2019年03月31日

ファルケンシュタインHofgut Falkensteinのヨハネス来日その3彼の発言とその感想のまとめ

ファルケンシュタインのヨハネスの来日の様子、前回の記事ではワイン会の様子などを書きました。それらの会や二人で話していたことについて、みなさんにも知ってもらいたいという内容をまとめます。


IMG_4207.JPG

このように彼はワイン会などで熱く語っていました。色々なことを話してはいましたが、核となるポイントはそんなに多くはないのです。
また、お会いした方々から、ヴァインベルク当主と話す時は熱い口調ではない、ワインの話をあまりしていないと何人かの方に言われましたが、もうすでに彼のワインのへの気持ちは伝わっていいますし彼もそれをわかっているので、冗談を交えながら色々な話をしていました。とはいえ、二人の時には、けっこう真面目な深い話もしていました。


ファルケンシュタインという醸造所で最も大切にしていることは、自然に対して敬意を払い、そして尊重する、とうことだというのはワイン会に参加されたり彼と話をした方は感じたと思います。
自分たちは自然の営みによって活かされているということを忘れてはいけない、というのがファルケンシュタインを設立したヨハネスのお父さんの根本にある考えで、それはヨハネスにも受け継がれています。
そして、活かしてもらっているのだから、遅霜や雹、雨、日照不足によるカビや病気が発生しても、自然を恨むのではなく、その中でどうしていけばいいか考えるだけだ、というように話しています。
温暖化は天候の変化というマイナス影響だけでなく、ぶどうは熟すようになって毎年クオリティの高いワインが作れるようになったプラスの面もあるのですが、暑すぎてこれから彼らの求めているスタイルのワインが造れていけなくなる可能性もあります。そうなっていってもテクニカルな部分でどうするというのではなく、環境の変化を受け入れて自然の最良の状態を表現できるようなワインにしていきたい、と彼は語っていました。
また、醸造の技術によってではなく自然が表現されたワインにしたい、というのも先の考えによるものです。そのため畑の個性やヴィンテージのによる違いがワインに表れています。どのワインも、軽やかでローアルコールでなおかつ酸による骨格のあるきれいでピュアなワインではあるのですが、ちゃんとそれぞれに個性が表れているのが、そういった考えによるものだということを感じ取れます。けして醸造によって自分たちの思う方向に向けるということをはしていない、というのも今回どの会でも話していました。彼らのワインは収穫して果汁となったワインは1000リットルのフーダーの木樽に入ったら、自然酵母によって発酵され、発酵が止まりワインが出来上がるまでは人の手は加わっていないのです。
また、リースリングは自根も含む大半が樹齢50年以上の樹のぶどうで造られているので、テロワールも含めて恵まれているので、人が介入しなくても、しっかり栽培し(オーガニック栽培です)、良いタイミングで収穫し、いい実を選別して選んでさえすれば、良いワインとなるのです。と単純そうだし簡単に見えることですが、実は難しいことを当たり前に彼らは実践しているのです。
自然派ワインといったタイプとは異なる手法や味わいのワインですが、ファルケンシュタインのワインは自然なワインなのです。それはファルケンシュタインだけでなくヴァインベルクが輸入するどの醸造所のワインにも当てはまることではありますが。

自然を表現したワインにしたい、いわゆるテロワールが表現されているワイン、という考えのもと彼らのワインは造られていますが、息子のヨハネスが醸造所の中心になってきたこの数年からは、よりテロワールということを意識するようになっています。ファルケンシュタインのワインの大半はリースリングですが、リースリングは同じ畑名で同じ等級のワインが複数の木樽で出来上がっても、それらをミックスしてリリースするのではなく、それぞれ別のワインとしてリリースているのですが、ヨハネスはより細分化したエリアごとに分けてそれぞれ別のワインとしてリリースするようになっています。テロワールの少しの違いでもワインとして大きく異なることもあり、分ければそれぞれの個性が見えるので、そういったワインにしていきたいという考えです。混ぜたほうがプロモーションはしやすいのですが、量は多くなく取引先はほぼ決まっているので、好みのワインをそれぞれが選んでもらえればよいと考えているのです。自分たちの理想というだけでなく、販売先にもこのほうが良質なワインを提供できるということもあるのです。
100年前の地図では、今の畑名から最も細かく分かれていてそれぞれに畑名があるのがわかるのですが、その当時ですでに、それぞれのエリアに個性があるということがわかっていたのです。その部分をヨハネスもぶどうを栽培しワインを造っていく中で感じたからこそ、このやり方にこだわるようになりました。

また、すぐそばにはシャルツホーフベルクという世界的に有名な畑があります。有名になったのは長年良質なワインを著名な造り手が造ってきたからで、今はブランドとして確立している側面があります。
ファルケンシュタインの所有する畑は、著名な醸造所がほとんど所有していないためあまり知られていない畑です。しかし、オイヒャリウスベルクはシャルツホーフベルクの地質とほとんど変わらないそうです。今はブランド力はないけれどいい畑からいいワインを造っていくことが自分たちの氏名で、いづれは所有する畑も知れ渡ってほしい、と語っていました。といっても彼らはブランド力に頼らず今と同じワイン造りをしていくであろうことは容易に想像できます。
そして、もうすでに彼らのワインは、評論家やガイドブックで評価されています。彼らがいいワインを造ることによって畑の価値が上がっているのです。前回の記事でも書いた通り100年前には良質な畑とされていた畑も、20世紀にはテロワールを表現する造り手の良質なワインが造られていなかったので忘れられていた畑となっていたのを、ファルケンシュタインが復活させたのです。

自然を尊重してワインを造っているのですが、けして自然にまかしきりなわけではないのも彼らと話しているとわかります。自然を表現するためにできることはしているのです。果汁を絞ってから樽に入れる時にはストレスをかけないようにしたり、スクリューキャップではなくコルクににしてるのも根拠があったりと、より良いワインにするためにできるだけの努力をしています。そしてやり方は年々、変化、進化させより方向を目指しいているのです。彼らのワインはクラシカルなワインと表現されてますが、けして古い手法のままなだけ、ではないのです。
コルクは2015年産まではブショネが多かったのですが、メーカーを選んだり人の手で選別された少し割高なコルクを使用するなど、といったことから変化、進化ということを感じ取れるのです。

もうひとつ今回感じたのは、ヨハネスは熱く語りますが、それは情熱で勢いで話しているだけではない、ということです。それらの話にっは根拠や裏付けがあり、しっかり調べたり実証した上で話をしているのです。研究熱心で勉強家ということが今回よくわかりました。彼らのワインに関わることだけでなく、ザールやモーゼルのワインの歴史やまわりの醸造所のこともよく知っているのです。このことには少しびっくりしました。


IMG_4115.JPG

そういった彼らの想いや考え方をみなさまに伝えることはインポーターとして大事な役割だと感じています。彼らと接するほど、彼らの想いをしっかりと届けなくてはという気持ちになります。おいしいワインを選ぶだけではなく、そのことも重要だと考えています。
なので、今回多くの方にファルケンシュタインはどういった造り手なのか、というのを感じてもらえたことをとてもうれしく思っています。しして参加できなかった方のためにこうして文字として残しているのです。

上の写真からは二人の信頼関係も感じていただけるかと思います。ワインの話はたくさんしますが、それだけでないし冗談も言い合っています。この5年で、お互いを信頼し分かり合っている関係を築いていけたと思います。そして今回の滞在で長い時間一緒にいたので、よりお互いのことをわかることができました。このことは今度の関係の中でとても重要だと思いました。
彼らはいいワインを造り、それを私が日本で売る、それだけのことですが、信頼があることによる違いはあると思います。そして今後もみなさまに素晴らしいワインをお届けしていきます。



ファルケンシュタインのワインはこちらから

ファルケンシュタインの3本セット販売中です!
トロッケン、ファインヘルプ、甘口カビネットの3本によりファルケンシュタインの魅力がわかります。



ドイツワインショップ ヴァインベルク
http://weinbergwine.com


posted by ヴァインベルク at 10:48| 醸造所紹介 | 更新情報をチェックする