ判断できる状態ではないというものがたくさんありました。
しかし全世界のバイヤーが来ているわけで、こういった場で買い占められてこの先出回らないワインも出てくるので、この場で判断することも重要になってくるのです。
また、前年のワインの在庫があるところは無理に2016年産を出さないで2015年産のみを試飲に出しているところもありました。これにはまだ最新のは若すぎて自分のワインは判断できないから、という考えもあるのだと思います。そういった各々の生産者の哲学や考え方もこういう部分ひとつとっても見えるのは興味深かったです。


また、今回訪れて一番強く感じたのは、ドイツワインの多様性とそういったワインを自由に選択できることがドイツワインの魅力である、ということです。亜硫酸無添加だったりヴァンナチュールと言われるタイプのワインを造る生産者、新しい雰囲気とワインの若手生産者など今までにはないものにチャレンジしているところがあれば、リースリングだけを並べていたり、甘口が中心だったりと、昔からのファンでも喜ぶようなラインナップの生産者もいます、。それらが横並びになっていて自由に選択できるというのが今のドイツワイン業界だと感じました。グループだったり各々の生産者だったりが別々の方向性を向いていても誰も気にしないし(もちろん陰で生産者の悪口を言っている人はいると思いますが)それぞれのベストを尽くすことを応援しているのです。業界関係者も飲み手もその広い選択肢の中から自分たちの好みのものを選択すればよいのです。その幅がとても広いのはドイツワインの今の特徴でありもっと声を大にして言うべきだと思いました。
インポーター、酒販店や飲食店はそれぞれの顧客にあうものを選ばなくてはいけないわけで、私もタイプは偏っていてドイツワインの多様な中のほんの一握りのタイプしか選んでいないのですが、ドイツワインはこうあるべきだ、ということで選んでいるのではなく、自分が紹介したいのはこういうタイプだから大きな選択肢の中からこういうものを選んでいる、というようなことも伝えられていたほうがいいな、ということを思いました。
質が良い、悪い、好き、嫌い、だけではないこういったことを考えることができたのはプロヴァインの大きな収穫でした。

来場者側にいたから酔っぱらいに話しかけられていると思ったら実はその醸造所の当主だったり、他の家族が別の方の対応をしていたのでいい人柄がにじみ出ているおじいちゃん(先代)に対応してもらったのですがドイツ語しかしゃべれなくてそれでも30分くらいずっとそこにいたり、横で長い間ずっと同じように試飲していた人が次に向かった生産者の当主だったり、と色々なことが起こって面白かったです。しかも書いたエピソードのところはそこのワインと醸造所を気に入り、取り扱いをするかもしれない醸造所となったところだったので、縁ってあるのだなと感じたのでした。


プロヴァイン、業界関係者は、ドイツワインの関係の人でなくても機会があったら一度は訪れてみてほしいです。

次回からはワイン産地の景色も交えながらの投稿となります。


ドイツワインショップ ヴァインベルク
http://weinbergwine.com


posted by ヴァインベルク at 23:19| ドイツでの様子 | 更新情報をチェックする