2017年09月18日

9月のワイン会の様子

新入荷のワインが入ったこともあり、9月は精力的にワイン会を行っています。
いつもはひとつの会ごとに細かくワイン会の様子を書いていましたが、今回は3つの会について、印象に残ったことを中心に書いていきます。


IMG_5446.JPG

ひとつめは成田でのワイン会です。成田周辺のドイツワイン好きの方が、参加者を集めてくださりヴァインベルクのワインでのワイン会を開催しました。14人での会となりました。
会場は公津の杜のビストロ・モズです。食材や調理法にこだわりを感じますが、押しつけているかんじが全くしない自然な料理の数々は素晴らしく、また訪れたいと思いました。
最初の画像は豚肉をキャベツで巻いたものです。ゾルターのロゼのゼクトラインガウのリースリングもやさしいトーンがあってぶつかる部分が全くありませんでした。


IMG_5447.jpg

鱧のサマートリュフのせとファルケンシュタインのヘレンベルク・ファインヘルプはマリアージュとして素晴らしかったです。
ワインの心地よい甘みと酸味が料理と溶けこむようになっていました。ソースに少し酸味があることもよかったのだと思います。
このワインは料理とというだけでなく皆さんにとても驚かれ喜んでいただけました。ドイツワインをたくさん飲まれている方にもそういう反応をしていただけるのはうれしいです。レアなワインではなくふつうに購入できるワインでも魅力のあるワインを揃える、というのがヴァインベルクの使命でもあると考えています。


IMG_5451.JPG

その他には、ゾルターのロゼは、ドイツのゼクトでこういう良さがあるものはあまりない、エルプリングの古酒ゼクトは初めて飲む味わいでなおかついい、ミュレンの2007シュペートレーゼはホッとする良さがある、などという感想をいただきました。
料理とは真鯛のポワレとビッケルシュトゥンプのロゼ、国産の鴨とレンベルガーGも印象に残る組み合わせでした。カシスのデザートとレンベルガーが合うのも面白かったです。


IMG_1355.jpg

ふたつめは赤坂のセレブールでの会です。
料理はフレンチで、ワインもフランスのグランクリュを多く提供しているお店ですが、ソムリエがふだんからドイツやオーストリアなどといういわるゆる冷涼系と言われる地域ののワインもグラスワインで多く提供していることもあり、今回ワイン会をすることとなりました。
フレンチのビストロ料理にドイツワインを合わせる、というコンセプトでしたが、料理はビストロ料理という枠を超えた洗練された料理で、参加者もヴァインベルク店主もとても幸せな気持ちになれました。
ペアリング検証というタイトルでの会でしたが、事前に細かい打ち合わせはせず、料理内容を聞いてワインを選び、当日シェフとソムリエがワインを飲んで少し微調整をする、という形にしました。
ドイツワインを普段から飲まれている方もそうでない方もいらっしゃいましたが、飲んだことがないタイプのワインばかりだったそうで、みなさんどれもとてもおいしいと驚きながらおっしゃっていました。辛口を中心とした今だから造ることができるドイツワインの良さを体感してその良さを知っていただきとてもうれしく思っています。なぜこういうワインができるのか、などワインの良さをより知っていただけるような話をたくさんできたこともよかったです。


IMG_1339.jpg

こういった前菜には大半のヴァインベルクのワインはどれも万能に合わせることができます。
今回は繊細な料理ということで、繊細で気品のあるタイプのキュヴェアンリのゼクトとミュレンのリバイバル・リースリング・トロッケンを選びました。

サーモンにはビッケルシュトゥンプのジルヴァーナー・ブントザントシュタインを。ミネラル感と強さのあるこのジルヴァーナーはサーモン(少し焼いたもの)との相性はよく、その気品のある味わいはふだん他の国のワインを飲んでいる方にも好印象でした。


IMG_1345.jpg

料理との相性で一番印象的だったのは、つぶ会のオーブン焼きとファルケンシュタインのピノ・ノワールです。
つぶ貝だけだとワインが負けてしまうのですが、大きめに切られたじゃがいもと生ハムと一緒に食べてワインを飲んだ時の相性は素晴らしかったです。このワインの繊細だけれど内側にある強さと2015年産だからこその果実味が、うまく合ってうまみが増長するような感覚でした


IMG_1352.jpg

上州せせらぎ豚のナヴァラン仕立て(夏野菜煮込み)です。
こういった濃いめの味付けでも合わせられるドイツワインはあります。今回のクナウスのレンベルガーRはボルドータイプの濃さと強さがあります。この料理は通常は羊だそうで、今回は豚だったのですが、羊でもこのワインは相性良いのではと思いました。また、強いだけでなくうまみを感じられるこのワインは、6000円前後で素晴らしい赤がドイツにはたくさんあることを知っていただくのにとても良いワインとなりました。

最後だけトロッケン(辛口)ではなく甘口にしましたが、このファルケンシュタインのシュペートレーゼも好評でした。酸味もある甘口ワインの良さを知っていただけました。このワインはシュペートレーゼとしえはあまり甘みは強くは感じませんが、こういったコース料理の最後にはちょうどよい味わいです。レモンシャーベットとの相性も良かったです。


IMG_5550.JPG

3つめは、銀座Steak & Grill Rangestu of Tokyoでの会です。ここのシェフとは長い付き合いで、ステーキ以外の料理も素晴らしいのです。
ゼクトはゾルターの2005リースリングにしました。少し熟成したシャンパンはみなさん飲まれたことがあるようですが、リースリングでこういったタイプはみなさん初めてで、そしてその良さに喜んでいただけていました。


IMG_5542.JPG

サラダはフォワグラ入りのパテやサーモンだなどバラエティ豊かな内容です。
クナウスのロゼと合わせましたが、3種類のぶどうのブレンドということもあり色々な要素もあり、やさしいだけでないこのワインとはとても相性がよかったです。このワインの万能さと素晴らしさを証明する機会ともなりました。

その後は真鯛のポワレ、キノコソースでしたが、ファルケンシュタインのカールスベルクとお楽しみいただきました。
このワインは、甘口とも辛口ともいえない、複雑みがあり不思議な味わいのワインですが、素直にこのワインの良さを堪能していただけていました。そして少し強めの味付けの料理でも問題なく合わせることができました。


IMG_5546.JPG

ステーキはイチボです(画像はサラダは1人前の量でしたがこちらは数人分の量です)。次の料理が濃厚なので、ステーキは最後ではなくその前にしました。赤みですが脂もほどよくあり、噛んだ時の触感やうあまみがとてもよかったです。
ステーキとは濃い赤ワインではなく、軽めのトロリンガーを合わせました。酒質は強くならないブドウ品種ですが、凝縮した果実味があるのでこういったグリルお肉との相性はよいと思ったのですが、その組み合わせにみなさん満足されていたようです。
燻製させた熟成醤油をつけるて食べるとより相性がよくなりました。醤油と赤ワインというのはイメージがわきづらいと思いますが、このワインはそういう合わせ方もできる、既存の概念にはとらわれない使い方ができる赤ワインなのです。


IMG_5548.JPG

メインは国産牛肉の赤ワイン煮です。ほほ肉ではなく首のあたりのお肉だそうです。長時間煮込んで、ほどよい食感でなおかつうまみもあり、こだわりのあるソースも含めてみなさんにとても好評でした。
あえて高価格帯の赤ではなく、レンベルガーGを選びました。高価格帯のワインだと繊細なのでピンポイントな合わせ方になりこういった料理とは難しいし、もっと気軽に合わせられる組み合わせを体験してもらったほうが良いと思いこのワインにしました。ほどよい強さと濃さがありやわらかさもあるので懐の広いこのワインは料理に寄り添っていました。
食材が良い時などは高価格の個性が強いワインではないものをあえて選ぶ、というやり方を提示することができ、みなさん納得されていました。


このように色々な料理とヴァインベルクのドイツワインを合わせて会をやっています。
こういう様々なタイプとの組み合わせを体験すると、ドイツワインの懐の広さをあらためて感じることができます。
色々な合わせ方、楽しみ方ができるのがドイツワインの魅力だと声を大にしていうことができます。
マリアージュという合わせ方だけでなく、料理の合間に飲んでも邪魔にならない、など、家庭の食卓でのワインや、色々なシチューエションでお楽しみいただくことができます。
色々な例を通してそういったことも感じていただけたと思い、ブログやfacebookでの投稿、ネットショップでの商品紹介は書いています。
たくさんの人にドイツワインの良さと魅力を知っていただけるようこれからもお伝えしていきます。


今後もヴァインベルクでは定期的に会を企画していきます。ヴァインベルクのfacebookページで一番早く告知を始めるのでそちらの投稿もお読みいただけるとうれしいです(アカウントをお持ちでない方もご覧いただけます)。
facebookアカウントをお持ちでない方のワイン会の参加申し込みはホームページの問い合わせページからのご連絡でお申し込みいただけます。

本文では紹介したワインに商品ページのリンクを貼っていますが、下記からも新入荷のワインはご覧いただけます。


新入荷ワイン
ファルケンシュタイン
クナウス


ドイツワインショップ ヴァインベルク
http://weinbergwine.com



posted by ヴァインベルク at 13:04| ワイン会報告 | 更新情報をチェックする

2017年08月09日

ゼクト(スパークリングワイン)でランチの会の様子

昨年好評だったゼクト(ドイツのスパークリングワイン)の会を今年も新宿リースリングで開催しました。
8人と少なめの人数となりましたが、色々な話もできて和やかな雰囲気の会となりました。


IMG_1289.jpg

今年はマグナム1種類を含む7種類を用意しました。
昨年と似たようなラインナップですが、ラインガウのゾルターからは2001年のレゼルヴ、SMWは同ヴィンテージでの飲み比べ、というのが昨年と異なるところでした。
この後の紹介の中でそれぞれのゼクトに商品紹介のページのリンクを貼っていますのでそちらもお読みいただけるとうれしいです。


IMG_5205.JPG

1本目はリースリングのマグナム(1500ml)です。750mlよりも余韻にまろやかさを感じます。果実味も酸味が魅力の750mlとどちらも魅力があることをわかっていただけました。どの前菜とも相性がよかったのには驚きました。

2本目はピノ・ノワール100%のロゼです。こちらもリースリング同様ゾルターのスタンダートラインですが、果実味の心地よいこのゼクトの良さを感じていただけました。辛口仕立てで食事との相性も良く、ローストビーフとも良い組み合わせとなりました。

3本目はワンランク上のラインのひとつであるキュヴェ・アンリです。ブルグンダー系のブレンドで、年代の異なるワインも含まれるので立体感のある骨格があり、同じ価格帯のシャンパンであればこちらのほうが、という説明に納得していただけました。

4本目は、リューデスハイムのベルク・ローゼンエックのリースリングのみでレゼルヴのゼクトにするシリーズの2001年です。現行は2011年なのですが、少量のみ在庫のある2001年と2005年のゼクトを今年12本ずつ輸入しました。
初夏の試飲会では2005年を提供したので今回は2001年のレゼルヴを提供しました。
長い余韻と深みでみなさまとても喜んでいただけました。同じクオリティのシャンパンは数倍出さないといけない、今まで飲んだワインの中で一番おいしかった、などという感想をいただきました。
フルートグラスだけでなく通常のワイングラスも用意していたのですが、このゼクトはふつうのグラスのほうが風味や味わいをより楽しめると感じました。


IMG_1290.jpg

3本目、4本目はソーセージ、鶏肉のグリルとともにお楽しみいただきました。
複雑みのある味わいはこれらの料理と全く違和感がありませんでした。


IMG_1292.jpg

IMG_1294.jpg

最後の3本のゼクトは、古代品種であるエルプリングによるモーゼルの古酒ゼクトです。1996年の同じワインを瓶詰めし、デコルジュの時のドサージュが異なるという3種類です。
一番人気は中辛口のトロッケンでしたが、料理とはノン・ドサージュのブリュット・ナチュレが一番相性が良いという発見もありありました。塩豚入りのバジルの塩味のパスタととても良い組み合わせでした。
トロッケンは在庫がありますのでぜひお買い求めください。シャンパンとは異なるベクトルのスパークリングワインの良さを感じられると思います。

ゾルターのレゼルヴは栽培、収穫からこだわったもの、SMWのゼクトは特別なワインではないものからこだわりの製造で造ったものという違いがあり、それぞれの良さを知っていただけたのはよかったです。

エルプリングのワインがどういうものか知ってもらうために、少しだけ追加でお支払いいただきお店にあったエルプリングののワインをお飲みいただきました。フレッシュだけど軽やかなのが魅力ですが、穏やかで親しみやすいこれらのゼクトの魅力の印象が強かったようです。


ドイツのスパークリングワインだけでもこれだけ楽しめるということを知っていただけてうれしく思っています。
ヴァインベルク店主はシャンパンなどのスパークリングワインにそれほど思い入れはありませんが、これらのよいスパークリングワインを扱うことができて、こういう会も開催することができていることに喜びを感じ、今後も続けていきたいと思っています。



ドイツワインショップ ヴァインベルク
http://weinbergwine.com



ラベル:ワイン会 ゼクト
posted by ヴァインベルク at 17:28| ワイン会報告 | 更新情報をチェックする

2017年07月29日

天ぷらとドイツワインの会の様子

丸の内の東京ビル(TOKIA)にある菊亭にてワイン会を開催しました。
12人の方が参加されました。初めてヴァインベルクの会に参加された方も何人かいらっしゃましたが、ワイン、料理の良さとその組み合わせをみなさん楽しまれていたようでした。


IMG_5124.JPG


ワインは6種類、ゼクトと甘口は1本ずつで、その他は2本ずつ用意したので食べ物とじっくりと合わせながらお楽しみいただけました。

最初のロゼのゼクトはフルーティーな果実味、最後のファルケンシュタインのシュペートレーゼは甘すぎず酸味と甘みが心地よい、と好評でした。



IMG_5105.JPG

前菜にはマルティン・ミュレンのパラディースを。丸みのある果実味のリースリング・トロッケンは鱧、自家製のさつま揚げなどこういった食べ物とはどれとも相性が良かったです。アスパラを豚肉で巻いて中華風の味噌で食べるものは、それだけでもとてもおいしかったのですが、ワインともやわらかさの部分で同調して相性がよかったです。


IMG_5108.JPG


天ぷらの提供が始まるころから3番目のラインヘッセンのグッツラーのリースリングのグローセス・ゲヴェックスをお出ししました。
天ぷらは同じトロッケンのリースリングでも2番目のモーゼルだとワインの果実味も少し前面に出てしまうのですが、このコクと深みのあるGGだと、落ち着いている味わいと違和感なく合いました。そしてどちらかというと魚介より野菜のほうが相性がよいと感じました。とはいえペアリングというよりは、食べながら合間に飲んで楽しむという感覚の合わせ方だと思いました。

このGGは一口飲んでの華やかさはありませんが、飲み続けていてしみじみおいしさを感じられるという感想がありました。



IMG_5110.JPG


天ぷら2順目はイカといんげんです。


IMG_5111.JPG


3順目は海老とズッキーニです。

ワイン4番目のクナウスのグラウヴァイセはこのあたりから。天ぷらにはシャルドネを合わすという方が昔からいらっしゃり、ワインにそこまで力を入れていない天ぷら屋さんにはシャルドネが多いということもあり、新樽熟成によるシャルドネもブレンドされているこのヴュルテンベルクの白を選び、相性を検証してみました。
どの食材でも、塩でもつゆでもというようではないと感じましたが、魚介系と相性がよいと感じました。個人的にはイカと塩、海老はどちらでも、穴子(画像はありませんが)は塩、という組み合わせが好みでした。

このワインは2014年産で、少し熟成してきているのですが、新樽の風味が薄くなってくると予想していたのですが、よりまったりとした雰囲気になっていて樽の風味も健在だったのですが、そういった味わいに魚介の複雑みがうまく同調していたと思います。といっても果実味もあるワインなので、他の国のシャルドネよりも天ぷらと相性はよいのでは、と思いました。



IMG_5114.JPG

5番目の赤ワインのクナウスのレンベルガーGは穴子の天ぷらの時からお出ししました。

つゆのほうが相性が良いと思いました。リースリングのように、ペアリングというかんじではなく、寄り添うように楽しめるといった感覚です。

そして、このお店でランチの時にかき揚げの天丼を食べた時に、これと合わせてみたいと思ったのがこのレンベルガーだったのです。創業当時から継ぎ足して使われている秘伝のたれがとても素晴らしく、このタレとの相性がこのワインがよいと思ったのです。

想像どおり、タレとも海老のかき揚げとも相性がよかったです。そしてごはんの甘みも、強すぎない果実味と同調して違和感がないというのも、特出すべきことだと思います。赤ワインでご飯ものと合わせるのはなかなか難しいと思うのですが、このワインは日本の家庭の食卓でも楽しめるワインです。もちろん白いご飯だけというわけではなくおかずが濃いめの味付けのほうがよいとは思いますが。

このワインは現在欠品中ですが、9月に同じヴィンテージで再入荷します。


そしてシュペートレーゼでしめて、お開きとなりました。

天ぷらは寿司と一緒で、ネタごとに相性が変わってくるのですが、寿司の会でも感じたように、ぴったりのペアリングだけでなく日本酒感覚の食事に寄り添う感覚の合わせ方も大事だと思いました。

その点では少しコクと深みのあるリースリング(今回は入れませんでしたがファインヘルプも)や軽めだけれどタンニンと果実味のある赤ワインがよいのかなあと思いました。次回開催することになった時にはジルヴァーナーやブルグンダー系の白(ピノ・グリ、ピノ・ブラン)とも試してみたいと思いました。

こういった会になれていないお店だったのでご迷惑をおかけした部分もありますが、対応してくださり感謝しています。

参加者もその場の雰囲気を楽しんでくだり、良い会になったと思うのでホッとしています。


今後のワイン会のお知らせなどはひとつ前の記事をごらんください。




ドイツワインショップ ヴァインベルク
http://weinbergwine.com


posted by ヴァインベルク at 14:40| ワイン会報告 | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

蕎麦とドイツワインの会の様子

中井のグリーングラスで5月、6月にそばとドイツワインの会を開催しました。
産地別のこだわりの蕎麦と静岡おでんなどのおつまみ、静岡の日本酒を提供しているお店です。来店した時の会話の中でそばとワインを合わせると面白いのではということでワイン会を開催することとなりました。蕎麦屋でワインというのは増えてきてはいますが大半はそば以外の料理と合わせるのがメインになっていて、そばにワインを合わせるということに焦点を合わせるという少し先進的なコンセプトでやることとなりました。といっても蕎麦だけでは物足りないので、蕎麦の前にはおつまみもお楽しみいただける会としました。
座敷いっぱいを使うと12人で満席となるのですが、一回目の開催を発表したらすぐにお席が埋まり、好評だったので、お店の常連の方に告知をして2回目も開催しましたがこちらも満席での会となりました。


IMG_4456.JPG

最初の会では6種類、ゼクトとアポテーケは1種類1本でしたので少量ですが、他のワインは2本ずつ用意したのでいくつかの料理の組み合わせを楽しんでいただいたり、ひとつの料理と複数のワインの組み合わせを楽しんでいただきました。
ムッシェルカルクのジルヴァーナー、リースリングのゼクト、モーゼルのリースリング・トロッケン2種、レンベルガー、ファインヘルプ、とわりとヴァインベルクの代表的なラインナップとなりましたが、どのワインも、料理と合わせなくてもおいしいとも言っていただきうれしく思いました。


IMG_4433.JPG

最初のおつまみにはビッケル・シュトゥンプのムッシェルカルクが包容力がありどの料理でも楽しめました。和食の味付けの料理に対して、このワインはマリアージュというよりは日本酒のように寄り添う形で楽しめることができます。

写真は撮っていませんでしたが、自家製豆腐とおからにはモーゼルのトロッケン2種、ミュレンのリヴァイバルアイフェルのアポテーケが相性よかったです。フルーティーというほどではない果実味と甘みがちょうどよかったです。
そばをフライパンで焼いたもの(その名も焼きそば)は、おいしいのですが、塩味と焼いた風味はビールや日本酒のほうが相性がいいと個人的には思いました。出汁巻き玉子も提供されたのですが、この焼きそばと一緒に食べるとガレットみたいになります。そうなるとワインと合わないわけはなく比較的どのワインでも違和感がなかったです。


IMG_4450.JPG

煮込んだ出汁を継ぎ足して使っていて、醤油の他に牛すじなどの出汁などにより黒くなった出汁が特徴的なのが静岡おでんです。青のりと魚粉をかけて、味噌をつけて食べます。この会では、大根、ちくわ、牛すじの提供となりました。
このおでんにはクナウスのレンベルガーが合うと直感的に思ったのですが、参加者はおでんに赤ワインとびっくりされていたようですが、その組み合わせの良さを実感して、みなさんとても驚きそして喜んでいられました。
強くはない果実味、少しタンニンも感じるほどよい濃さが、この出汁や煮込みの食感、味わいと相性がよかったです。


IMG_4454.JPG

そばには、一杯目に提供したジルヴァーナーに加え、酸と甘みが調和しているファルケンシュタインのヘレンベルク・ファインヘルプをセレクトしました。組み合わせの感覚を感じてもらうためにグリーングラスでそばの時に出している日本酒も少量提供していただきました。
グリーングラスでは通常2種類の産地の異なるそばを提供していて、そのままや塩で最初は食べてそばの風味や味わいの違いを感じてもらうということをしています。
この会は栃木と福井のそばでした。栃木のほうがややフラットで、福井のほうが香りが強く感じました。
ワインを合わせてどちらのそばとどうだったというのは、その時々の状態などにもより異なるので細かい感想は書きませんが、どちらということではなくワインと合わせた際のおおまかな感想だけ書きます。

何もつけなかったり、塩の場合には、ファインヘルプがいいなあと思いました。そばのうまみを引き出しなおかつ同調しているように感じました。でもつゆをつけるとそのバランスが崩れてしまいました。
ジルヴァーナーは塩だけでなくつゆをつけても違和感はありませんでした。ペアリングというよりはそばと楽しめるワインといったかんじで、グリーングラスでそばの時に提供している比較的フラットな日本酒と同じような感覚でした。このジルヴァーナーは少し度数が高いのもポイントかと思います。この会の前に、リースリングのトロッケンとそばを合わせてみたのですが、ワインの果実味が出すぎて感じてしまったので、このワインのほうがよいかと思い選びました。
赤ワインを少し残してそばと試した方もいらっしゃり私も試してみましたが、このレンベルガーだと果実味が出すぎてしまいました。タンニンが強いものだとワインが勝ってしまいますし、つゆにも合わせるという観点で、赤ワインであればある程度熟成していて枯れ気味のワインのほうが合わせやすいのかな、という想像ができました。

そばとの組み合わせは、私の考察などは最初は言わずに、各々のやり方で楽しんでいただきました。相性というだけでなく
それぞれの方が楽しめる、というのもワインを飲む楽しみだと思っているので、その光景はとてもよかったです。そして、この蕎麦との組み合わせの会では、なぜそう感じるのかというような解説はしますが、ひとつの答えを出す必要がないので、ワイン会としては面白いひとつのコンテンツだと思いました。

参加者だけでなく、グリーングラス店主とヴァインベルク店主とても新鮮な感覚があり面白いとも思えたので、色々とチャレンジもしたいから今後も定期的にやっていこうという話になったのでした。


IMG_1264.jpg

そして一か月後にほぼ同じような内容でやるということになりました。
前回の会と同じようなタイプだけど、違うワインで合わせてみたいというものをセレクトしたり、グリーングラスの常連が中心ということでふだんあまり出していない料理を提供したり、ということでコンセプトは一緒ながら内容はけっこう異なっていてとても面白かったです。

この会は平日の20時開始と少し遅めのスタートを設定しているのですが、その30分前からウエルカムドリンクという形も含んでの一杯目を提供していて、一皿目の料理をお出ししています。
この会ではミュレンのパラディースにしましたが、お仕事終わりの疲れている体、和の雰囲気には、このやわらかく心地よい丸みのある果実味はとても合っていると思いました。しめ鯖、枝豆、ズッキーニとも相性がよかったです。このワインはもっと和食でアピールしたいと思いました。
その後の豆腐は今回はジルヴァーナー(前回と同じムッシェルカルク)と合わせました。他のところで合わせたりしても感じていますが、このワインは和食系は本当に万能です。比較的やさしい味わい(でも出汁の強さはあってもよし)の料理のほうが、とは思いますが。


IMG_1252.jpg

今回の変わり蕎麦は、鴨のミートソースの和えそばでした。原価がかなりかかるそうで、ふだんはあまりやらないそうですが、常連の方が多いということも今回提供していただけました。
これには果実味によるボリュームのある芳醇な辛口がいいと思いアポテーケ・トロッケンを合わせました。料理、ワインそれぞれでおいしいのですが、合わせることによって格が上がるような相性でした。


IMG_1256.jpg

静岡おでんとは、前回のレンベルガーGが一時欠品となってしまったので、フランケンの赤、ビッケル・シュトゥンプのロート・ヒューゲルにしました。でもレンベルガーGより果実実の濃さがあり少し重たさのあるワインなので、感覚が変わると思い、打ち合わせをしに伺ったときに一度合わせてみました。お肉と合うだろう、ということで試してみたのですが、スライスの豚しゃぶだとワインの強さが前に出てしまうので、角煮風のほうがよいのではということで決定しました。
味の濃さや食感によりスライスよりも相性がよかったです。余韻も合っていました。洋食の肉料理と赤ワインを合わせているような感覚になりとても面白かったです。味が染みている大根との組み合わせもよいです。
今回も赤ワインと静岡おでん、とても喜んでいただけました。よく食べている静岡おでんがが、異なる印象になったのでとても面白かったという感想をいただきました。


IMG_1263.jpg

今回の蕎麦は埼玉と長崎です。希望の方は追加で鹿児島のも頼めました。
前回もそばと合わせたジルヴァーナーはそのままか塩、アダムのファインヘルプは塩でもつゆでも楽しめました。同じファインヘルプでも、ファルケンシュタインよりもコクと強さがあるのでつゆをつけても合うのかなと思いました。
どちらかというと風味がより豊かな長崎のほうがワインには合うのかなと思いました。逆に日本酒は強くないそばのほうが合わせやすいのかとも。
赤ワインは埼玉でつゆ、が個人的には一番よかったです。

今回も正解はないけど、なんとなくセオリーは見えてくる、という形になっていて面白かったです。そばもワインも少しの要素の違いによって全く異なる結果になることがあるので、無限の組み合わせがあり答えを導いていくことは難しいのですが、正解を出すことでななく過程を楽しむということと同時に、なんとなく方向性が見えてくることも楽しみのひとつになってきました。


IMG_1257.jpg

グリーングラスの店主の関根さんです。飄々としたした雰囲気でありながら、そば、料理への思い入れは強くストイックな方です。関根さんおの協力があってこそ良い会になっているのでとても感謝しています。
話しているとどんどんアイディアが出てきて、今後の会もとても楽しみです。


グリーングラスでの次回の会は9月1日金曜に決定しています。同じ20時からです(19時半から提供は開始)。会費は7,500円です。
料理の流れは一緒で、ワインは今までとは異なるものを提供しようと考えています。
詳細、お申し込みはfacebookのイベントページからお願いします。facebookをやられていない方はホームページの問い合わせページからのお申込みも可能です。早くお席が埋まってしまう可能性もあるので満席になってしまっていた場合にはご容赦ください。
https://www.facebook.com/events/127397611200399/



ドイツワインショップ ヴァインベルク
http://weinbergwine.com



posted by ヴァインベルク at 17:42| ワイン会報告 | 更新情報をチェックする

2017年05月26日

シュパーゲルのワイン会2017の様子

5月20日に永田町ビッテにてシュパーゲル(白アスパラ)のワイン会を開催しました。その様子をざっと書いていきます。
このシュパーゲルの会はヴァインベルクをオープンさせた時から毎年開催している恒例になっている会です(昨年の様子はこちら)。


IMG_4406.JPG

ワインは7種類用意しました。
15人の方が集まっていたので、最初の乾杯のゼクトは1本で少しずつ、その他は一種類につき2本用意しました。
シュパーゲルの会は、ドイツでも一緒に飲むことの多いジルヴァーナー、そしてジルヴァーナーのワインが多いフランケン、を中心としてワインを選んでいます。

1 リースリング・ゼクト/ゾルター
2 ヴァイサーブルグンダー/ベルンハルト・アイフェル
3 ジルヴァーナー アンナ・レナ/ブレンフレック (日野屋輸入)
4 ジルヴァーナー ムッシェルカルク/ビッケル・シュトゥンプ
5 ジルヴァーナー ブントザントシュタイン/ビッケル・シュトゥンプ
6 ロート・ヒューゲル/ビッケル・シュトゥンプ7 リースリング アウスレーゼ/ベルンハルト・アイフェル 

さわやかで少し暑くなってきているこの季節にぴったりなリースリングのゼクトで乾杯しながらざっと今回の趣旨を説明していきました。
近年日本でも白アスパラを食べられる機会が増えてきていますが、ヨーロッパ産の太いシュパーゲルは別物であり、こういうものだからこその良さがあること、そして、ドイツでは季節のものとして日常の中でたくさん食べる食材なので、ドイツでもこうやって質の高いワインとシュパーゲルを食べる機会はそうはない、というような話をしました。
ドイツでも太いシュパーゲルは人気があり高級レストランにまわるのがほとんどで、輸入にまわる量がないため、近年は質が変わらないオランダ産が日本に輸入されている中心となっています。


IMG_1216.jpg

前菜はシュパーゲルの冷製、チキン、生ハム、野菜のテリーヌです。
2のモーゼルのヴァイスブルグンダー(ピノ・ブラン)はシュパーゲルや春の料理に合わせやすいのがわかってきたので今回このワインを選びました。
3のジルヴァーナーはヴァインベルクの輸入ではありませんが毎年このワインは提供して今年も選びました。
味筋は似ていてもやわらかく包み込む2とコクで合わせるタイプの3と料理との合わせ方は少し異なるのがわかって飲み比べは興味深かったと思います。


IMG_4407.JPG

シュパーゲルを茹でた出汁によるクリームスープはアルコール度数は13.5%と高いけれどやさしい味わいの4のムッシェルカルク(貝殻石灰質)土壌のジルヴァーナーと同調して、やさしさが溢れていてほっとする気持ちになれました。


IMG_1219_edited-1.jpg

当初はメインと一緒に提供の予定だったシュパーゲルのボイルは混ぜないほうがよいのではということで別々での提供となりました。
定番のオランデーズソースです。以前、5のブントザントシュタインと白アスパラを合わせたときは冷製だったからかあまりよい相性ではないと思ったのですが、温かいものだととても良い組み合わせだと感じました。
他の白ワインとも相性がよくそれぞれ少しずつ異なる合わせ方となっていて、各々参加者は楽しまれていました。
格付けは同じで土壌違いの4と5のジルヴァーナーの飲み比べはみなさん興味深かったようです。好みはどちらかに集中するのではなくばらけていました。どちらも良いワインなので、好みやシチュエーションで選んでいただければと思います。


IMG_1226.jpg

メインはスペイン産の仔豚のグリルです。別のものの予定だったのですが、仔豚が手に入るということでシェフのご好意ご厚意でこちらとなりました。
肉質がふつうの豚肉とは異なり、皮もおいしく、みなさんとても喜んでいました。部位によっての違いが楽しめるのもよかったと思います。
赤ワインはフランケンの4品種ブレンドの6のロート・ヒューゲルです。店主が思っているよりも好評でびっくりしました。ドイツに住んでいた方たちも今まで飲んだドイツ産の赤ワインの中で一番おいしい、と言っていました。
軽さもあるけれどほどよい濃さの果実味のバランスが素晴らしいワインです。ドイツの赤ではピノ・ノワール(シュペートブルグンダー)が注目されていますが、その他の赤ワインも少しタイプが異なる良いワインがたくさんあるのでヴァインベルクではそういった赤ワインも紹介しています。


IMG_1222.jpg

オーナーシェフの日見さんです。カットする前の仔豚も写っています。
お忙しい中、今回も特別なコース料理を組んでいただき感謝しています。
シェフの料理はやさしい味わいだからヴァインベルクのワインと相性がよいのでは、という感想を言っている方もいました。たしかにそうだなあとあらためて思いました。
シュパーゲル料理は6月もやっているので興味のある方はお店にお越しください(いつまでやっているかはお店に問い合わせしてご確認ください)。ドイツらしいシュパーゲルと料理が食べられるお店は東京ではまだ少ないので、白アスパラが好きな方はぜひ訪れていただきたいです。

デザートは自家製のイチゴのシャーベットで、ワインのしめは7の甘口アウスレーゼです。2015年とまだ若いですが十分楽しめる甘口ワインで、こういった会の最後にはちょうどよい甘みと濃さです。

今回も皆さんに喜んでいただけた会となりました。
別室でやったこともありヴァインベルク店主が料理の提供などもしていたのであわただしかったと思うのですが、料理とワインで満足されていたのでなんとかなりホッとしています。
来年もぜひやりたいと思っています。


6月の会は武蔵小金井の老舗ソーセージ店での会です。ソーセージだけでなく色々なお肉とドイツワインを楽しんでいただけます。バーベキューに合うドイツワインというテーマでもワインを選びます。リースリングだけでなく、ゼクト、ロゼ、ソーヴィニヨンなどを提供予定です。
下記のfacebookページがありますが、facebookをやられていない方で参加希望の方はホームページの問い合わせフォームなどからお申込みください。



ドイツワインショップ ヴァインベルク
http://weinbergwine.com


続きを読む
posted by ヴァインベルク at 18:06| ワイン会報告 | 更新情報をチェックする