2015年02月05日

ヴァインベルクのワインはなぜモーゼルが中心なのかということについて

一言でドイツワインと言っても、モーゼルやラインガウといった北の産地とバーデンなどの南の産地では味わいが異なります。
その地に適しているぶどう品種が異なる場合もありますし、同じぶどう品種でも土壌や気候といった条件によって全く異なる味わいになります。
フランスワインといってもボルドーとブルゴーニュでは別物ということを考えればおわかりいただけるかと思います。
ドイツでも南のほうは温暖な気候で、北のほうは冷涼でより厳しい環境でぶどうは育っているのでその違いは味わいに大いに影響を与えています。
気候条件とともに味わいに影響を与えている重要な要素が地質です。
その畑の土壌によって水のはけ方や保湿などの条件が変わりぶどうの実の性質が変わります。また、科学的にはっきりと証明されているわけではありませんが、ミネラル分など土壌の栄養を根が吸収してそれが実の味わいにも影響を与えていると言われています。
そのことによって南と北で離れた地域でも土壌が同じだと同じ系統の味わいを感じられることもあるのです。なので一概に北と南では全く異なる味わいである、とは言うことができません。とはいってもシーファー(スレート粘板岩)土壌は北のほうにしかないので(ごく一部だけファルツなどにも存在しますが)、冷涼な地域のドイツワインの特徴としてシーファー土壌のワインを上げることなどは間違ってはいません。

ドイツワインは13地域に分かれています。それぞれに特徴ということができるポイントがあるのは、気候や土壌によるものです。
それなのに、なぜヴァインベルクでは現在モーゼルとラインガウのワインしか扱っていないのか、ということについて少し書きたいと思います。

まず、大きな理由として、自分がドイツワインに出会ったのはこの地域だったことということがあります。この地域のリースリングワインに惚れ込みました。自分の根底にはこの地のリースリングの味わいがあります。
そしてこの地域のワインや醸造所には精通しているといえるくらい知識と経験を得ました。多くの人が知っているような造り手だけではなく、あまり知られてないけれど素晴らしい造り手もたくさん知るようになりました。輸入して取り扱う場合、その点も大きな武器になるので、モーゼルから取り扱いを始めたということがあります。

趣味としてドイツワインを飲んでいた時もモーゼルやラインガウの地域だけでなく、ファルツやバーデン、フランケンなどのワインも飲んでいますし、リースリング以外の品種も飲んでいます。それらの地域のワインも今後取り扱う予定でいます。
しかし、産地ごとに扱わなくてもドイツワインの多様性は感じていただくことができるとも考えているのです。
それが冒頭で書いたように、味わいは気候と土壌の影響を受けるということで、ひとつの地域でもそれらの要素で多様性を表現することができます。ぶどう品種によってバラエティも広がります。

モーゼルはリースリングの産地と言われていますが、近年は他の品種の栽培も増えてきています。温暖化により栽培がしやすくなったこと、造り手が好奇心を持ってチャレンジをするようになったことが理由に挙げられます。
ヴァインベルクが輸入しているワインでもピノ・ノワール、ドルンフェルダーといった赤ワイン品種や白でもピノ・ブランやピノ・グリがあります。
特に扱っているピノ・グリ(ドイツではグラウブルグンダーと呼ばれています)は、ドイツぽくないボリュームのある味わいでドイツワイン好き以外にも好評です。

このようにモーゼルではあるけれども幅の広い味わいのワインが造られるようになっています。もちろんこれらの数はリースリングに比べれば少数ではありますが、ドイツワインを紹介する場合にこういうったものをラインナップに入れておけば多様性を示すことができるのです。
モーゼルといえばシーファー土壌ですが、品種が違えば味わいが異なり幅が広がりますし、シーファー土壌ではないところもありそういった畑のワインでも幅が広がります。
現在は品切れとなっていますが、ベルンハルトアイフェルのロートリーゲンデンは急斜面の畑ですがシーファー土壌ではなく砂岩が風化した赤底統(ドイツ語でロートリーゲンデン)という土壌でした。厚みとボリュームがあって典型的なモーゼルのリースリングとは少し異なる味わいでした。ロートリーゲンデンではラインヘッセンや南のほうの地域にも存在する土壌なのです。

このようにモーゼルだけでも幅広い味わいを提示できて色々な好みを持つ方に対応することができると思っています。
幅広いといってもモーゼルらしさも味の中に感じられて、それが僕は好きですし、わかる方にとっては興味深いポイントとも思ってもらえてポイントにもなっていると考えています。

シーファー土壌のリースリングでも、モーゼルの中でも気候条件や畑の斜度や向きによって味わいはかなり異なります。現在は名称がモーゼルと一括りにされていますが、モーゼル、ルーヴァー、ザールで味わいが全く異なるということでおわかりいただけるかと思います。狭い地域でも、隣の畑であっても味わいが変わるのがリースリングの魅力です。説明すると長くなるので別の機会に書きますが、シーファー(粘板岩)の色が異なるだけで味わいに差が出るのです。
テロワールに加えて造り手の個性によっても味わいは大きく異なります。丁寧に育てたぶどうとそうでないものの質が異なるのは当然ですが、醸造方法によっても大きく差がでてきます。発酵の仕方や時間(天然酵母と人口酵母の選択も含めて)、熟成がステンレスタンクなのか木樽(1000リットル樽ではなく小さい樽を選ぶという選択肢も含めて)なのかということによって違いが出てきます。
現在ヴァインベルクではモーゼルは3か所の醸造所を取り扱っています(モーゼル2カ所ザール1カ所)。これらの造り手はそれぞれ特徴があり味わいが異なり、それぞれに良さがあります。前に書いたように畑や醸造方法により違いが出てきているのですが、それだけではなく性格や人柄による影響というのも大いにあるということが生産者と接していて確信を持ってきています。しっかりと造っているワインには造り手の心が大きく影響するということです。

このようにモーゼルだけでも多様なアイテムを提示することができています。実際にさまざまな好みの方の気に入るワインが見つかっているので、産地を広げるだけが重要なことではないと感じています。
リースリングは食事に合わせづらい、他の品種のほうがよいという印象の方もいると思いますが、ヴァインベルクで扱っている造り手のワインはやわらかい、またはやさしい味わいになっているので料理、特に和食や日本人の家庭の食卓の料理にも合わせやすいです。

今後はモーゼルにはない味わいの素晴らしいドイツワインも紹介していきたいと考えていて他の地域の造り手のワインも取り扱う予定ですので楽しみにしていただきたいです。


CIMG4972.jpg



ドイツワインショップ ヴァインベルク
http://weinbergwine.com/
オープン1周年記念のリースリング3本セットを2種類販売しています。
同じ期間(2月12日までのご注文)に代引き手数料無料キャンペーンもしています。



posted by ヴァインベルク at 18:45| ヴァインベルクについて | 更新情報をチェックする

2015年01月02日

新年のご挨拶

まずは年末のメールマガジンの冒頭で書いた内容を載せます。

2014年の1月に最初に輸入したワインが届き販売を開始してからもうすぐ1年が経ちます。
おかげさまでたくさんの方にヴァインベルクのドイツワインを飲んでいただきました。気に入ってくださったという声をたくさん聞くことができました。そしてこの1年だけでも多くの出会いがありました。ひょんなことからお知り合いになった方も多いですが、お知リ合いになれてよかったと思う方がたくさんいらっしゃいます。ワインの輸入、販売を始めたから知り合えた方もしますし、前からのお知り合いもあわせてヴァインベルクのワインでよりドイツワインを好きになっていただけた方もたくさんいて、ドイツワインの輸入、販売を始めてよかったと実感しています。出会ったすべての方に感謝しています。
今後もみなさまの期待に応えられるよう素晴らしいドイツワインを紹介していけるようがんばります。2015年もよろしくお願いいたします。


ということで販売を開始して1年、なんとかやってこれました。これからも大変な道が続いていくと思いますが、ドイツワインの素晴らしさをもっと日本の方に知っていただくために頑張っていきます。取引している醸造所のワインを日本の方に紹介できるのはとても嬉しいことで、造り手のためにも頑張っていかなくてはと思っております。
ワイン会なども今後も精力的にやっていこうと思っていますので、今まで参加されたことがない方もぜひご参加ください。
ワイン好きの方にも認めてもられるワインを選んでいる自信はありますが、ドイツワインの経験、知識が少ない方にも気に入ってもらえる、よりドイツワインを好きになってもらえる、興味をもらえる、というような基準でワインを選んでいるので、そういった方にも気にいっていただけるワインが厳選して輸入したワインの中から必ず見つかるはずです。
ドイツであることにこだわっているというよりは、ドイツワインだからこそ、ドイツワインにしかない味わいの素晴らしいワインを紹介していきたいという気持ちでやっています。
幅広い選択肢があるのもドイツワインの魅力です。辛口から甘口、白も赤もスパークリングワインもおいしいドイツワインがあります。今年は新しい醸造所の輸入も考えていますし、ヴァインベルクを応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。


CIMG5571small.jpg


発送は1月7日から再開します。
新入荷のワインは順次ホームページに掲載していきます。
1月10日の試飲会もよろしくお願いします。



ドイツワインショップ ヴァインベルク
http://weinbergwine.com
posted by ヴァインベルク at 13:38| ヴァインベルクについて | 更新情報をチェックする

2014年09月28日

ドイツから戻ってきました ワインを販売するにあたってあらためて感じた想い

9月は2週間ちょっとの間ヨーロッパに行ってきました。
ベルギーとオランダで数日リラックスした後は全てドイツのワイン産地にいました。
取引先の醸造所を訪問してじっくりと話をすることといくつかのドイツワインの試飲会が主な目的でしたが、4日間は東京ドイツワイン協会のツアーに参加もしました。
何百種類ものワインを試飲しましたが、ただワインを飲んだだけではなく、ワインに関わる方々の話をたくさん聞けて、現場もたくさん見ることができ本当にたくさんの経験をすることができました。
この経験を伝えることも自分の役目だと思っています。このブログでは主に取引先のことを中心に書いていきますが前からやっている個人ブログのほうではそれ以外のことも書こうと思っていますので興味のそちらもご覧いただけるとうれしいです。最近はあまり更新できていなくてこれからも時間を作るのが大変ですができるだけ更新できるようがんばります。

今回のドイツで思ったことはたくさんありましたがまずはひとつだけ書きます。

ワインショップを始めてからは今まで以上に幅広い方に出会っています。業界の方、愛好家としてワインを愉しまれている方などは関係なく僕よりも知識があったり、味わいを分析にする能力に長けている人などにたくさん出会ってきました。自分がそういう方にワインを販売したり説明をすることに引け目を感じることもあるのです。この程度でやってもよいのかと。
しかし今回のドイツ滞在で強く想ったことがあります。ドイツワインを愛する気持ちには自信を持てると。その点で引け目を感じることは全くありません。素晴らしい経験をたくさんしてドイツワインの世界に浸れて幸せを感じていました。そしてそんな自分は本当にドイツワインが好きなんだとあらためて思いました。
今の自分にとって大事なことは、そんな人だからこその視点でドイツワインを伝えることなのではと思いました。おいしいワインを選んでそれを飲んでもらうだけでなく、ドイツワインに関する様々なことを僕は伝えることができます。ドイツワインにも素晴らしいところがたくさんあるという事を多くの人に知ってもらうためにできることが自分にはあるのだと思ったのです。
好きだからこその視点で見たもの、感じたものを伝えることができるのは誰にでもできることではありません。だからこそそれを自分がしなくてはと思いました。

そのことにも通ずることでもう少し書きます。
ワインを造っている方と話していて強く思うのは、彼らのワインに対する情熱、想いをワインを買ってくれる方に届けたい、という事です。
僕が選んで輸入しているワインに自信があるのはもちろんですが、ワインを造っている時の想いも一緒に届けることができればと思いました。彼らのワイン造りに対する情熱や想いを感じるとそういうふう気持ちになります。ストーリーテラーになりたいと思いました。
ワインは造っただけでは完成ではありません。飲まれてこそ完成します。その時に幸せな気持ちにするための手伝いを販売者はすることができます。料理との相性や飲み頃などのアドバイスに加えて、造り手の情報などを与えることにより飲む時の幸せを生むための要素は深くなると思います。付加価値をつけることも販売者としての役目だと考えています。もちろん最高の状態で飲んでもらうために品質の管理をすることも絶対条件です。
美味しいワインを紹介したいというのが根底にありますがそれだけではない、ということを少し書かせていただきました。

もちろん説明したりする上で専門的な知識は必要で、自分もまだ未熟な点がたくさんあり勉強することは必要だと考えています。しかしそういった面だけではなく自分にできること、自分にしかできないことがたくさんあると思った今回のドイツ滞在でした。
  

CIMG5356a.jpg
ファルケンシュタイナーホーフの所有する畑を一望


CIMG5484a.jpg
マルティン・ミュレンも所有するクレーフ村の畑


CIMG5282a.jpg
ベルンハルト・アイフェルが所有するシュヴァイナー・アンナベルク



ドイツワインショップ ヴァインベルク
http://weinbergwine.com


posted by ヴァインベルク at 21:56| ヴァインベルクについて | 更新情報をチェックする

2014年02月19日

お披露目試飲会の感想





先日、初回に輸入したワインの試飲会を行いました。
前日の大雪の影響で、交通機関のダイヤが乱れ足元が悪かったにもかかわらず、20人弱の方に来ていただきました。本当に感謝です。
雪の影響で来られないと連絡があった方が何人もいらっしゃいましたが、またこのように直接接する場を作りますのでまたその時はよろしくお願いします。

写真 (9).JPG

輸入した10種類のうち、Alex E とヴルツェルエヒテ以外の8種類を提供しました。
どれも好評で安心しました。


ガッツポーズをしたいくらいうれしかったのは、一番気に入ってくださったワインがみなさんそれぞれが異なっていたことです。

感想を聞いた時に、みなさんバラバラなワインをあげていました。
嗜好の異なるそれぞれの方の「ツボ」を刺激するワインを選べたことがとてもうれしいのです。
そしてそれぞれのワインの品質が高いことをを証明する結果でもあるので良かったです。

コンテストで一番を決めるためのラインナップを揃えているわけではないので、一番人気のワインを作ることではなく、それぞれの方が気にいって下さるワインを揃えていることが大事だととらえているのでこの結果はうれしいのです。


また、それぞれの方の好みだけではなく、食事の内容や飲む時のシチュエーションによって、その時ごとに満足できるワインを用意できることも重要だと思っています。
辛口から甘口まで、飲み口も異なるものを用意していてそれぞれの時に最適なワインを選んでいただたけるラインナップを目指していて、そのことも感想を聞いていて実現できていると感じたのでホッとしています。

試飲会に参加された方のそれぞれのワインについての感想を次回は書いていきたいと思います。


ドイツワインショップ ヴァインベルク
http://weinbergwine.com/

続きを読む
posted by ヴァインベルク at 19:51| ヴァインベルクについて | 更新情報をチェックする

2014年02月04日

輸入したワインの試飲をしました


輸入したワインが日本に到着してから2週間以上が経過したので状態が落ち着いてきたころなので、自分の試飲も兼ねて、有識者数人に参加していだいての意見を聞く試飲の場を設けました。

写真 (3).JPG

試飲に出したのは辛口3種、中辛口1種、赤1種、甘口1種です。
どれもおいしくてあらためてこれらの醸造所、ワインを選んでよかったなと思いました。
それぞれのワインについては商品説明やこのブログでも今後個別に書いていこうと考えています。

ドイツワインらしさのあるワインもあれば、ドイツワインっぽくないものもありましたが、どれもドイツワインをあまり知らない人でも気にいってくれるであろうワイン、と参加者にお墨付きをいただきました。
ドイツワインが大好きな人にも、日本ではあまり入っていないような味わいなので飲んでいただきたいのですが、ドイツワインをあまり飲んだことがない人にドイツワインに興味を持ってもらうというコンセプトでショップを始めたので、その想いを伝えるためのアイテムを揃えられたということにホッとしています。

今回輸入したワインは軽くさっと飲むというよりは、一本をじっくりと数人で飲む、というのに適したタイプが多いと思いました。成熟した良質なぶどうから造られているのでうまみが凝集していてどんどん飲みたくなる味わいで、抜栓してからの時間の経過で味わいが変わってきてその変化も楽しんでいただきたいです。
食事とあわせて魅力を発揮するもの、単体で飲んでもおいしいものなど色々なタイプがあります。用途、好みに合ったワインを見つけていただけると思っております。

ネットショップでの販売は2月中旬を予定していて現在準備をがんばっています。各ワインの詳細説明もできしだい更新していきますのでもう少々お待ちください。


ドイツワインショップ ヴァインベルク
http://weinbergwine.com/
続きを読む
posted by ヴァインベルク at 19:27| ヴァインベルクについて | 更新情報をチェックする