2016年10月28日

モーゼルのギュンター・シュタインメッツ、限定入荷のお知らせ

前回の記事で書いた先日のワイン会では空輸で少量のみ入荷したモーゼルのギュンター・シュタインメッツGünther Steinmetzのワインを2種類提供しました。シュタインメッツは6月にドイツに行った時に訪れた醸造所です。その時に購入したワインの中の1種類を7月のワイン会で提供したのですが、参加された方々に好評で、入荷したら購入するということを数人の方に言われたのでシュタインメッツのワインを空輸で入荷することにしました。その時の1種類だけでなく、現地で試飲した中から日本の方にも飲んでもらいたいと思った4種類を選び入荷しました。
シュタインメッツの醸造所を訪れた時のことはこのブログでも書いています。この醸造所の特徴などを書いていますのでこちらもあわせてお読みいただきたいです。


IMG_1072.jpg


入荷しご購入できるのは上記の3種類です。少量しか仕入れいていないので当分の間はネットショップでは掲載せずメールでのご注文のみの対応とさせていただきます。

@ オーリッヒスベルク Wintricher Ohligsberg 4,000円

A ガイアースライ Wintricher Geiersalay 'Sur lie' 3,400円

B ゴールトトレプヒェン 甘口シュペートレーゼ Piesporter Goldtrepchen 3,700円 

全てリースリングです。記載の価格は税込価格です。
@とAは醸造所のカテゴリーでは辛口となっていますがラベルにはTrockenの表記がありませんでした。


IMG_1071.JPG

ここの辛口リースリングはアルコール度数が全体的に低めなので、残糖がトロッケンの規定(9g/l)を上回っているからなのか、と考え当主のシュテンファンに訊いてみたところ、全ての辛口系のリースリングのラベルにはトロッケンとは明記していないとのことでした。その中で一部は規定は超えている10g/l前後の残糖のものがあるとのことで、@のOhligsbergもそのうちのひとつです。トロッケンと明記して辛口とそうでないもの、と区別させることがあまりよくないと考え、辛口のカテゴリーとしているすべてのワインを辛口系と扱ってほしいということでトロッケンのワインであってもトロッケンと明記していないのです。

@は複雑みはあるけれどやわらかい味わいです。2回のワイン会で提供して好評だったというのがこのワインです。
Aは同じWIntrich村にある畑ですが、こちらはおり引きしないシュルリーという製法で造っています。モーゼルでこの製法で造っているというんは今まで私は聞いたことがありませんでいsた。最初に飲むとモーゼルのリースリングというかんじがあまりしなかったです。でも醸造所で他の畑のワインと比べながら飲んでいるとモーゼルのワインだなーと思えてきました。奇をてらってこの製法で造っているのではなくこの畑のぶどうがこの造り方に向いているからこのやり方にしている、というのがよくわかります。とはいえ、典型的なモーゼルワインという味筋ではないので、試飲をしていない状態であるならば。モーゼルが好きで色々なワインを飲んでみたい、という方にのみおすすめできるワインかな、と思っています。
Wintrichはシーファーだけでなく石英(クォーツ)も混ざっている土壌で、ミネラル感や鉱物感がシーファーだけの土壌よりもあり複雑みも増している印象があります。特に辛口のリースリングに向いている土壌だとヴァインベルク店主は思っています。

リエーブルでのワイン会は@とVeldenzer Sonnenbergのワインを提供しました。Veldenzerの方は残りがほんの少しになってしまったので販売はしませんが、こちらのほうが酸味も感じソリッドな骨格がありました。印象的だったのは、モーゼル、ドイツワインをふだんから飲んでいる方はこちらのほうが、あまりドイツワインを飲まれていない方は@のワインのほうがより好み、と意見がわかれたことでした。どちらもおいしいのは間違いないのですが、酸味と複雑みの違いによりタイプが異なることでそれぞれの方の志向の違いが表れていました。
このように数キロの範囲の中でもワインの個性が全く異なるようになるので、シュタインメッツはそれぞれの畑のぶどうごとに醸造し別々のワインとしてリリースしているのです。それらのワインを飲んで、今のモーゼルの辛口ワインを語る上では重要な造り手だと私は思っています。

甘口でもよいものがありBのシュペートレーゼを仕入れいることにしました。香りはまさにゴールトトレプヒェンのワインの香りです。レモン水のようでボリューム感のある飲み口ではありませんが、糖度は実は高く、そのバランスが素晴らしいです。モーゼルのおいしいシュペートレーゼを探している方には自信を持っておすすめできます。


これらのワインのご注文はメールでのみ承ります。ご希望の方はinfo@weinbergwine.comまでご連絡ください。
お支払いは代引き、銀行振込、郵便振替となります。数が少ないので1種類につき2本までのご注文とさせていただきます。ネットショップに掲載している商品とあわせてのご注文も可能です。合計金額が10,000円未満の場合は送料580円をいただきます。

よろしくお願いします。



ドイツワインショップ ヴァインベルク
http://weinbergwine.com


posted by ヴァインベルク at 15:39| 商品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月22日

夏の試飲会を開催しました

先日、新しくドイツから入荷した時には毎回行っている試飲会をおなじみの新宿リースリングで開催しました。
9種類のはずでしたが、勢いでもう1種類持ってきて10種類提供しました。


写真 (141).JPG


新入荷のものはビュルテンベルクのクナウス5種類、ゾルターのゼクト(スパークリングワイン)3種類です。
今回もどれも好評で安心しました。

クナウスのフランス系の白3品種ブレンドのグラウヴァイセは、これが気に入ったのでこの醸造所のワインを扱うことの決め手となったのですが、飲んだことがない味わいでおいしいという感想をいただけてよかったです。
クナウスは他のものも好評でよかったです。ドイツをふだん飲まれている方には他とは別物のトロリンガーが衝撃だったようです(この品種は甘みのある軽いタイプが主流なので)。
勢いで持ってきて提供したピノ・キュヴェも好評でした。きれいな味わいという言葉がぴったりです。
それぞれのワインの評価とともに、リースリング辛口での産地、醸造所による違い(アイフェルとクナウス)、同じ作り手の品種の飲み比べ(クナウスのリースリングGとR)、同じ作り手の品種違い(リースリングとグラウヴァイセ、トロリンガーとレンベルガー)も体感し色々と感じていただけたようでよかったです。
たとえば、クナウスのリースリング・トロッケンではGは食事と気軽に合わせたい時に万能、Rはじっくりとワインに向き合いたい時に飲みたいワイン、などという感想などがありました。



あと個人的には、暑いなあと思っている時に飲むには、心地よい酸味と甘みで癒されるゾルターのリースリング・ゼクトか、少しジューシーでギュッと引き締まる癒しのあるアイフェルのアルテーヒェン・トロッケンが最適だと思いました。これらは昼や野外に飲む時にもおすすめできます。



現在ヴァインベルクではクール便代無料でお送りしています。暑い中での配送を気にしていられる方も安心してご利用いただけます。8月5日までのご注文までの適用となりますおでぜひこの際にヴァインベルクのワインをお買い求めください。

ドイツワインショップ ヴァインベルク
http://weinbergwine.com

posted by ヴァインベルク at 16:06| 商品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月04日

ドイツワインまつりの様子とワインの感想

4月の最後の週末の土日には国連大学前の広場にて毎週末開催されている青山ファーマーズマーケットにて「ドイツワインまつり」が開催されてました。ドイツワインを扱うインポーター、酒屋、ドイツ関係の飲食店がマーケットの一部にまとまってそれぞれがブースを出しました。このイベントにヴァインベルクも出店させていただきました。
初めて開催するイベントだったので出店者も主催者も不安がありましたが、おかげさまでたくさんの方に来ていただきました。


写真 (118).JPG


写真 (117).JPG


ドイツワイン目当ての方だけでなく、ファーマーズマーケットにいらした方も立ち寄ってくださり、どのブースも常に人がいる状態で盛り上がっていました。
ヴァインベルクとしての一出店者としてだけでなく、ドイツを愛しその魅力を伝えているものとして、ビールなしでドイツワインだけでこれだけの人がいらして楽しんくださっていたことはとても嬉しく思いました。


ヴァインベルクとしては9種類のボトルを用意し、うち5種類は常にその場で飲めるグラス売り、それ以外の中からも1本ずつ代わる代わるグラス売りをしました。


写真 (116).JPG


ヴァインベルクのブースに立ち寄っていただきワインを飲んでくださったワインの感想などを少し書いていきます。

暖かい気候だったのでゼクト(スパークリングワイン)は出すべきだと思ったのですがスタンダートの2種類は完売もしくは在庫僅少だったので思い切ってボトル売価は5000円を超えるレゼルヴのゼクトをグラス売りしました。700円という手ごろな価格だったこともありたくさんの方に飲んでいただきました。
熟成感と木樽の風味のあるあまりふれる機会のないスパークリングワインをみなさん喜んでいただけました。

気軽に飲める辛口としてたくさんの方に飲んでいただきました。ソーセージにも合いしましたし、こういった昼、屋外のイベントに最適なワインです。

おすすめは何ですか?と訊かれた時に、辛口でなければという人以外にはこのファインヘルプを薦めていました。
言葉で説明するより騙されたと思って飲んでみてくださいと言い頼んでいただき、飲まれるとみなさんおいしいと笑顔で答えてくださいました。
わかりやすくなおかつ深みがあるので、うんちくとか必要ない多くの方に飲んでいただきたいおすすめのワインです。
甘みを感じますが、酸味などほ他の要素もあるので甘ったるくはないので、多くの方の印象のドイツの甘口ワインとはかけ離れていて衝撃と魅力を感じていただける自信があります。

ドイツにしては少し濃い目の赤ワインも好評でした。やわらかさもあるので飲みやすいという方もいらっしゃいました。
すいすい飲めるけどコクもあるので、おかわりしてくださった方も何人もいらっしゃいました。
自分も試飲して今がかなり飲みごろだと思いました。

気まぐれワインとして両日ともグラスワインとして提供した中で一番反応があり評判がよかったです。800円と今回のグラスワインの中では一番高い設定でしたがその質に満足していただけたようです。
気まぐれワインは4種類やりましたが、飲んだ方で気にいってボトルを購入してくださったのはこのワインが一番多かったです。
嫌なところが見つからない本当によくできたきれいなリースリング辛口です。


他の店舗にもドイツワインがたくさんある中で自分のところだけお客さんが来なかったらどうしようと不安に思っていましたが、おかがさまでヴァインベルクにも多くの方が立ち寄ってくださりグラスワインを飲んでいただき感謝の気持ちでいっぱいです。
そして、いくつかのブースの中で飲んだ中でここのワインが一番おいしいと何人の方にも言ってくださったことが本当にうれしかったです。

いくら言葉で魅力的なことを書いても伝えられないことはあるので、こうやって実際に飲んでくださり魅力を体感していただける機会があることはとても大切です。そして、少しかもしれませんが確実にドイツワイン、ヴァインベルクのワインのファンを増やすことができました。


こういったイベントは積極的に出店したいです。ワイン会でもヴァインベルクのワインをお飲みいただけることができます。
そういった機会に多くの方にヴァインベルクのワインと店主のドイツワインの情熱を感じてていただけたら、と思っています。


ドイツワインショップ ヴァインベルク
http://weinbergwine.com


続きを読む
posted by ヴァインベルク at 22:47| 商品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月22日

お花見、外飲み、昼飲みに楽しめるワインを紹介します

お花見など野外で飲むのにも適した季節になってきましたので、外で、もしくは昼に飲むのにおすすめのワインを紹介します。
そういうシチュエーションでおいしく、楽しめて飲めるワインのポイントはわかりやすさと気軽さだと考えます。
世の中には良いワインはたくさんありますが、料理との相性が重要、グラスを選ばないと良さがわからない、というようなワインはしかるべきところで飲まないと本領が発揮できません。質の高いワインだからといってどこでもおいしく飲めるとは限らないのです。飲んでパッといいと思えるもののほうが野外で飲む時にはよいと思います。
そういったことをふまえてヴァインベルクで輸入しているワインでのおすすめを紹介します。


写真 (105).JPG


辛口のリースリングのおすすめはこちらです。ヴァインベルクが現在取り扱っている他のリースリング・トロッケンのような深い果実味はありませんが、場所やシチュエーションは関係なく同じように楽しむことができます。食事との相性もあまり気になりません。気軽に飲めるという説明をしていますが、液質が軽いわけではなくグーツワインとしてはしっかりとした味わいです。
スクリューキャップなので野外や昼などにすぐに飲みたい時にも向いています。


場所を選ばず理屈はいらずにおいしく感じられるワインです。
やや甘口としていますが、ドイツワインを飲み慣れている人には甘すぎず食事とも合わせられ、辛口ワインをふだん飲まれている人には食事はいらずにワインのみで甘口ワインとして楽しむこともできます。


現在ヴァインベルクでは2種類の赤ワインを扱っていますが、外飲みにはこちらをおすすめします。
濃いめですがタンニンが強いわけではないのでわかいやすく万人受けする赤ワインだと思います。
飲む温度もあまり気にすることはないので外飲みにも向いています。


甘口の中で万人受けするのはこちらです。ドイツワインファン以外にも気に入ってもらえると思います。
濃い甘みですが酸味もあるので重たくは感じません。


ロゼのゼクトもあるのですが現在在庫が僅少となっています。甘みがほとんどなくて食事に合わせやすいです。


外で飲む場合には持ち出すまでは冷蔵庫に入れておくことをおすすめします。できれば現地で氷水などで少し冷やせるとよいのですが、4月くらいまでの気温ならば一度冷やした状態からならば上記のワインはおいしく飲むことができます。
また、昼間に軽く少しだけ飲みたいという方は、これらのワインは2、3日はおいしく飲めますので無理に開けた時に飲み切らなくても問題ありません。ただし抜栓後に保管する時は冷蔵庫でお願いします。


4月5日日曜にはお花見ワイン会を企画しています。
代々木公園 12時原宿門付近集合
会費 2,500円

ヴァインベルクのワインを用意します。食事は各自持ち込みでお願いします。
新宿リースリングと共同開催となりましたので簡単なおつまみも用意します。
詳細はフェースブックのイベントページに記載しています。フェースブックをやられている方は参加申し込みはこちらでお願いします。申し込み、問い合わせはヴァインベルクか宮城のメールでも承っています。



ドイツワインショップ ヴァインベルク
http://weinbergwine.com/

posted by ヴァインベルク at 19:00| 商品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月01日

取り扱っている甘口ワインの紹介

甘いものが話題になる時期ですので甘口ワインを紹介します。

前回の記事ではドイツの甘口ワインとは何なのかということについて書きました。
今回は実際にその例を紹介していきます。
ドイツの甘口系は生産量の半数以下、そしてその中でも大量生産品ではない甘口ワインはわずかです。そんな生産量は少ない甘口ワインこそが世界に誇れるワインです。
そういった甘口ワインをヴァインベルクでも取り扱っているので紹介していきます。

まずはヴァインベルクの自社輸入ワインです。


おそらく今扱っている中で一番多く支持をいただける甘口はこのワインだと思います。わかりやすいおいしさです。
やわらかく心地よい甘みですが、酸もあるので甘ったるくは感じないですいすいと飲めてしまいます(けして酸っぱいわけではありません)。
コストパフォーマンスもすばらしいです。


まろやかな甘口ワインです。熟成して深みは出てきていますが、健全なぶどうから造られているのでまだまだフレッシュさがあります。このバランスが絶妙です。
先のヘレンベルクと同じくシュペートレーゼの中では糖度が高めですが直線的な甘みはそんなにありません。余韻で口の中に心地よい甘みが残ります。メロンの風味があります。
ふだん他の国のワインを飲まれている方にも気にいっていただける一本です。


若いうちからおいしく飲めてなおかつ個性もある味わいです。ザール地方特有の酸が良いバランスになっています。アウスレーゼとしては甘みは強くは感じませんが癒される味わいです。
これを飲んだドイツワイン好きのほとんどの方に気に入っていただけました。


suess3.jpg


甘口リースリング3本セット  特別価格8,500円
ショップオープン一周年記念としてリースリング3本セットを販売していますが、甘口セットも用意しています。
上記の3つの醸造所のワインです。
ファルケンシュタインは上記で紹介したホーフベルクではなく別の畑の2013年産のアウスレーゼです。こちらのほうがよりフレッシュな味わいです。


今まで紹介したワインとはカテゴリーは違い、甘みはあるけれど甘口ワインではないといったものです。ふだん甘口ワインを飲まれていない方にはこの程度でも甘いと感じるかもしれません。
シュペートレーゼの糖度のぶどから造られているので果実みがしっかりしていて、心地よい程度の甘みがあります。
単独で飲んでもすいすい飲めるおいしさですが、食事に合わせてもお飲みいただける程度の残糖です。


国内インポーターから仕入れたもの

丁寧な造りでモーゼルらしさのある伝統的な甘口を造っている家族経営の小さな造り手です。ゴーミヨでも評価が高く毎年のように昇格し3つ房まで上がってきています。その割には値段は安くコストパフォーマンスに優れています。
このワインは20年経過しているので、甘みは抜けてきていますが深みはありホッとする味わいです。
糖度のある甘口ワインが熟成するとどうなっていくのか、というのをわかりやすく理解できる一本です。


ラインヘッセンのアイスワインです。凝縮した濃い甘みが口の中に広がります。ボリュームのある甘みなのでデザートは必要なくこのワイン自体がデザートなるくらいの満足感があります。
アイスワインは早朝に氷点下6度以下に凍ったぶどうを収穫して造られたものですが、リースリングのアイスヴァインはとても貴重なために高価となるのですが、ラインヘッセンということで安価で入手できるおすすめのアイスワインです。モーゼルよりも酸味はなく、若い時からおいしく飲むことができます。


現在はこれらの甘口ワインを販売しています。
辛口系のドイツワインの素晴らしさを広めることを中心に活動していますが、甘口ドイツワインも素晴らしいので、まだ「手造り」の甘口ワインを飲まれたことがない方にぜひ飲んでいただきたいです。
それぞれ甘みの感じ方が違うので好みに合わせてお選びください。

ヴァインベルクではスイーツとドイツワインの会を開きまして、その感想をブログに書いていますのでそちらも参考にしていただきたいです(こちらです)。
甘すぎるワインは甘いスイーツとは合いませんが、スイーツの甘さによっては甘口ワインと合わせることができます。その際にはワインの酸も重要となります。


ドイツワインショップ ヴァインベルク
http://weinbergwine.com/
オープン1周年記念のリースリング3本セットを2種類販売しています。
同じ期間、2月上旬まで代引き手数料無料キャンペーンもしています。



posted by ヴァインベルク at 01:18| 商品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする