2018年12月23日

ヴァインベルクについての疑問、質問に答えます どうやってワインを選んでいるのか?ワインの価格について

2回に分けて、醸造所をどうやって選んでいるのか醸造所で何をしているのか、ということを書いていきましたが、今回は、その醸造所の中で輸入するワインをどうやって選んでいるのか、ということを書いていきます。
今回はワインの販売価格の話が中心となります。

輸入することに決めたワインには大きく分けて2つの要因があります。
ひとつは、自分の好みであるワインであるということです。ヴァインベルク店主はドイツワインが大好きですが、その中でも好きなタイプというのがあります。好みという部分と、十種類以上ひとつのところで試飲しているとおっと思う時があり、そんどちらか、もしくは両方があったワインを輸入することに決めることが多いです。
ふたつめは、購入する方たちがいいと思うかという点です。5年やっているとどういうものを求めるのかが何となくわかってくるので、これは喜んでくれるだろうと想像できることがよくあります。また、この産地でこういうワインを造っている、ということだったり、そのワインに対して逸話だったりポイントがあるということも、決める理由になることもあります。
どちらか片方というよりはどちらも要因としてからんでいるのですが、どちらかに偏っていてそれでも輸入することを決めることもあります。

いいワインというだけでなく、価格も重要な要素となります。
とてもおいしい、と思っても、日本で販売するとなるとこの価格になってしまう、では難しいなあと思うワインもたくさんあります。特に気軽に飲みたいようなグーツヴァインではそういうワインは多いのです。また、ドイツで軽い食事とともになら最高のワイン、でも日本のその価格だとそうはならないし、そういうものはドイツで楽しむもの、と僕は考えています。輸送や輸入者などいくつかの行程があると価格が上がっていくのが当然なので、その価格になった際に、このワインをその値段でも満足できるか、ということが重要だと思っています。それはワインの質だけではなく、食事と合わせられるか、色々なシチュエーションに対応できるか、などそういった要素も含めてです。
よく、現地ではこの価格なのに日本では高い、と言う方がいらっしゃいますが輸入したらいくつかの業者がからみ、酒税、関税、消費税も加わるので、当たり前のことなのです。その値段でも楽しめるかどうか、なのです。高いと思う方は、ドイツやヨーロッパにに行ってワインもビールも買ってくればよいのです。といっても物自体は安くても、そこまでの交通費や多く買った時に輸送代もかかる、ということを考えれば、同じこと、ということをわかっていただけると思うのですが。

とはいえ、現在は1,000円以内でも日本で購入できるワインがたくさんあります。
ではなぜドイツでそういうワインが少ないか、というと、他の国と同様に大量に生産できるところが少ないからです。ぶどうを栽培できるエリアは限られているので、質が良いものを大量に作ってその価格で販売することができません。
そしてヨーロッパの中でも経済大国のドイツなので、物価も上がっていくわけで、ワインも例外ではないので、その価格で販売できるワインというのは多くないのです。家族経営の生産者が多いドイツでは、生産量も多くないので高品質なワインを作り価格を上げて利益を確保しているので、優良な生産者のワインは日本での販売価格は2,000円以上のワインになってしまいます。
モーゼルやラインガウの急斜面の畑は特に、規模を拡大できないこと、機械が入れず人件費と手間がかかるので、安く売れないということがわかりやすいかと思います。

そしてヴァインベルクは大手に比べると量がとても少ないので輸送コストが多くかかってしまいます。そのため、小売りで2,000円前後のワインを販売することができません。現在はヴァインベルクのネットショップでの税込みの販売価格が2,700円が一番低い価格となっています。大半が3,000円から4,000円のワインとなっています。
という中で、その価格帯の中で、購入してもらえるものを選ぶ、ということになります。お客様にこの価格でこのワインは安い、と言っていただけることが多いのですが、できるだけ安いものをというよりは、価格以上の価値を感じていただけるワインを選んでいます。
醸造所を選ぶ時点で、この価格帯で販売できるワインがたくさんあるような醸造所を選んでいます。そのこと自体をすごいと言ってくださる方もいらっしゃいます。すでに評価の高い醸造所だともう少し上の価格帯になってしまうので、まだそんなに評価は高くないけれど、質の高い醸造所を探して選んでいるのです。しかし、そういう醸造所でも、評価が高くなってきて価格を上げたり、そうでなくても毎年少しずつ価格があがるのはドイツの業界では当然のことなので、それは受けいれるようにしています。素晴らしいと思っていて長く付き合いを続けていきたいという醸造所を少しの価格の違いでやめる、ということはするつもりありません。
また、ヴァインベルクで輸入している3,000円から4,000円のワインの大半はオルツヴァイン(村名ワイン)、エアステラーゲ(畑名ワイン)のクラスです。昔からの等級だとカビネット、シュペートレーゼに相当するワインです。このクラスが、醸造所とワインの個性がはっきりわかると思っていますし、価格と質のバランスもヴァインベルクが販売するにはちょうどよいものが多いのです。

好きなもの、もしくはお客様が求めているものとして試飲した中でいいと思った中で、価格も考量して輸入するかどうかを決めることとなります。その際には、個人のお客様だけでなく、飲食店や酒販店にも多く取り扱ってほしいと考えているワインに関しては、卸販売の価格としてこのワインのこの価格だとどうだろうか、ということを考えます。4,000円以上のワインは、いいと思ったものは大半は選んでいるのですが、飲食店も扱いやすい価格帯となるとよりシビアにこのワインを入れるべきか、ということを考えます。
こういった選定の作業は、醸造所でではなく、日本に帰ってからゆっくりと考えます。
また、この価格だったらいいのに、と思うこともありますが、ヴァインベルクでは値下げの交渉をこちらからすることはありません。1年かけて造られた農作物であり、年によって生産量の増減が大きく収入の幅も広くなってしまう職業で、そのワインだけで生計を立てている家族に値下げの要求をしようとは思えないのです。なので、提示された価格の中で、自分がいいと思うものを選べばよいと思っています。
たまに前のヴィンテージなどでこの本数を買うならこの価格でいい、と言われることがあり、そういう時はその価格で購入することもあります。

リースリングとシュペートブルグンダーでは、質が良くて素晴らしいと思ったものはたいだいは輸入をしているのですが、その他の品種だと、この価格だたなかなか難しいのではと思い見送ることも多々あります。
一つの例だと、ヴュルテンベルクのクナウスでは、最初に訪れた時にソーヴィニヨンブランをとても気にいったのですが、4,000円を超えるドイツのソーヴィニヨンブランは難しいのでは、と思いその時はこのワインは選びませんでした。しかし、何度目かに訪れて2016年産のソーヴィニヨンブランを飲んだ時にもやはり素晴らしいと思い、今のヴァインベルクなら4,000円となっても購入していただけるのでは、という自信があり輸入することに決めたのでした。


IMG_2007.jpg

と価格の話を中心に書きましたが、やはりいいワインかどうかが大事であり、前回の醸造所の訪問は重要な要素なのです。
その時の試飲では、価格も大事ですが、日本の皆さんに喜んでもらえるワインなのか、ということをそれぞれのワインから考えることが一番大事なことです。
画像のアールのヨステンウントクライン(ミッテルラインのワインも作っています)ではケラー(といっても工場の一角ですが)で試飲をしましたが、こちらの好みがわかってくると、そのタイプをどんどん開けて試飲させてくれました。結局2時間近くこの場所で立って試飲と会話をしていました。
こういうことあってこそ選択肢ができ、その中から価格などもふまえて最終的に決めていけるのです。

今回は価格で選ぶワインは絞られていくということを中心に書きましたが、もうひとつ大きな要因があり、そのことについては次回に書きます。


12月28日まで、ランダム3本セット9500円(送料込み)を販売中です。



ドイツワインショップ ヴァインベルク
http://weinbergwine.com


posted by ヴァインベルク at 18:44| ヴァインベルクについて | 更新情報をチェックする