2018年04月15日

天ぷらの会などのワイン会の様子と今後のワイン会、セミナーのお知らせ

ヴァインベルクではさまざまなワイン会を行っています。
その様子をざっとお伝えします。

先日の会は赤坂の和食とワインのお店茜坂でテーマは天ぷらで行いました。


IMG_8036.JPG

天ぷらは一つずつ順番に揚げて提供していただき、ワインはある程度このあたりがよいというのを考えていて、ずらしながら提供していきました。
一つずつの組み合わせを楽しんでいただくのと同時に、なぜこのようなワインが天ぷらと相性がよいのかというのを感じていただけたと思います。また、この組み合わせが合いそうという話も事前にしていましたが、全てを検証しないからこそのよい組み合わせもあったと思います。
まずはマルティン・ミュレンファルケンシュタインのファインヘルプ2種類で山菜や筍。2つのタイプの違いを興味深く感じていただけたり、苦味と甘味の組み合わせのよさも体感していただけました。
玉ねぎ(淡路産)からは天つゆも出していただき組み合わせのヴァリエーションが増えました。
海老の身とシュピンドラーのGGクラスのリースリングは今回の中で個人的には一番幸せな気持ちになった組み合わせでした。果実味の濃さと海老の甘みが一つになってやさしい味わいとなっていました。
トロリンガーも天ぷらと相性がよかったです。素材そのものというよりは塩やタレをしっかりつけた方が合わせやすいと思いました。穴子と合わせた時が一番よかったです。
リューデスハイムのピノ・ノワールと蛤の手のこんだかき揚げとの組み合わせも印象的でした。画像の牛肉ともとてもよかったです。ドイツのじわっとうまみがあるピノ・ノワールだからこその相性だと思いました。
天ぷらだけでなく、出汁につけたアスパラとロゼのゼクト、お椀とお造りとジルヴァーナー(終売となりました)、稲庭うどんとピノ・ノワール、と出汁、うまみと相性のよいドイツワインというのを存分に体感し喜んでいただけました。

6月には新宿つな八別館つのはず庵にて天ぷらの会を開催予定です。詳細はこの記事の後半をご覧ください。



IMG_8031.JPG


IMG_8020.JPG



3月にはリースリング・トロッケン(辛口)のヴィンテージと熟成をテーマにしたワイン会を行いました。


IMG_7812.JPG


後半はヴァインベルクのワインではありませんでしたが、ヴィンテージによる微妙な違い、熟成による深みを体感していただき参加者の方に喜んでいただけました。
この会でも提供したモーゼルのベルンハルト・アイフェルのアポテーケ・トロッケンの2014年から2016年のヴィンテージ3本セットはあと数セット販売しています。


IMG_7723.JPG

ヴァインベルクではなく東京ドイツワイン協会の会ですが、ヴァインベルクのワインでファインヘルプ(中辛口、中甘口)をテーマにした会を開き、ヴァインベルク店主が説明もしました。
ファインヘルプといっても残糖や酸の量、土壌の条件などにより多種多様なものがあること、食事に気軽に寄り添えるタイプから辛口のグーロセスゲヴェックスGGのクラスの高貴なワインまで、色々とあることを知っていただけました。甘口のカビネットとの違いも体験していただきました。

ファインヘルプのタイプが、日本の方には受け入れやすく、日本の料理とあも相性がよいので、ヴァインベルクでは最も力を入れているカテゴリーです。
このタイプの話をするセミナー、ワイン会をご要望であれ全国どこにでも伺います。ご相談ください。ご連絡はお問合せページからお願いします。


2月にはオーストリアワイン、モルドバワインとのコラボ会をそれぞれ行い盛況でした。他の国との会はそれぞれのワインの魅力が違う角度から見えて面白いです。


それでは現在決まっている会をお知らせします。


5/19(土) シュパーゲル(白アスパラの会)@永田町ビッテ 18時開始 会費10,000


今年で5年目となる恒例の会となりました。ドイツの春といえばシュパーゲル(白アスパラ)です。

日本でも知られてきていますが、ヨーロッパ産の太い白アスパラの料理は一味違います。そしてドイツでも修行したビッテの日見シェフのシュパーゲル料理はドイツのレストランでもなかなか食べられないものです。今年はワインはジルヴァーナー、フランケンにはこだわらず、色々なタイプのワインをご用意します(フランケンのジルヴァーナーもリストには入れます)。

16名程度の会となります。

お席は埋まってきていますのでお早めにお申し込みされることをおすすめします。

https://www.facebook.com/events/129269734576169/



5/30(水) 帰国報告会@銀座ツークシュピッツェ 19時開始 会費7,500

4月後半のドイツ出張の話を中心に最近のドイツワインの話をしながら食事とワインを楽しんでいただきます。

ビールのインポーターの直営レストランですが、ドイツテイストがありワインとも相性の良い繊細な料理をお楽しみいただけます。

1、2種類ドイツから持ち帰ってきたワインもお出しします。

10名程度のアットホームな会となります。

ミニサイズのビールも最初にお出しします。

https://www.facebook.com/events/205485616850188/



6/17(日) 天ぷらランチ@新宿つな八別館つのはず庵 12時開始 会費8,000
ご縁でつながった天ぷらのつな八のお店でのランチ会です。ランチといえど上質な天ぷらとドイツワインをお楽しみいただけます。

14名程度の会で、ワインは6種類を予定しています。

この投稿をしている時点ですでに半分ほどのお席が埋まっています。

https://www.facebook.com/events/789645457895439/



それぞれの会のお申込みは、facebookをされていない方はヴァインベルクのお問合せページからお申し込みをお願いします。お名前と参加人数をお知らせください。こちらから返信いたします。



最後に田崎真也ワインサロンでのセミナーのお知らせです。

神谷町(虎ノ門)にある田崎真也ワインサロン(ワインスクール)にてドイツワインのセミナーを開催することなりました。

基本だけでなくそれぞれの国のワインの魅力をより知ってもらえる講座を企画し、6回にわたり異なる国をテーマにしたリレーセミナーということで、ドイツの会はヴァインベルク店主宮城が務めることとなりました。

等級や残糖の異なるリースリング、タイプの異なる赤ワインを中心に、スクールの講座では多めの10種類のワインを用意します。

教本にあるような用語の解説や産地、品種の紹介が中心ではく、ブレンドしているワインなども含めてドイツワインの今を知っていただける内容を考えています。

詳細、お申込みは下記のリンクをご覧ください。PDFファイルのチラシにはワイン内容も明記しています。

http://www.tasaki-shinya.com/winesalon/seminar/winesalon/tanki/v-germany.html
63日 15時から17時 田崎真也ワインサロン 受講料8,640円



よろしくお願いします!




4月19日から5月7日まではドイツ出張につき出荷を停止させていただきます。


ドイツワインショップ ヴァインベルク
http://weinbergwine.com



posted by ヴァインベルク at 19:09| ヴァインベルクお知らせ | 更新情報をチェックする

2018年03月31日

今後の会と新入荷ワインのお知らせ

今後のワイン会と新入荷のワインのお知らせです。

4/14(土) 天麩羅会席とドイツワインの会@赤坂、茜坂 1830分 会費13,000
日ごろからヴァインベルクのワインを扱っていただいている和食とワインのお店での会です。昨年に続き2回目のワイン会を開くこととなりました。

お店で初めての試みとなる天ぷら懐石での会となります。タイプの異なるドイツワインをグラスをいくつか並べながら料理とワインの相性をお楽しみいただけます。

12名定員ですが、このブログを投稿する時点でお席は残り2名となっています。お早めにお申し込みください。
参加
ご希望の方はまで茜坂までお問合せください。

https://www.facebook.com/events/155385848509241/


4/17(火) シュパーゲル(白アスパラの会)@永田町ビッテ 19時開始 会費10,000

https://www.facebook.com/events/171789306950680/


5/19(土) シュパーゲル(白アスパラの会)@永田町ビッテ 18時開始 会費10,000
https://www.facebook.com/events/129269734576169/


今年で5年目となる恒例の会となりました。ドイツの春といえばシュパーゲル(白アスパラ)です。

日本でも知られてきていますが、ヨーロッパ産の太い白アスパラの料理は一味違います。そしてドイツでも修行したビッテの日見シェフのシュパーゲル料理はドイツのレストランでもなかなか食べられないものです。

今年はワインはジルヴァーナー、フランケンにはこだわらず、色々なタイプのワインをご用意します(フランケンのジルヴァーナーもリストには入れます)。

4月は平日に8名程度、5月は土曜日に16名程度の会となります。

お席は埋まってきていますのでお早めにお申し込みされることをおすすめします。

facebookをされていない方はヴァインベルクのお問合せページからお申し込みをお願いします。お名前と参加人数をお知らせください。こちらから返信いたします。



IMG_1216.jpg


こちらは昨年の会の料理です。

今までの会の様子はこちらをご覧ください。




2月の初めに入荷したワインも好評です。シュピンドラーのヴァイスブルグンダー(ピノ・ブラン)、クナウスのソーヴィニヨンブランなどリースリング以外の品種も、飲食店などにとても評判がよいです。ファインヘルプ、ロゼ、赤などのテーマごとにまとめてお得な設定とした3本セットも好評販売中です。

http://weinbergwine.com/15.html


数種類ネットショップに掲載していなかった新入荷のワインも掲載しました。それらのワインをご紹介します。


イエズイーテンガルテン 2016 シュピンドラー(ファルツ) 6,000円(税込)

GGクラスのリースリング・トロッケン。重いようでドイツならでは果実味による軽やかさもあります。ドイツのリースリングにしかない高貴な辛口です。

http://weinbergwine.com/27_159.html

ゲヴュルツトラミナー アウスレーゼ 2012 シュピンドラー(ファルツ) 4,500

リースリング以外の甘口は初めて仕入れました。この品種の特徴の複雑み、広がりがありますが、造り手の個性と熟成によるきれいな味筋はヴァインベルクのワインらしさがあります。

http://weinbergwine.com/27_158.html

アウスレーゼ シュテッフェンスベルク 1993 マルティン・ミュレン(モーゼル) 6,400

25年熟成したリースリング甘口。直線的な甘みは抜けてきていますが深みがあり、熟成したリースリングならではの良さがあります。こういった熟成リースリングを飲まれたことがない方は、ぜひこのタイプの魅力をご体験ください。

http://weinbergwine.com/4_160.html

トロリンガー Pure 2016 クナウス(ヴュルテンベルク) 3,300

前回は葉っぱのラベルだった亜硫酸無添加のトロリンガーです。ヴァインベルクならではのヴァンナチュールです。

http://weinbergwine.com/22_157.html

ヒューナーベルク トロッケン 2009 マルティン・ミュレン(モーゼル) 6,000

こちらは再入荷のワインです。モーゼルのリースリングという枠を超えた素晴らしい辛口リースリングです。

http://weinbergwine.com/4_32.html



こういった内容は月1回配信しているヴァインベルクのメルマガでもお知らせしています。

メルマガの配信をご希望の方はこちらから会員登録をお願いします。



よろしくお願いします!



ドイツワインショップ ヴァインベルク
http://weinbergwine.com

posted by ヴァインベルク at 10:44| ヴァインベルクお知らせ | 更新情報をチェックする

2018年01月02日

新年のご挨拶と1月、2月のワイン会について

2018年もよろしくお願いいたします。
2017年は、生産者(クナウス)来日や何回かの出張で関東以外でもワイン会をしたり、東京でも色々な視点でのたくさんのワイン会を開催、ドイツフェスティバルでの出店、など盛りだくさんでした。
ヴァインベルクのドイツワインを飲んでいただける機会をたくさん作ることができたこと、そして多くの方にヴァインベルクのドイツワインはおいしいと言っていただけたことをうれしく思っています。

2月で販売を開始して4周年となりますが、今までやったきたことに自信と誇りを持ち根本的な部分は変えずにやっていきたいと思っていますが、2018年は異なる視点での考え方や違う角度からの視点などというチャレンジをしながら進化させていきたいと考えています。
今年は新たな造り手のワインも輸入する予定ですが、今まで取引していて良好な関係を築いている造り手のワインも含めて、今年はヴァインベルク店主の考えるドイツワインとして、ドイツワインとは何かということを紹介しているラインナップに完ぺきといえるところまで近づけるかと思います。
各産地の紹介やぶどう品種をそろえるということではなく、ドイツワインとは何?ということに応えられる幅広いラインナップということです。
わかりやすいところでいうと、リースリングの白ワインでも辛口から極甘口まであること、辛口という中にも収穫した時の糖度による熟度によっても味わいが異なること、土壌の違いによるキャラクターの違い、など、それぞれに魅力と特徴のある異なるワインをそろえている、というようなことです。
ヴュルテンベルクのクナウスの亜硫酸無添加のトロリンガーも最入荷しますし、ビオやヴァンナチュールといった視点でも、ドイツワインの幅の広さを表現できていると思います。それらはジャンルだけでなく、味わいとしての幅の広さということも同時に表現できていることになります。
熟成したワインも少し増えると思います。
そういったいろいろな角度からドイツワインを知っていただき、気に入っていただけること、そしてドイツワインの良さを知っていただけることをよりたくさんの方に感じていただけたらいいなと思っています。

新年のワインの発送作業は1月5日から開始します。
4日までにご注文された方は6日以降にお届け可能です。
http://weinbergwine.com


1月、2月のワイン会も決まっていますのでお知らせします。
1月27日の会以外はfacebookのイベントページを作成していてそちらでも紹介をしていますので、そちらもご覧いただけるとうれしいです(facebookにログインしなくても閲覧可能です)。

1月16日(火) そばとドイツワイン green glass@中井 20時開始 会費7,500円
昨年3回開催しておなじみとなったgreen glassでの会です。産地や熟成にこだわったそば、静岡おでんとドイツワインの組み合わせを今までの会でもみなさんとても興味深く楽しんでいられます。
今回は釜揚げのそばとドイツワインを合わせることを考えています。
こちらの会は定員に達しキャンセル待ちという状況です。

1月27日(土) ドイツワインと体の温まる中華の夕べ ローゼンタール@銀座 18時開始 会費9,000円
ヴァインベルクのワインを数多く扱ってくださっているローゼンタールでの会です。
羊と野菜の蒸し餃子、黒酢麻婆豆腐、紹興酒風味の炊き込みご飯など、野菜の食材を中心とした創作中華とヴァインベルクのワインをお楽しみいただけます。
トロッケン(辛口)だけでなくファインヘルプ(中甘口)や甘口シュペートレーゼなども料理と合わせて提供することを考えています。

2月7日(水) 鴨鍋とドイツワイン 大野屋@代々木八幡 19時開始 会費9,000円
ワインやテキーラも置いている蕎麦屋で鴨鍋がメインの会です。
鴨鍋には複数のワインを用意し、その組み合わせをお楽しみいただけます。
このブログを投稿する時点でお席はあと一席となっています。定員に達した後はキャンセル待ちでのお申込みとなります。

2月17日(土) ドイツとオーストリア~お隣同士の違い~ セレブール@赤坂 18時開始 会費12,000円
セレブールで2回目の会です。一つの料理に対してドイツワインとオーストリアワインを1種類ずつお出しする形で進めていきます。
ドイツワインはヴァインベルク店主が、オーストリアワインはオーストリアワイン大使でもあるセレブールの大坪氏がセレクトします。
ワイン10種類、料理5皿の予定です。フレンチがベースのお店ですが、ドイツ、オーストリアのテイストのある料理も提供予定です。
同じ品種での違いやそれぞれの国のワインの特色を感じていただけるような内容を考えています。

https://www.facebook.com/events/2001013250137000/


2月25日(日) モルドバワインとドイツワインを愉しむ会 インゴビンゴ@経堂 18時開始 会費8,000円
モルドバワインとコラボします。お互いのワインの良さを感じていただけるような会を考えています。

ドイツフェスティバルで特注のオリジナルソーセージを作ってくださり協力していただいたインゴビンゴでの会です。

モルドバ料理のケータリングも少しあります。

https://www.facebook.com/events/1124833327619342/



facebookをされていない方は、こちらのネットショップのお問合せページからお申し込みをお願いします。

どの会に参加か、参加人数と参加される方のお名前を明記していただくようお願います。

最後に昨年の会の画像を載せます。

ブログではワイン会の様子を書いていますのでそれらもお読みいただけるとうれしいです。



IMG_1413.jpg


オルタナティブでの王道フレンチの会、山鳩のパイ包みとレンベルガーRを合わせました。



IMG_1610.jpg


銀座らんぷにて。野菜にこだわりのあるお店で色々なお肉料理とドイツワインを楽しみました。亜硫酸無添加のトロリンガーwithout allも合わせました。



それでは今年もよろしくお願いいたします。



ドイツワインショップ ヴァインベルク
http://weinbergwine.com




posted by ヴァインベルク at 17:49| ヴァインベルクお知らせ | 更新情報をチェックする

2017年12月26日

新入荷ワインとドイツワインガイドブックの掲載情報

年末は30日まで発送作業を行います。クレジットカード、代引きでのお支払いですと29日までのご注文で30日までに発送可能です。
下記で紹介しているワインの他にも先の投稿でワインを紹介していますのでそちらもご覧いただけるとうれしいです。
facebookページで投稿した2つのトピックスをこちらにも載せます。


新入荷のベルンハルト・アイフェルの2016年産のワインをネットショップに掲載しました。
トロッケンファインヘルプ、甘口はシュペートレーゼアウスレーゼ、の4種類です。
年末年始にもお楽しみいただけるワインです。
アポテーケ・トロッケンは2015年産も在庫があるのでヴィンテージ違いでお楽しみいただけます。
ヴルツェルエヒテ2015も好評です。
ベルンハルト・アイフェル

IMG_6882.JPG

今回新入荷のワインです。ラインガウのピノ・ノワール2種類は1月になってから販売を開始します。
ロゼのゼクトのハーフサイズは飲食店のみに販売をしますのでネットショップへの掲載は予定していません。

IMG_6842.JPG

ドイツワインのガイドブックの最新版が出そろい日本にも届いてるので一通り目を通しました。
ヴァインベルクがレギュラーで取り扱っている醸造所についてまとめてみます。

どこも醸造所を5つ星までで評価しているのですが、4つ星を獲得してるものを書き出しました。ヴァインベルクが取り扱っている醸造所は大半はどのガイドブックでも3つ星は獲得しています。


アイヒェルマン Eichelmann
シュピンドラー (ファルツ) Spindler
クナウス (ヴュルテンベルク) Knauss


ヴィーヌム Vinum
ファルケンシュタイン (モーゼル) Falkenstein
マルティン・ミュレン (モーゼル) Martin Muellen


各ガイドブックは醸造所からサンプルが提出されたワインについて点数をつけているのですが、90点以上がついているもので輸入している、もしくは現在輸送中で2月に到着予定のワインを書き出します。
点数基準がそれぞれ少し異なるということはありますが、それにしてもどのガイドブックも等級が上ほど高い点数がつきやすい傾向にあるので、3,000円前後のワインではなかなか90点以上にはならないです。
しかし、80点台でも素晴らしいワインはたくさんあり、ヴァインベルクもそういったものをたくさん揃えている、ということは知っておいていただきたいです。


アイフェルマン
ベルンハルト・アイフェル Bernhard Eifel アンナベルク 2016 リースリング アウスレーゼ 91
シュピンドラー イエズイテンガルテン (グローセ・ラーゲ)2016 リースリング トロッケン 90


ヴィーヌム
マルティン・ミュレン ヒューナーベルク 2016 リースリング シュペートレーゼ トロッケン 92
ファルケンシュタイン (全て2016年産のリースリング)
オイヒャリスベルク シュペートレーゼ 95 (甘口シュペートレーゼ部門の全醸造所のワインの中で4位)
オイヒャリスベルク カビネット 90
ヘレンベルク カビネット ファインヘルプ 90


ゴーミヨ Gault & Millau
ベルンハルト・アイフェル アンナベルク アウスレーゼ 93 (上記と同じワイン)
ファルケンシュタイン オイヒャリウスベルク シュペートレーゼ 93 (上記と同じワイン)


最新版でびっくりしたのは、アイフェルマンでクナウスが4つ星に、ヴィーヌムでファルケンシュタインとマルティン・ミュレンが4つ星になっていることでした。
各ワインの点数ではあまり一喜一憂はしないのですが、醸造所として評価されて星が多いことはとてもうれしく思います。3つ星以上の醸造所はどこも素晴らしいクオリティのワインを造っているのですが、それでも星が多くなることはうれしいです。




ドイツワインショップ ヴァインベルク
http://weinbergwine.com

posted by ヴァインベルク at 17:02| ヴァインベルクお知らせ | 更新情報をチェックする

2017年12月07日

年末年始におすすめのワイン紹介

年末年始はお酒を飲む機会も多くなると思います。
ヴァインベルクのワインはどれもおすすめではありますが、シチュエーション別にワインを紹介していきます。
ワイン名のリンクからヴァインベルクのネットショップの商品ページをご覧いただけます。

ご注文者とは別の宛先への配送も行っています。白い2本箱、4本箱でお送りします。その際には納品書は入れず、ワインの解説のみを同封します。


ワインをあまり飲まない方にもプロの方にも好評なおなじみのワインです。
最初は少し甘く感じる方もいらっしゃると思いますが、酸味もあるので飲み進めると気にならなくなると思います。
和食や家庭の食卓の料理とも相性が良いので、色々な方が集まる場でもみなさんに喜んでいただけるワインです。

このワインはGINZA SIXの地下2階にある酒屋IMADEYAにも置いてあります。

thumbnail_IMG_6644.jpg

ヴァインベルクのネットショップは希望小売価格より低く設定した値段で販売しているので店頭での価格とは異なることはご了承ください。

ゼクト(スパークリングワイン)専門の醸造所ゾルター。スタンダートのリースリング、ロゼのゼクトも好評ですが、ワンランク上のキュヴェも素晴らしいです。
このブルゴーニュ系の品種のブレンドのキュヴェ・アンリは同じ価格帯のシャンパンよりおいしいという声をたくさんいただいいています。複数のヴィンテージのワインのブレンドなので厚みもあります。


珍しい古酒によるゼクトです。品種がどうとかでなく、やわらかくふくよかな味わいで癒されます。
ヴィンテージにより味わいがかなり異なるのですが、このヴィンテージはフレッシュも感じヴァインベルク店主のお気に入りです。
同じワインによりドサージュが異なるものをリリースしていますが、ドサージュをしていないブリュット・ナチュレも2本だけございます。ご希望の方はご注文の際にトロッケンをカートに入れてから備考欄にブリュット・ナチュレとご記載ください。価格はトロッケンと同じです。


thumbnail_IMG_6612.jpg

このワインは先日、取引先のお店でお祝いとして持っていきました。
焼き白子と一緒に楽しみましたが、ふくよかさが同調してとても幸せな気持ちになりました。
年始のおせち料理ともお楽しみいただけます。


モーゼルワインの良さを感じることができる丸みのある辛口リースリングです。
食事を選ばずお楽しみいただけます。
モーゼル川の地図のラベルは贈り物にも喜んでいただけます。


フランケンの典型的な土壌ムッシェルカルク(貝殻石灰)のジルヴァーナーです2015年ならではのボリューム感のあるふくよかでやわらかさも感じられます。日本酒感覚で包み込むように食事と合わせられるので和食とも合わせやすいです。


ファルツの銘醸畑のグローセスゲヴェックスのクラスのリースリング辛口です。今でもおいしくお飲みいただきます。
高貴で気品のある味わいを特別な時間にお楽しみください。


ヴュルテンベルクのクナウスのワインはどのワインも人気があります。
レンベルガーGやロゼも好評ですが今回は下記の2種類を紹介します。


淡い色の赤ワインです。香りはマスカット系ですが、味わいでは軽いだけでななくしっかりとした強さもあります。
ヴュルテンベルクではトロリンガーはがぶ飲みの安ワインとされていましたが、ちゃんと造ると素晴らしいワインになるという代表例だと思います。
マグロなどの魚料理や野菜ともお楽しみいただけます。おせち料理にも食べ物をあまり選ばずお楽しみいただけます。


ドイツの赤は軽いものしかないと思っている方にも驚いていだける赤ワインです。濃いだけでなく繊細さも感じられる良質なものです。
大きなグラスでゆっくりとお楽しみいただきたいです。濃い目のソースの牛肉や豚肉だけでなく。あっさりとした調理法とソースのジビエとも相性が良いです。


ラインヘッセンのリースリングンのアイスワインです。2016年は久しぶりにアイスヴァイン用のぶどうが収穫できた年です。
ヴァインベルクの輸入ではありません。


IMG_1637.jpg


甘口ワインはその他にも色々なタイプで取り揃えています。
甘口という中にも色々なタイプがあるのを知っていただけると思います。
こちらから甘口ワインのカテゴリーのワインをご覧いただけます。


大半は今の在庫がなくなると再入荷のない商品です。
よろしくお願いします!



ドイツワインショップ ヴァインベルク
http://weinbergwine.com






posted by ヴァインベルク at 13:29| ヴァインベルクお知らせ | 更新情報をチェックする