2017年07月29日

天ぷらとドイツワインの会の様子

丸の内の東京ビル(TOKIA)にある菊亭にてワイン会を開催しました。
12人の方が参加されました。初めてヴァインベルクの会に参加された方も何人かいらっしゃましたが、ワイン、料理の良さとその組み合わせをみなさん楽しまれていたようでした。


IMG_5124.JPG


ワインは6種類、ゼクトと甘口は1本ずつで、その他は2本ずつ用意したので食べ物とじっくりと合わせながらお楽しみいただけました。

最初のロゼのゼクトはフルーティーな果実味、最後のファルケンシュタインのシュペートレーゼは甘すぎず酸味と甘みが心地よい、と好評でした。



IMG_5105.JPG

前菜にはマルティン・ミュレンのパラディースを。丸みのある果実味のリースリング・トロッケンは鱧、自家製のさつま揚げなどこういった食べ物とはどれとも相性が良かったです。アスパラを豚肉で巻いて中華風の味噌で食べるものは、それだけでもとてもおいしかったのですが、ワインともやわらかさの部分で同調して相性がよかったです。


IMG_5108.JPG


天ぷらの提供が始まるころから3番目のラインヘッセンのグッツラーのリースリングのグローセス・ゲヴェックスをお出ししました。
天ぷらは同じトロッケンのリースリングでも2番目のモーゼルだとワインの果実味も少し前面に出てしまうのですが、このコクと深みのあるGGだと、落ち着いている味わいと違和感なく合いました。そしてどちらかというと魚介より野菜のほうが相性がよいと感じました。とはいえペアリングというよりは、食べながら合間に飲んで楽しむという感覚の合わせ方だと思いました。

このGGは一口飲んでの華やかさはありませんが、飲み続けていてしみじみおいしさを感じられるという感想がありました。



IMG_5110.JPG


天ぷら2順目はイカといんげんです。


IMG_5111.JPG


3順目は海老とズッキーニです。

ワイン4番目のクナウスのグラウヴァイセはこのあたりから。天ぷらにはシャルドネを合わすという方が昔からいらっしゃり、ワインにそこまで力を入れていない天ぷら屋さんにはシャルドネが多いということもあり、新樽熟成によるシャルドネもブレンドされているこのヴュルテンベルクの白を選び、相性を検証してみました。
どの食材でも、塩でもつゆでもというようではないと感じましたが、魚介系と相性がよいと感じました。個人的にはイカと塩、海老はどちらでも、穴子(画像はありませんが)は塩、という組み合わせが好みでした。

このワインは2014年産で、少し熟成してきているのですが、新樽の風味が薄くなってくると予想していたのですが、よりまったりとした雰囲気になっていて樽の風味も健在だったのですが、そういった味わいに魚介の複雑みがうまく同調していたと思います。といっても果実味もあるワインなので、他の国のシャルドネよりも天ぷらと相性はよいのでは、と思いました。



IMG_5114.JPG

5番目の赤ワインのクナウスのレンベルガーGは穴子の天ぷらの時からお出ししました。

つゆのほうが相性が良いと思いました。リースリングのように、ペアリングというかんじではなく、寄り添うように楽しめるといった感覚です。

そして、このお店でランチの時にかき揚げの天丼を食べた時に、これと合わせてみたいと思ったのがこのレンベルガーだったのです。創業当時から継ぎ足して使われている秘伝のたれがとても素晴らしく、このタレとの相性がこのワインがよいと思ったのです。

想像どおり、タレとも海老のかき揚げとも相性がよかったです。そしてごはんの甘みも、強すぎない果実味と同調して違和感がないというのも、特出すべきことだと思います。赤ワインでご飯ものと合わせるのはなかなか難しいと思うのですが、このワインは日本の家庭の食卓でも楽しめるワインです。もちろん白いご飯だけというわけではなくおかずが濃いめの味付けのほうがよいとは思いますが。

このワインは現在欠品中ですが、9月に同じヴィンテージで再入荷します。


そしてシュペートレーゼでしめて、お開きとなりました。

天ぷらは寿司と一緒で、ネタごとに相性が変わってくるのですが、寿司の会でも感じたように、ぴったりのペアリングだけでなく日本酒感覚の食事に寄り添う感覚の合わせ方も大事だと思いました。

その点では少しコクと深みのあるリースリング(今回は入れませんでしたがファインヘルプも)や軽めだけれどタンニンと果実味のある赤ワインがよいのかなあと思いました。次回開催することになった時にはジルヴァーナーやブルグンダー系の白(ピノ・グリ、ピノ・ブラン)とも試してみたいと思いました。

こういった会になれていないお店だったのでご迷惑をおかけした部分もありますが、対応してくださり感謝しています。

参加者もその場の雰囲気を楽しんでくだり、良い会になったと思うのでホッとしています。


今後のワイン会のお知らせなどはひとつ前の記事をごらんください。




ドイツワインショップ ヴァインベルク
http://weinbergwine.com


posted by ヴァインベルク at 14:40| ワイン会報告 | 更新情報をチェックする