2017年05月07日

テュンガースハイムを訪れて ビッケル・シュトゥンプ醸造所訪問2017年3月

今回はフランケンの醸造所ビッケル・シュトゥンプBickel Stumpfです。
2015年の冬に訪れたのはショップとゲストルームのあるフリッケンハウゼンFrickenhausenだったのですが(その時の記事はこちら)、醸造設備はテュンガースハイムTuengersheimにあり、この2つの地は地質が違い(ムッシェルカルクとブントザントシュタイン)、そのことをウリにしている生産者なのでテュンガースハイムにも行ってみたいと思い実現しました。
テュンガースハイムを案内するのは特別な人だけということでしたが受け入れてくださり感謝しています。
当主の娘で営業担当のメラニーはフリッケンハウゼンに住んでいますがこのために来てくれて、テュンガースハイムに住んでいる当主の息子で栽培、醸造担当のマティアスもボトリングで忙しい中対応していただきました。
フリッケンハウゼンはヴュルツブルクの南、テュンガースハイムは北に村があり35キロ離れています。共にマイン川沿いの小さな村です。


IMG_3372.JPG

テュンガースハイムの駅でメラニーと合流し、醸造所へ向かう途中で旧市街を通りました。
これは旧市街の入り口の門です。


IMG_3373.JPG

フリッケンハウゼンのほうが観光地としては華やかさがありますが、より古い建物でこじんまりとしていて趣がありました。
どちらも小さい集落だったのですが、フリッケンハウゼンは川と丘の間の平地は少なくて住居にできる土地が狭いけれど、テュンガースハイムは土地があり、畑がどんどんなくなり旧市街のまわりにどんどん住居が増えているそうです。ヴュルブルクからも通勤が容易な距離で土地代も安いから人気な場所だそうです。


IMG_3381.JPG

醸造所でマティアスと合流して3人でベンツのトラックに乗り畑を案内してもらいました。
テュンガースハイムの中心の畑はヨハニスベルクJohannisbergで、急斜面の部分がたくさんあり、それらの最良な部分にはジルヴァーナーが植えられています。ビッケル・シュトゥンプのジルヴァーナーは樹齢30年から50年くらいのが多いそうです。
モーゼルやラインガウの良い畑にはリースリングが植えられているように、フランケンではジルヴァーナーが植えられています。
古くなり植えかえられている区画がいくつかあったのですが、どこもジルヴァーナーが植えられていると言っていました。
フランケンは品種の多様性も魅力だと思っているのですが、日本人が思っているよりもフランケンの人はジルヴァーナーに思い入れがあるような気がしました。
ビッケル・シュトゥンプは緩やかな丘や平地には赤ワイン用のぶどうも植えています。エアステ・ラーゲのシュペートブルグンダーや4種類の品種のブレンドのロート・ヒューゲルもテュンガースハイムの畑のぶどうから造られています。


IMG_1089.jpg

マティアスと。写真を撮る時にドイツの生産者には「リースリーング」と言われることが多いのですが、フランケンなのでジルヴァーナーとメラニーが言っていて笑っていたのです。
前日までモーゼルにいたので、急斜面がモーゼルっぽいだろと言われたのですが、モーゼルやラインガウよりもヴュルテンベルクに雰囲気が似ていると感じました。ヴュルテンベルクのクナウスが所有するヴァインシュタットも丘がいりくんでいて似ているのです。ヴュルテンベルクとフランケンは形成された地質年代は異なりますが三畳紀に分類されていて同じような地形の成り立ちだからかそう感じたのだと思います。


IMG_3387.JPG

テュンガースハイムの地質はブントザントシュタイン(雑色砂岩で)、地質の色で地面が赤く見えるところもあります。
しかし標高の高いところはこのように白くなっているところもあります。頂上のところにはムッシェルカルク(貝殻石灰質)の岩があり、その砕かれた石が転がっているのです。
ヴュルテンベルクでは同じ畑でも標高によってコイパーの中でも形成年代が異なり地質が異なるように、フランケンでも同じようなことがあり、このテュンガースハイムはムッシェルカルクとブントザントシュタインの境の場所なのです。
地面の下のほうはブントザントシュタインだけれど上の層はムッシェルカルクというところもあり、樹齢が若い樹は特にムッシェルカルクの影響が強いという区画もあると思います。
この畑は何の土壌、と一言で表しても、単一でない場合には区画や樹齢などによっては代表的ではない要素が含まれることもある、というのがよくわかる例となりました。
ビッケルシュトゥンプのジルヴァーナー・ブントザントシュタインのワインはブントザントシュタインの影響がわかりやすく出ているように感じました。


IMG_3378.JPG

醸造所に戻り樽試飲をしました。木樽は1000リットルの古樽です。
樽は外に出していて、シュポンターン(自然発酵)でまだ発酵しているものの活動を促すために冬を越すと少し気温の高い外に置いておくそうです。
2016年産からはテュンガースハイムのリースリングからもGGをリリースするそうです。ジルヴァーナーもフリッケンハウゼンだけでなくテュンガースハイムで上のクラスのもリリースしたいと言っていました。まだ若い樹のがもっと良い質になってきてからということだと思います。


IMG_3401.JPG

室内にはステンレスタンクがたくさんありました。この他にもまだあります。
左のタンクは、トゥウェンティ―シックスなどブレンドでリリースしているワインを、別々のタンクで発酵させていたものを一緒にする時に使用しています。そこに入っていた2016年産の26ロゼも試飲しました。2015年産はシュペートブルグンダーのみでしたが2016年産はブレンドだそうですが、味の違いはあまりわかりませんでした。2016年産のほうが少しだけ甘く感じたというくらいでした。
ジルヴァーナー・ブントザントシュタインのワインは2つのタンクのをブレンドしているとのことだったのですが、別の区画ということだったのですが、残糖感や果実味がかなり異なっていて驚きました。この違いで深みを出しているということでした。
この日の数日後にブレンドしてボトリングすると言っていました。


IMG_1108.jpg

2人のお父さん(当主)もいらしていて対応してくださいました。
こうやって歓迎していただけるのはとてもうれしいし、がんばってビッケルシュトゥンプを売らなくてはという気持ちになります。


IMG_3410.JPG

ボトリングなどの準備で大変な男性2人とは醸造所でお別れして、メラニーとヴュルツブルクに行き昼食を一緒に食べました。
私はこちらの地方の伝統的な野菜と共に食べるボイルしたソーセージを注文しました。ヴァイスブルストとふつうのソーセージの中間くらいという印象を受けました。
メラニーは生の牛肉をたくさんの香辛料を混ぜて食べるタルタルステーキを注文していました。たまに食べたくなるそうです。
メラニーとゆっくり会話するのは初めてだったので色々と話ができたいし彼女の性格もわかってよかったです。他の醸造所の女性とは全く異なるタイプということがわかりました。アイフェルのアレキサンドラ同様、彼女も数年前に出産し育児と仕事の両立をしています。
兄弟の対比も面白かったです。メラニーは愉快でちょっと抜けいているかんじがあり、マティアスはストイックでワイン造りが全ての中心、といったかんじで、この2人の組み合わせがいい方向に向かせている、ということを感じました。


IMG_1112.jpg

連れ来てもらったレストランは観光名所になっている橋のところにあります。立地だけでなく料理もワインも質が良いのでまた来てみたいと思いました。
ここでメラニーとお別れしました。彼女は南のフリッケンハウゼンに戻っていきました。
ビッケルシュトゥンプでどのくらい時間をとるかわからなかったので、この日はヴィースバーデンに戻る時間までは他に予定を入れていなったのですが、4時間くらい時間があったので、久しぶりに世界遺産のレジデンツの中を見学したり、ユリウスシュピタールの居酒屋でゼクトとスープを楽しんだり、ビールを飲んだり、といつもぎちぎちなスケジュールなので久しぶりにゆったりとした時間をドイツですごすことができました。予約していたICEの運行がキャンセルになっているというハプニングはありましたが、事前にネットで気がついたので大きな支障はなくヴィースバーデンに戻ることができました。
1日もいないフランケンでしたが、充実した時間をすごすことができました。


今回紹介したビッケルシュトゥンプからは4種類のワインが入荷してネットショップに掲載しています(newとなっているのが新入荷です)。
http://weinbergwine.com/24.html
どのワインもタイプが異なり魅力的なワインです。
ジルヴァーナーは2014年産はブントザントシュタインのみ輸入しましたが、今回の2015年産は同格のオルツヴァインのムッシェルカルクもブントザントシュタインと共に入荷しています。

5月13日の新宿リースリングで15時から17時まで開催するヴァインベルクの試飲会でもこれらの4種類はお飲みいただけます。
事前申し込みは不要ですのでお気軽にお越しください。詳細は下記をご覧ください。



ドイツワインショップ ヴァインベルク
http://weinbergwine.com





posted by ヴァインベルク at 20:35| 醸造所紹介 | 更新情報をチェックする

2017年05月04日

シュヴァイッヒャー・アンナベルクの畑を訪れて ベルンハルト・アイフェル醸造所訪問2017年3月

今回はモーゼル中域、ピースポートより上流(トリアー寄り)のトリッテンハイムTrittenheimに醸造所のあるベルンハルト・アイフェルBernhard Eifelです。

この醸造所も何度も訪れているのですが、トリッテンハイムからは離れている所有する畑シュヴァイッヒャー・アンナベルクSchweicher Annabergに寄りたいとリクエストしてこの畑を見るところからスタートしました。この畑には一度、現当主のアレキサンドラの旦那さんと訪れているのですが(その時の記事はこちら)、この畑のワインにはかなり思い入れがあるのでもう一度訪れたいと思いリクエストしたのです。アイフェルのワインは、トリッテンハイムのワインだけでなく、この畑のワインも素晴らしくて気に入っています。著名な生産者があまり所有していないのであまり知られていないのですが、アンナベルクはかなりポテンシャルの高い畑なのです。
畑から一番近い鉄道の駅であるシュヴァイッヒSchweichでアレキサンドラと合流し、モーゼル川沿いの畑に向かいました。


IMG_0990.jpg

モーゼルらしい、蛇行するが川と急斜面の畑が広がっています。ここにいるだけで喜びに満ちてきます。


IMG_0984.jpg

どれだけ急斜面かがこの写真でおわかりいただけるかと思います。

ベルンハルト・アイフェルではいくつかの区画を所有していて(全てリースリングです)、それぞれ樹齢が少し異なります。一番古いところ(最初の画像)は樹齢が100年を超えていて、他の区画もほとんどが60年から80年の樹齢で、大半はフィロキセラの害を逃れた自根です。収穫量が多く出来がとてもよいヴィンテージは、樹齢の一番古い区画のみで畑名のGGクラスのワインとしてリリースしていて、その他の自根のエリアのぶどうがヴルツェルエヒテWurzelechteのワインになります。それらのエリアでも早積みしたぶどうや樹がダメになり植え替えた樹からのぶどうはロートリンゲンデンRotliegendenのワインになります。ベルンハルト・アイフェルでは自然発酵なので発酵はコントロールしない醸造なのですが、彼女らのこの畑のワインはどれもトロッケンの規定よりも少しだけ残糖のあるワインとなります。しかし土壌由来で複雑みとボリューム感があるので甘いと感じるわけではなくとてもよいバランスのワインに仕上がっています。
また、それぞれの畑でアウスレーゼもリリースしているのですが、それは区画ではなく、ボトリティス菌がついて、クリーンな味わいにしたい辛口系には混ぜたくないということで、目視でのけて辛口系用のぶどうは収穫しその後にさらに熟したぶどうからアウスレーゼを造っているのです。今はアウスレーゼより上のクラスのワインはリリースしていなくて全てアウスレーゼの中に含まれるので、他の醸造所のベーレンアウスレーゼ、トロッケンベーレンアウスレーゼのクオリティ(貴腐ワイン)に近いです。価格もBA、TBAに比べればかなり安価です。

一番樹齢が古いエリアは栽培方法は棒仕立てなのですが、その他は異なる仕立て方をしていると聞きました。樹にとっての最適な仕立てという他に、急斜面の中でいかに労働しやすいかということを考慮しながら仕立て方を考えているとのことでした。ミュレンもですが、100年前後のは棒仕立てでないとだめなそうですが、もう少し若いと応用がきくようで、醸造所ごとにいろいろなやり方をしていることがわかりました。

前回投稿したミュレンのパラディースの畑とは異なり、この畑は地面は土で覆われていますが、30cm下からは同様のシーファー(粘板岩)です。上のほうは土がないところもあると言っていました。
こちらの畑では転んでしまいました。石よりも土のほうが滑りやすくて危険ということを身をもって感じたのでした。


IMG_1003.jpg
 
アンナベルクの隣の畑はロングイッヒャー・ヘレンベルクLonguicher Herrenbergです。画像ではわかりづらいですが、別々の丘になっていて、上流がアンナベルク、写真を撮っているところがヘレンベルクです。
こんなに近くても土壌が異なりワインの味わいにも差が出るのがドイツワインの面白いところです。アンナベルクは赤色シーファーRoten Schieferで、ヘレンベルクは青色に少し赤色もお混ざっているシーファー土壌です。アンナべルクは火山の噴火の影響で赤くなっていて、地質年代も異なるのです。


IMG_1004.jpg

ヘレンベルクもアンナベルクと同様に急斜面です。
この畑のワインからは黄色いラベルのAlex Eが造られていてこちらもトロッケンではなくファインヘルプになります。


IMG_3268.JPG

醸造所には、畑の土壌を縦にくり抜いたものものが展示されています。
左からヘレンベルク、アンナベルク、アポテーケ(トリッテンハイム)の土壌で、これを見ると石の色が異なるのがおわかりいただけるかと思います。
アンナベルクは他に比べて石が砕けず大きめなようですが、こういう状態でも樹齢100年の樹は10m下まで根を張っているそうです。その話は初めて聞いて、そこまでとは思っていなかったので驚きました。リースリングは生命力が強く、だから果実味と強さのあるワインができるようになるのだなあとあらためて思いました。その上繊細さもある味わいになるので、ドイツの急斜面に向いてるぶどうとなっているのは必然的なのだなあと。


IMG_1017.jpg

今回は都合が合わずゲストハウスには宿泊しなかったのですが、ご家族にお会いできてよかったです。
試飲の時にはお父さん(前当主)に地下のケラーに行って2016年産の樽に入っているワインをとってきてもらったりもしました。
一通り試飲しましたが、2016年産もよかったです。この造り手は、ヴィンテージで収量の差はあると思ういますが、それぞれのワインはヴィンテージにあまり左右されず安定しておいしいのも特徴です。2016年産でもう4年目のヴィンテージになりますが、そのことは確信したので毎年ほぼ同じワインを注文しています。その中で、試飲した中でそれら以外でもこの年はよかったというものをさらに1種類注文する、というスタンスにしています。
ただ、バイヤーは同じ傾向のワインが好きなようで、年々売り切れるタイミングが早くなってきているワインが増えているようで、早めに動ぎださないとということも気づかされました。オランダのバイヤーは試飲しに来て、気にいった一樽を購入していった、などという話も聞いたのです。

また、2015と2016、両方試飲できたものもあるのですが、ヴィンテージの差というだけでなく、アンナベルクの畑のワインは少し時間を置いたほうがよりよくなっているということを確信しました。その意見をアレキサンドラに伝えると、その通り、赤色粘板岩のこの畑のワインは少し時間が必要、と言っていました。時間といっても甘口のような長さではなく、ボトリングしてから1、2年してから、ということです。ドイツの辛口は、フレッシュなうちに早めに、というものが少なくないのですが、アンナベルクのワインは我慢して少し待っていたほうがよいのです。


IMG_3271.JPG

今回も試飲の後はアレキサンドラと一緒に食事を食べました。前回も訪れたイタリアンでランチです。今回はグラタン風のパスタにしましたがおいしかったです。ただ量が多すぎて途中から少し飽きてはきましたが。
今回も知らかった話など色々と聞けてよかったです。2児の母であり、醸造所のマネージメントと栽培に加えて、夫のクリストファーの家系もワインを造っていて(今のところは別の畑で醸造も別々です)、そちらのことも関わっていたりと、パワフルに活動していて尊敬します。そんな中毎回僕のために時間を作ってくれて感謝しています。


IMG_1045.jpg

トリアーに戻るバスまで時間があったので散歩すると言ったら、車でしか行かないであろう場所まで連れてきてもらい、そこから歩いてトリッテンハイムの村まで戻るということにしてアレキサンドラとそこでお別れしました。
アイフェルの所有していない畑なので今回はその写真は載せませんが、機会があればその写真も掲載します。上の画像はそこからトリッテンハイムの村に戻るところです。アーモンドも咲いていました。正面の斜面がアポテーケで。こちら側はアルテーヒェンです。けっこう広い畑で斜面の部分もあり、リースリング以外にヴァイスブルグンダー(ピノ・ブラン)、グラウブルグンダー(ピノ・グリ)も栽培されています。


IMG_1051.jpg

アポテーケTrittenheimer Apothekeの畑は、いつも橋の周辺から通っているのでたまには別のところからのを掲載します。


IMG_1062.jpg

モーゼルの産地の写真だとよくこの場所からのが使われているのですが、この畑の上の部分を路線バスが通っていて、簡単にこういう写真をバスの中から撮ることができます。川の右がアポテーケ、左が斜面も含めてアルテーヒェンです。

トリッテンハイムは何度来ても飽きません。車がないと少し行きづらい場所ではありますが、モーゼルに来る際はぜひ訪れていただきたい土地です。



ベルンハルト・アイフェルのワインはこちらから

ドイツワインショップ ヴァインベルク
http://weinbergwine.com


続きを読む
posted by ヴァインベルク at 00:26| 醸造所紹介 | 更新情報をチェックする

2017年04月30日

モーゼルの知られざる急斜面の畑 マルティン・ミュレン醸造所訪問2017年3月

今回はモーゼル中域トラーベン・トラーバッハTraben-Trarbachに醸造所のあるマルティン・ミュレンMartin Muellenです。
ヴァインベルクを始めてからドイツに来るたびに訪れているのでもう5回目の訪問となりました。
2015年の時にはヒューナーベルクの畑を訪れたのですが、今回はもうひとつの彼のフラッグシップの畑であるKroever Paradiesの畑を訪れたいリクエストを事前にメールで出していました。ということでトラーベン・トラーバッハの駅で待ち合わせをして当主のマルティンMartinと再会し車でパラディースの畑へ向かいました。
パラディースはトラーベンより上流にあり、少し離れたところにあります。村としてはヴォルフWolfよりさらに上流側です。ベルンカステル、ユルツィッヒ方面から車や船で何度か通っていてこの畑だというのはわかっていたのですが、メインの通りは反対岸なので畑に来るのは初めてでした。


IMG_3177.JPG

この小さい村の中を抜けて川沿いの小道を少し進むと畑にたどり着きます。この辺は花が咲いていて(おそらくアーモンド)、この時期に通るのが楽しみとマルティンも言っていました。


IMG_3185.JPG

パラディースと名の付く畑は反対岸にもあるのですが、急斜面でなかったりシーファーの土壌でなったりしていて、こちら岸の畑を所有しているのはマルティン・ミュレンのみです。南西向きの川沿いの急斜面のシーファー土壌のパラディース(楽園)の畑を所有しているのは彼のみなので、他の生産者のパラディースとは全く異なるワインなのです。同じ畑名でも生産者が持ってる区画でテロワール、質ともに全く異なる、という代表的な例です。
反対岸のパラディースはこの写真では写していません。手前の斜面はシーファー土壌のシュテッフェンベルクSteffenbergとレッターライLetterlayで、蛇行している部分はヴォルフの畑ですがミュレンは所有していません。


IMG_3179.JPG

反対岸から見るより高さはありました。上の岩からシーファー(スレート、粘板岩)土壌というのがおわかりいただけるかと思います。
この写真のエリアはほとんどが樹齢100年後のリースリングが植えられているとさらっと言っていました。一番古いのは110年だそうです。ヴルツェルエヒテWurzelechte(フィロキセラの害を逃れた接ぎ木していない樹)なの?と聞いたらそうだと返答が。そういうところも売りにできるのにアピールしていないのも彼らしいと思いました。

この中に数本だけジルヴァーナーが植わっていて(樹齢100年!)、収穫したら彼のお母さんがスープに入れるとか、ここに生えるハーブがおいしいとかいう話を聞きながら畑を見てまわりました。


IMG_3209.JPG

下流寄りに移動した部分です。あきらかに石(シーファー)の大きさが異なるのがおわかりいただけるかと思います。
こういう区画や赤色や青色、酸化した石が混ざっている区画があったりと部分ごとに条件が異なるのです。JippiやDeareとワイン名につけていますが、それは彼がつけている区画の名前なのです。話はpには聞いてみましたが、実際に違いの説明を聞いて味わいを思い浮かべるとなるほどとそれぞれの個性を納得することができました。
こういう微妙な違いで、水はけ、温度、保湿状況が異なり、ぶどうの実にも違いが表れます。それをわかって区画ごとに収穫して別々に醸造、発酵をしているのでそれぞれの個性が出るのです。
どれも自然発酵なのですが、同じ遅摘みでも、この区画の違いによりトロッケンまで発酵したり途中で発酵が止まり甘口になったりするのは興味深いことです。
と、パラディースの中でも細かい違いはあるのですが、パラディースの畑のほうが果実味が出る味わいになっていて、ヒューナベルクのほうが複雑みのある味わいになる傾向にあります。


IMG_9897.JPG

これは昨年撮ったものです。反対岸からのです。岩のある写真のが右側で、石が細かいのは左のブロックの左端です。この左側にももう少し畑はあります。



IMG_3216.JPG

わりとこの辺りは樹齢が若い(といっても30年から50年)区画なのですが、異なる栽培方法を試しています。
伝統を守りつつも、よりよくしようと新しいチャレンジを試みる彼の姿勢がこういうところからも伝わります。


IMG_3224.JPG

一通り見てから彼の住居兼ゲストルームへ。
知らない人の方のために書くと、この100年前の畑名と良し悪しのわかるモーゼル川周辺の地図の彼の所有する周辺の部分を彼のワインのラベルにしているのです。
途中で奥さんにも会いました。昨年、大きな病気をして入院していて、退院後も少しも家を出ることができなかったそうなのですが、今年になって散歩もできるようになったと聞いて安心しました。再びお会いできたのが嬉しかったし、奥さんの様子を嬉しそうに話す彼を見ても安心しました。


IMG_3238.JPG

いつものようにたくさんの種類を試飲しました。先に書いたようにパラディースの畑でもカビネット、シュペートレーゼ、辛口から甘口まで別々に造っていてたくさんの数があり、他の畑でも同じようにしているので年間膨大な種類をリリースしています。
そして全てをすぐに販売するのではなく、熟成させたほうがよいと思うものは少し置いてから販売を開始する、というのもマルティン・ミュレンの特色で、色々なヴィンテージのワインを試飲することができます。
今回は2015年を中心に選んでくれましたが、2000年代、1990年代のもいくつか試飲させてもらました?97年のトロッケンが素晴らしくて、買って持って帰りたいと言ったら、別のところに保管してあるから無理、また今度、と言われました。彼にとってもとってもおきでお宝なようでした。
通常の輸入は価格の面と数量が少ないのでできないのですが、ワイン会にということで93年のアウスレーゼを購入し持って帰ってワイン会で提供したのですが、甘みは強くないけど奥行きと落ち着きのある味わいで参加者にとても好評でした。
若いワインでもどれも素晴らしくて、それぞれに個性があり、次回のオーダーでどれを輸入することにするかとても悩んでいるところです。どれもおいしい、というのはそれそれで輸入者にとっては悩みの種です。価格や料理との相性を考えながら選びます。
このワインは、数日前にロバート・パーカーが来た時に開けたワインだ、とかテクニカルな話以外にもたくさんのことを話しました。

IMG_3242.JPG

彼は毎回、私と同じ量をグラスに注いで一緒に飲みます。それを3時間くらい続けているのでマルティンも私も後半はほろ酔いです。飲み仲間というかんじで会話をしています。写真は、彼も酔っているので車ではなく徒歩で駅に一緒に行ってくれるという時の写真です。販売用とは別に個人用に購入して持って帰るワインを持ってくれています。この表情が物語っているかと思います。僕といることをとても喜んでいるのがよくわかって、それがとてもうれしいです。少年のような純粋さがある彼自身が大好きだし、彼の造るピュアなワインももちろん大好きです。


マルティン・ミュレンのワインはこちらから

ドイツワインショップ ヴァインベルク
http://weinbergwine.com



続きを読む
posted by ヴァインベルク at 19:27| 醸造所紹介 | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

変わらない情熱 ファルケンシュタイン醸造所訪問2017年3月

3月でのドイツ訪問記、北海道出張などで時間がなく中断していましたが再開します。
今回はザール(モーゼル)のファルケンシュタインHofgut Falkenstein醸造所です。

プロヴァイン3日目は3時間だけで会場を後に、列車を乗り継ぎモーゼルに向かいました。荷物などもそのままで醸造所に向かうことにしていて、コブレンツからのREで最寄り駅であるKonzに向かい、ヨハネスと再会しました、
いつもは畑を見て回ってから醸造所(兼自宅)に向かっていますが、説明は一通り聞いているしまだ葉も出ていない状態なので今回は醸造所に直行しました。
ファルケンシュタインのワインをアメリカに輸入している手助けをしているラースとアメリカでインポーターをしている人と合流しケラーに向かい、まだ木樽に入っている2016産を試飲しながら会話をしました。
ファルケンシュタインを立ち上げたのはヨハネスJohannesのお父さんエリッヒErichですが、今は営業関係はヨハネスが担当し、エリッヒは畑仕事に専念しているとのことで、今回もヨハネスとの時間をすごしました。。


IMG_3114.JPG

アメリカのインポーターは、まだファルケンシュタインのワインは輸入していないので、一通り説明しながら、トロッケンから甘口のアウスレーゼまでのリースリングを試飲していきました。
栽培はほぼビオで、手をかけて丁寧に育てあげ、糖度が高くなるのを待ちなおかつ健全なブドウを選び収穫し、プレスにも気を使い、重力でケラーに果汁をうつし、木樽に入れてからは何もしない、というのを丁寧になおかつ情熱的に彼らの哲学と気持ちが伝わるように説明していました。
木樽は大半は10年以上使用しているもので、どの樽にはどの畑のどのタイプの果汁がよいかのいうのを把握していて選んで使用してます。大きいいのがモーゼル伝統的な大きさの1200リットルで、中には半分の大きさのものもあります。大きさで味わいを変えるというよりは収穫量の少なかった区画のものが小さいに樽に入っています。


IMG_3118.JPG

2016年産は、春から夏の雨でカビなどの被害があり生産量は減りましたが、収穫時期の天気は良く、収穫できたものはクオリティの高いぶどうだ、ということは取引をしている醸造所はどこも言っていたのですが、ファルケンシュタインもそのとおりでどれも素晴らしいワインになっていました。新しい畑のワインも、彼らの新しい方向性が見えていて興味深かったです。
ただ、2016年産は暑い夏でボリュームのあるワインになった2015年産よりは収穫する時の糖度は低めで、2015年は辛口も含めて大半はシュペートレーゼの等級でリリースしていたのですが2016年産はカビネットが多くなっています。それでも酸と果実みのバランスが素晴らしいのは変わりありませんでした。個人的にはトロッケンよりもファインヘルプと甘口が特に好みでした。
中にはプロヴァインでたくさん試飲をしてるにもかかわらず、鳥肌が立つほど感動したワインもありました。そういったワインも含めて3、4種類程度が秋ごろに日本に入ってくるので楽しみにしていてください。
より多くの人にファルケンシュタインのワインを飲んでいただきたいということで、少しずつの量でたくさんの種類を輸入するのではなく1種類ごとの量を多くする、という方針にしていたので、しぼりこまなくてはいけないということを考えながら試飲していたのですが、どれも良いワインで悩みました。その上、予約がたくさん入っているので、数日以内に種類と数を教えてほしいと言われていて、帰国前に種類と数量を決めて予約のメールをドイツでヨハネスにしたのでした。


IMG_0966.jpg

アメリカのインポーターに対し、情熱的に流暢な英語で語るヨハネスは、ヴァインベルク店主といる時とは別の雰囲気だったので新鮮な感覚でした。
あとでヨハネスと2人になった時にそのことを話したら、アメリカは重要なマーケットだから英語は習得したしビジネスとしてがんばっている、と言っていました。事実、その時点で予約されているワインの大半はアメリカからのオーダーなのです。


IMG_0915.jpg

外の写真はほとんど撮っていませんでした。奥に写っているのがワインラベルにもなっているファルケンシュタインの建物ですが、2年前に火事になって一部を改装工事していたのですが、今回訪れた時にはきれいになっていました。
この画像には2匹の猫がいます。

ゲストルームで、お土産を渡してからすでにボトリングされている2種類を飲んで、シュペートブルグンダー(ピノ・ノワール)の樽試飲をしにケラーまで戻ってから、夕食を食べに向かいました。
ザールブリュッケン、アイルとおすすめの店がお休みだったので、トリアーでの夕食となりました。


IMG_3130.JPG

私はトリアーには何度も訪れていますが、このレストランは初めてでした。
トリアーはローマ人にいよる遺跡が数多くあり、料理もイタリアンの影響を受けているものを出しているレストランが多くあります。このレストランもいわゆるトリアーの伝統的な料理を提供していて。私はリゾットの上にチキンのローストがのっているものを食べました。ヨハネスはサーモンです。量は多かったですがおいしかったです。
頼んだワインはファルケンシュタインではないのですが、ドイツワインのガイドブック「ゴーミヨ」で2015年産がファルケンシュタインと共にかなり高い評価を受けたモーゼルの造り手のファインヘルプを選んだのですが、ヨハネスの感想が聞けたのは興味深かったです。テロワールが異なるので自分のワインとは全く違う方向性だけどいいワインだと言っていました。

今回は5時間くらい一緒にいて色々な話をすることができました。日本にも来てみたいと言っていたので、日本のことや日本での料理とファルケンシュタインのワインの相性のことなども話しました。
駅で会った時から冗談をいっぱい言っていてたくさん笑ったのですが、ワインの話になると真剣になり彼の情熱を直に感じることができました。
ゴーミヨで、95点をはじめ軒並み高得点がファルケンシュタインのワインについて、ファルケンシュタインは有名になったのですが、彼らは何も変わっていないというのが、会う前からわかってはいましたが実際にそのことが伝わりました。
そしてヨハネスはまだ30歳になっていませんが、しっかりしているなあと。たまに見せるお茶目な部分も含めて素敵な好青年です。


今回は畑は散策していないので、畑の様子やこの醸造所のことを知りたい方は過去の投稿をご覧ください。
2016年6月
2015年11月
http://blog.weinbergwine.com/article/432020116.html


現在販売しているファルケンシュタインのワインは2015年産は4種類ですが、ファインヘルプはかなり数が少なくなっています。ゾンネンベルクのほうはあと数本しかなく、ヘレンベルクもWines of Germanyの今飲むべきドイツワイン15選に選ばれたこともあり、早々に在庫がなくなってしまう可能性が高いです。
2016年産が日本に届くのは夏以降になりますので、興味を持った方は2015年産をご購入ください。


ドイツワインショップ ヴァインベルク
http://weinbergwine.com


posted by ヴァインベルク at 23:33| 醸造所紹介 | 更新情報をチェックする

2017年03月03日

クナウス来日での総括 真摯にワイン造りに取り組む彼から感じたことなど

クナウスの当主アンディが来日し5日間一緒にしました。その中で彼のことや彼が造るワインのことをより知ることができ、その中で感じたこともたくさんありました。そういったことを少し書きたいと思います。

まず、彼のワイン造りのスタイルですが、オーガニックの栽培ということはキーワードになります。彼がオートストリアで勉強と研修をした2000年代後半からオーガニック栽培に転向し始めます。そして来年にはEUのビオ認証も取得予定だそうです。ビオロジックによる栽培をしています。
ビオのグループの認証はとらないの?と質問したらそれは自分にとっては意味がないことだ、という答えが返ってきました。ブランドは必要はなく、ビオ栽培であるということがわかればいい、という姿勢が伝わってきました。

クナウスでは亜硫酸無添加のトロリンガーなども造っていて、いわゆる自然派ワイン、ヴァン・ナチュールの手法にもチャレンジしています。昨年クナウスを訪れた時には、この傾向が今後強くなっていくのでは、と感じ、今の彼のワインが好きなので、今後変わっていくとなるととヴァインベルク店主はちょっと不安になっていました。
今回の来日で色々と話を聞くと、亜硫酸無添加などのワインは、生産量の10%程度で、自分はそういうワインも好きだがこれ以上その割合を増やすことはない、とのことでした。醸造所全体としてその方向を向くのではなく、一部分としてやっていること、そして今後もチャレンジは続けていくとのことでした。
亜硫酸無添加のワインは、トロリンガーが一番リスクが少なく、アメリカで人気があったりデンマークのレストラン、ノーマでもこのトロリンガー Without allはオンリストされていて、軌道に乗っています。
レンベルガーも2015年産からは、トロリンガーよりも生産量は少ないけれど販売を開始したそうです。リースリングは、今までもチャレンジしているけれどなかなかうまくいかずに難しいとのことです。2016年産はクヴェウリのような容器で熟成させているそうです。

アンディと話していて感じたのは、ブランド力を高めるなどマーケティングを考えてのワイン造りをしているのではなく、彼の造りたいものを純粋に追い求めて造っているということでした。彼との会話からはそのことを強く感じました。
品種や質ごとに樽の大きさを変えて発酵、醸造をしていたり、新樽も一部使っていたりするのは、純粋においしいワインを作りたいために考えてのことだということがよくわかりました。また、彼は勘が鋭くセンスがよいので、これらのやり方がいい方向に向かっているということも感じました。
彼はワインが大好きで、ワイン造りに全てを捧げているといっても過言ではないと思いました。
アンディは冗談をたくさん言うし気さくな人柄なのですが、ワインの会話になるとスイッチが入り雰囲気が全く異なり、そして自分のワインについて熱く語ります。

アンディが一番好きな品種はレンベルガー(オーストリアではブラウフレンキッシュと呼ばれる品種)です。クナウスでは他のヴュルテンベルクの醸造所同様に赤ワインの比率が高いのですが、その赤ワインの中でも栽培面積のの3分の2程度がレンベルガーだということは驚きました。でもたしかに、軽やかだけど濃さもあるG、より凝縮感のある、濃厚だけれどなめらかさもあるR、と全くキャラクターの異なるワインを造ることができなおかつどれも素晴らしい品質なので、重要な品種ということはよくわかります。シュペートブルグンダー(ピノ・ノワール)とは異なる魅力があり、年々注目度も上がっている品種で、これからもっと話題になってくる品種だと思っています。
ヴァインベルクで扱っているレンベルガーGは、同価格帯のピノ・ノワールよりもクオリティが高く、様々な用途でお飲みできるタイプで、実際かなり売れていて手ごたえを感じています。

一方、ヴュルテンベルクではトロリンガーも多く飲まれていて栽培比率はレンベルガーと同じくらいなのですが、こちらはクナウスでは赤ワインの10%程度だそうです。とはいえ、タンブラーでがぶ飲みするようなワインになる少し残糖あるタイプのトロリンガーが多い中、トロッケン(辛口)仕立てのトロリンガーは他にあまりなくそしてクオリティがとても高いです。以前からヴァインベルクのお客さんではこのトロリンガーSの人気は高かったのですが、今回の来日で色々なタイプの日本食と合わせましたが、このワインと日本との相性の良さが証明される結果となりました。全体としての生産量は少ないですがヴァインベルクとしては毎年一定量を確保して輸入したいと考えています。

彼と、どっちのワインがより好みか、などというやり取りをしていたのですが、少しずつ好みがヴァインベルク店主と異なることがわかりました。とはいえ、それはどちらかといえば、という話で、どちらもクオリティが高いのには変わりなく、少しずつ好みが異なるからこそ、幅広いタイプをヴァインベルクとして輸入して販売できている、ということを考えました。全く同じ好みだと傾向が似てきて狭くなり、たくさんの人に気に入ってもらえるのは難しいのかも、と思ったのです。
ワインに対する考え方やとらえ方の方向は一緒で、その中で好みが少し違う、ということはヴァリエーションをもたせるためにも良いことだと思っています。
ヴァインベルクが取引している造り手(定期的に取引しているのは7か所)はそれぞれ好みや考え方が少しずつ違うので、そのことがヴァインベルクの商品の幅を持たせている、ということもこのことで考えたのでした。


今回の来日はヴァインベルク自身にとってもとても勉強になり良い経験となりました。
ワイン会の参加者からの質問では今まで聞いたことがない話も聞けましたし、彼の姿勢や哲学という部分もよい感じることができました。
ずっと一緒にいると彼自身の人柄がわかってくるのですが、けしてとてもいい人とは言えない部分があったりと、そういうところも見えたのはよかったなあと思いました。
タイプが似ているというのはお互いが感じていて、今後の交流もうまくいくのではと思いました。

彼は日本をとても好きになってくれたので、またみなさんとお会いする機会があると思うので楽しみにしていてください。

IMG_0896.jpg


クナウスのワインの魅力がわかる6本をお得な価格でセットにしました。
2014と2015年のリースリングG、GとS、格の異なるレンベルガー、Sと亜硫酸無添加のトロリンガー、それぞれ2種類で比較できる内容としました。このセットのみの解説も添付します。

クナウス6本セット ヴァインベルク3周年記念 14,500円



クナウスのワインの単品でのご購入はこちらから


ドイツワインショップ ヴァインベルク
http://weinbergwine.com

posted by ヴァインベルク at 17:15| 醸造所紹介 | 更新情報をチェックする