2016年03月27日

チーズと新着ワインの会の様子

チーズと新着ワインの会の様子を書きます。
今回の会は、新入荷のワインのお披露目にあわせて、チーズも一緒に楽しんでもらおうという趣旨にしました。
築地の場内のチーズ屋コトブキフーズの江藤さんに来ていただき、ヴァインベルクのワインに相性の良いチーズを選んでいただき会でも色々な話をしてくださいました。
会場のスペースとテーブルによる上限の16人の方にお越しいただき、今回も素晴らしい会になりました。


IMG_8396.JPG

ワインは8種類になりました。参加者に対して2本の用意ではなく1本のものもありました。

①トゥウェンティシックス 2014 ビッケル・シュトゥンプ 白・中辛口 11.5% 

②ジルヴァーナー ブントザントシュタイン 2014 ビッケル・シュトゥンプ 辛口 12%

③アポテーケ トロッケン 2014 ベルンハルト・アイフェル 辛口  12%  

④グラウヴァイセ 2014 クナウス 辛口 Grauweisse Reben S  13.5% 

⑤レンベルガーG 2014 クナウス 赤・辛口 12・5%

⑥レンベルガーS 2014 クナウス 赤・辛口 13%     

⑦シュペートブルグンダー ヨハニスベルク 2009 ビッケル・シュトゥンプ 赤辛口 13% 

⑧アンナベルク アウスレーゼ 2013 ベルンハルト・アイフェル 白・甘口 7.5% 


③と⑧以外は新着ワインです。この2つは、やはりリースリング辛口と甘口はドイツワインとチーズを合わせる時に体験するべき組み合わせということでリストに入れました。

どのワインも自信を持って選んだものですが、どれも好評で安心しました。
①はフランケンぽさのあまりない4種ブレンドですが、花見など気軽に飲むときに最高という声いただきました。このワインを選んだのは頭を使わないで飲んでも素直においしいと思えるワインだったから、なのですがパーティなどで活躍できるワインだと思っています。
②はムッシェルカルクではなくブントザントシュタインの土壌なので、典型的と言われるフランケンワインとは味わいが少し異なるので日本の方に受け入れられるか心配でしたが、やさしい味わいのジルヴァーナーかなり好評でした。おかわりのリクエストが一番多かったのがこのワインでした。
④と⑤は昨年に引き続き輸入しましたが、今年も評判よさそうです。
⑤と⑥のレンベルガー飲み比べは興味深かったようです。軽く飲むなら⑤、ゆっくりと向き合って飲むなら⑥、と意図していたことを理解していただけたようでよかったです。
⑦のシュペートブルグンダーは、現地の醸造所でかなり気に入って輸入したのですが、おいしいと言ってもらえてよかったです。特にドイツワインをふだんから飲んでいる方に良いと言われたのがうれしかったです。熟成したリースリングやシュペートブルグンダーには私はたまに慈悲深いという言葉を使うのですが、その言葉に納得していただけたようでした。
⑧のアウスレーゼは、誰が飲んでもおいしいと思える味わいなので今回もみなさん喜ばれていました。なんだかんだいっても甘口もドイツワインでははずせません。


IMG_8387.JPG

チーズは5種類用意していただきました。
スペインのアルピノ(山羊)、ドイツのカンボゾラ、スイスのアッペンツェル、イタリアのタレッジオ、フランスのロックフォールです。

チーズは同じ銘柄でも作りによってかなり異なるので、今回合った相性がそのまま今後も応用できるということにはならないのですが、どういうたタイプとどういったワインでどういった関係になるかということは体験し今後の参考にはなっているかとは思います。

アルピノは①のトロピカルな味わいのワインだと口の中で一緒になってとても相性が良いと思っていたのですが、みなさんもそう思っていただけたようでした。花梨のペーストをつけるとその甘さとやわらかさでさらに一体感が増しました。
ガンボゾーラは塩気が強めですがどの白ワインとも合いました。その中では樽とシャルドネによる複雑味のある④と合わせるのが個人的には好みでした。
アッペンツェルは白ワインで洗っていてクリーミーで濃厚なチーズでした。白でも赤でも合いましたが、クリーミーで重たい余韻と②のジルヴァーナーのトーンがぴったり合っていてこの組み合わせが好きでした。
タレッジオは赤ワインどれにも合いました。中でも⑥の濃いめだけど上品さもあるレンベルガーと合わせるのが好みでした。
ロックフォールはかなり高価なものを持ってきてくださり、みなさんその味わいに驚きでこんな美味しい青カビ初めて食べたという声が続出していました。赤ワインと合わせる場合、個性のあるワインだとお互いの良さが消えてしまうような印象でした。⑤のような気軽なハウスワインのタイプのほうがこういった個性のある素晴らしいチーズとは合わせるほうがいいのかなと思いました。
バニラアイスを買ってきてくださって、アイスとロックフォールと⑧の甘口ワインを合わせた時の口の中での融合は初めての体験でした。甘みと塩気とクリーミーさが見事に一体になっていました。


セミナーというよりは和気あいあいとした会になればと思っていたのですが江藤さんも陽気な方なのでとても楽しい会になりました。
その中でも、チーズへの向き合い方など、ためになったり納得するようなことも話していたので参加者は喜んでいられました。


IMG_8392.JPG

こういった会も今後もやっていけたらと思っています。

次回のヴァインベルクの会は4月20日から永田町ビッテにてシュパーゲルづくしの食事会です。今年で3年目の開催となります。会費は9000円です。
参加希望の方はフェースブックページかメールかネットショップの申し込みフォームから表明してください。



ドイツワインショップ ヴァインベルク
http://weinbergwine.com


posted by ヴァインベルク at 12:40| ワイン会報告 | 更新情報をチェックする

2016年02月13日

マルティン・ミュレン訪問2015年その2醸造所編

トラーバッハの村の奥にあるヒューナベルクの畑を当主のマルティンと一緒に車で見に行ってから醸造所へ戻ってきました。

お土産を渡し少し話をしてセラーを見てから近くのレストランに食事に行きました。
マルティンのお気に入りのレストランで、醸造所兼自宅から歩いて1,2分のところにあります。マルティン・ミュレンのワインもオンリストされています。


IMG_6373.jpg

二人とも頼んだのがこれです。この周辺の昔からの郷土料理だそうです。刻んだ豚肉と玉ねぎでミートローフみたいなものでした。
付け合わせのクネーデル(じゃがいもを団子状にしたもの)もドイツの伝統料理です。このレストランでは揚げていました。マルティンがドイツで一番おいしいと言っていたとおり、ふわふわで、ほどよい弾力でいい食感で、僕もヨーロッパで今まで食べたクネーデルの中で一番おいしいと思いました。
芽キャベツも美味しかったです。ドイツ人は嫌いな人が多いけど、僕は大好きと笑いながら言っていました。


IMG_6372.jpg

ずっとニコニコしていたマルティンと色々な話をしながら食事を楽しみました。
彼の食の好みや日本についてどれくらい知っているかなども聞きました。保守というか、貪欲にいろいろなことを求めない人だなあと思いました。ワイン造り以外にあまり興味がないというのも感じました。会話とは別で、職人な風貌の彼がレストランとミスマッチなのもいいなあと密かに思っていました。
会話の中では、ガイゼンハイムの醸造学校に通っているマルティンの息子さんの話になったのですが、色々な国や造り手のワインを飲むようになって、マルティン・ミュレンのワインの素晴らしさをあらためて知って、自分がミュレンのワインが一番好きということがわかったと話してくれたことを言っていたのが印象に残っています。息子さんにそう言われるのは本当にうれしいだろうと思います。そして次の代までマルティン・ミュレンの醸造所は安泰だとも思いました。

ワインはこの料理に合うものということでシュヴァルツリースリング(ピノ・ムニエ)の赤ワインを。トラーベン・トラーバッハの畑のもので造り手もこの村の人でミュレンの知り合いだそうです。ほど良い濃さで昼にちょうどよかったです。
この周辺はシュペートブルグンダー(ピノ・ノワール)は苦労して作らなくてはいけないわりにはあまり質と生産性がよくないということで赤ワインの品種ではドルンフェルンダーやシュヴァルツリースリングなどが植えられているとのことでした。

クネーデルはおかわりも持ってきてくれたのですがお腹いっぱいになりました。
ドイツの料理はソーセージや肉のかたまりしかないと思っている方も日本ではまだ多いようですが、このような料理もたくさんあるのです。特にワインに力を入れているところでこういった料理を食べることができます。


IMG_6356.jpg

ケラーでは、トロッケンになるワインはまだ発酵中でポコポコという音が樽の中から聞こえてきました。中にはあと半年くらい(訪問は11月後半)発酵しつづける樽もあるそうです。自然酵母だからこそのゆったりとした発酵です。
ポリタンクには2015年に収穫した貴腐のリースリングも入っていてゆっくりと発酵しているとのことでした。
ケラーはここの他にもトラーベンの村内にいくつかあって、ケラーの温度や空気中の酵母の種類が異なるので、今までの経験でそのケラーに適したワインをそれぞれのケラーに入れているということでした。特に赤ワインはそのケラーでないとダメという場所があるとのことでした。

食事中の会話の中で、ファインヘルプが好きという話をしたら、マルティンも、私も一番好きで全部途中で発酵が止まってフファインヘルプになればいいのにと言って二人で笑っていました。実際にそうなったら商売としては大変だし冗談ではありますが、彼のワインにファインヘルプが適しているのはわかります(もちろんトロッケンもおいしいです)。
温度管理をしないで天然酵母での木樽の中での発酵なので残糖がどの段階で止まるかはコントロールしていないので、トロッケンにならずファインヘルプになるワインもあるのです。そういった面でも毎年均等ではないという面白さもあります。


IMG_6384.jpg

食事の後はゲストルームでの試飲です。本数が多いように見えますがこれでも前回、前々回の半分くらいの種類です。この後シュトットガルトに行かねばならず電車の時間があったのであまりゆっくりと試飲ができなかったのです。新しいヴィンテージだけでなく、熟成させてから出したほうがいいというものは売り出さないで保管していて良いタイミングで販売を開始するワインもあるのでさまざまなヴィンテージのものがあり、畑もたくさんありそれぞれの畑で区画や糖度で細かく分けて収穫してそれぞれを木樽(1000リットルのフーダー樽)で発酵してリリースしているので常に膨大な種類を販売しています。その中で時間がないながらも、彼のおすすめや私が求めているか価格帯や味わいのものは一通り試飲することができました。
今回はパラディースとヒューナーベルクの畑のワインを中心に試飲し、トロッケン、ファインヘルプ、甘口、安価なものから高価格なもの、ヴィンテージも新しいものから古いもので、それぞれカテゴリーでいいものを見つけることができました。指定してストックしてもらっているので輸入する時を楽しみにしていてください。

最後は恒例の甘口ワインの時に乾杯をしてぎりぎりまで飲みながらもタイムアップで泣く泣く醸造所を後にしました。
次に訪れる時は前のように3時間以上飲みながら話をしたいです。



ドイツワインショップ ヴァインベルク
http://weinbergwine.com


posted by ヴァインベルク at 08:05| ワイン会報告 | 更新情報をチェックする

2016年02月03日

和食の会の様子と感想

1月の会は新橋の喜月で行いました。新年ということで和食をテーマにしました。
ドイツワインは和食に合う、でもリースリングは料理に合わないなどと言われることがありますが、今回のワインと料理ではどうだったかということを書いていきます。

IMG_0032.jpg

ワインはリストとしては6種類用意しました。

①ヘレンベルク リースリング ファインヘルプ 2014 ファルケンシュタイン  中甘口

②アルテンベルク リースリング トロッケン 2014 ファルケンシュタイン  辛口    

③グラウアーブルグンダー(ピノ・グリ) トロッケン 2010 ベルンハルト・アイフェル  辛口  

④シュペートブルグンダー(ピノ・ノワール) トロッケン 2013 ファルケンシュタイン  赤    

⑤ロートリーゲンデン リースリング 2014 ベルンハルト・アイフェル  中辛口 

⑥アンナベルク リースリング アウスレーゼ 2013 ベルンハルト・アイフェル  甘口  


それ以外にこの2日前に抜栓したペーターラウアーのケルンも少しずつお飲みいただきました。少量だけ空輸したものです。

グラスを2種類用意し料理との合わせ方の違いを楽しんでいただきました。


IMG_0021.jpg

最初はおばんざい3種類です。
①のファインヘルプはどれとでも違和感がないです。その中でも特にポテトサラダと飲むのが個人的には好みでした。
マヨネーズやいもの甘さが、残糖と複雑みばっちりと合わさったのだと思います。
ファインヘルプはこういった料理と相性がよいので日本の食卓に向いているのです。飾らない食卓で気軽にワインと食事を楽しむのに向いていると考えています。ワインだけだと最初は少し甘みが気になる方も食事と合わせると気にならなくなります。日本酒の米のほのかな甘みと同じように考えていただければと思います。

南蛮漬けは②のリースリング・トロッケンと合いました。酢による酸がこのワインとぴったりでした。このワインが極端にすっぱいというわけでないのですが、リースリングの硬さ(残糖が少なめなので)とジューシーな味わいが料理とうまく溶け込んでいました。
赤にも合うかと考えていましたが前面に酸がある料理とはザールのシュペートブルグンダーでも難しいようでした。といっても全く合わない、というわけでなく、無理に合わせなくても、といったかんじです。
②は菜の花との組み合わせが良いという意見がありました。菜の花の苦みとの組み合わせがよいとのことでした。


IMG_0023.jpg

ゴマをまぶしたごまあじです。こちらは予想通り③のグラウアーブルグンダー(ピノ・グリ)と相性が良かったです。
胡麻の甘みと味わいの広がりがワインのふくよかさとマッチしていました。重ための味わい同士という合わせ方です。


IMG_0026.jpg

ごまあじと共にお店の名物の牛ハラミの肉じゃがです。お店の方は女性が中心なのですが、男らしい見た目でシンプルな肉じゃがです。
一度お店でこの肉じゃがと⑤の中辛口のリースリングを合わせたことがあったのですがその相性が素晴らしかったので参加者の方にも体験していただきたいと思っていました。そしてみなさんに喜んでいただけてよかったです。
ボリュームがあり少しだけ甘みのあるリースリングで、そういった面での力強さが牛肉に負けず味わいともがっちりとかみ合っていました。和の味付けだからということも大きく影響していると思います。
鍋料理(淡泊すぎないもの)とも合わせてみたいという意見もありました。


IMG_0030.jpg

当初は料理は肉じゃがまでの予定でしたが、もう一品提供していただきました。
こちらもお店の名物の手羽先大根です。
この料理と一番合ったのが④のシュペートブルグンダー(ピノ・ノワール)でした。鶏だけでなく甘みのある大根と出汁との相性も抜群でした。この赤は出汁やうまみに合うのです。言葉で説明するのは難しいので実際に試していただきたいです。


一番合う料理とワインの組み合わせを書いていきましたが、それぞれの料理とも他のワインでも悪くはありませんでした。
和食と合わせる時には出汁、うまみ、甘みというのがポイントで、そういう面でドイツワインと合わせやすいのです。その中でもヴァインベルクが輸入しているワインは、やわらかさややさしいタイプがあるので、リースリングでもワインが強すぎずにうまく合うのだと思っています。辛口のリースリングでは和食でも合わせるのが難しいものもありますので。
また、和食といっても、料理だけでなく、日本人の味付けという考え方をしていただければと思います。洋食のジャンルでもあっても家庭の料理では、今回の料理と同じようなことが当てはまるので参考にしていただければと思います。


⑥のアウスレーゼは、よく甘口ワインを飲んでいる方にも気に入ってもらえました。貴腐のニュアンスもある重ための甘さで、コストパフォーマンスに優れています。
ラウアーケルンも好評でした。僕はこのワインはやわらかい中甘口のワインでは最高峰だと思っています。


今回は参加人数が少なめだったということもありゆったりと会話をしながらの会でした。
料理との相性は大事で、その話をするのは大切ですが、その議論だけではなく、その話が会話を盛り上げるポイントになっているというのがうれしかったです。
ヴァインベルクの会はストイックに向き合うのではなくその場の雰囲気を楽しんでもらえたらと考えていて、アットホームな雰囲気の会を理想としています。
そのうち勉強会もできればとは考えていますが。


最後に次回の会のお知らせです。
今回はザールのワインのみで会をします。モーゼルの中のザール川周辺の区域ですが、モーゼル中域とは異なる特徴があります。
会場はドイツ仕込みの自家製ソーセージを提供している経堂のインゴビンゴです。

日時 2月21日(日) 18時開始
会場 インゴビンゴ (最寄り駅 小田急線経堂)
http://www.ingobingo.jp/
会費 7,000円

ワインは6,7種類を予定しています。リースリング5,6種類(甘口ワインを含みます)、シュペートブルグンダー(ピノ・ノワール)1種類です。
ファルケンシュタインのワインが中心ですが、ペーター・ラウアーとファルケンシュタインと畑の近いエゴン・ミュラー(2010年シュペートレーゼを予定)も提供します
辛口、中甘口、甘口、赤ワインそれぞれのザールのワインの魅力を感じていただけます。
タイプの異なるソーセージを数種提供していただきます。
お出しするシュペートブルグンダーの赤ワインを混ぜたソーセージも特別に作っていただきます。
ソーセージの他にもサラダなども用意していただきます。

詳細はfacebookのイペントページもご覧ください。
ショップページの問い合わせページやメールでもお申込みが可能です。



ドイツワインショップ ヴァインベルク
http://weinbergwine.com


posted by ヴァインベルク at 18:30| ワイン会報告 | 更新情報をチェックする

2016年01月23日

ケーキ、シュトレンとドイツワインの会の様子

時間が経ってしまいましたが12月の「ケーキ、シュトレンとドイツワインの会」について書いていきます。

場所は青山一丁目のドイツ、オーストリア菓子とパンの店ノイエスです。1年前にこのような会をここでしていて2回目となります。その時の様子はこちらです。


IMG_7188.jpg


スイーツは4種類提供していただきました。
オーストリアの定番ザッハトルテ、チョコレートケーキにアプリコットジャムが薄く塗られていて、甘さ控えめの生クリームが添えられています。
アッフェルシュトゥーデル、りんごのパイです。
白いのはレアチーズです。
薄切りになっているのがドイツ、オーストリアの冬の定番の焼き菓子シュトレンです。ノイエスのは甘さはあまり強くなくアルコール感もあまりありません。

ワインも4種類です。
順番に出していき、それぞれのワインでそれぞれのスイーツと合わせてもらいました。

① アポテーケ トロッケン 2014 ベルンハルト・アイフェル  辛口
Riesling  Trittenheimer Apotheke  trocken 12%  Bernhard Eifel
② シュペートブルグンダー トロッケン 2013 ファルケンシュタイン  赤
Spätburgnder  Niedermenninger Herrenberg  Spätlese trocken 12%  Hofgut Falkenstein
③ ヘレンベルク ファインヘルプ 2014 ファルケンシュタイン  やや甘口
Riesling  Niedermenninger Herrenberg  Spätlese feinherb 8.5%  Hofgut Falkenstein
④ オイヒャリウスベルク アウスレーゼ 2013 ファルケンシュタイン 甘口
Riesling  Krettnacher Euchariusberg  Auslese 7%  Hofgut Falkenstein

今回のワインは、これらのケーキとどれと合わせても全然合わないというものがありませんでした。ぴったりからみ合うということを求めなければどれでも大丈夫というかんじでした。
といってもポイントはあったので少し書きます。
1のリースリング辛口は、辛口といっても辛いわけではなく甘みとやわらかさがあるので、甘いものとも相性はよかったです。
2の赤も、想像していたよりどれとも合いました。その中でもシュトレンに合うのがこの赤だと思いました。酸があるものよりまったりしていてボリューム感のあるスイーツのほうが合うのかなという印象でした。
3はレアチーズあたりがいいかなと思いました。どれとも悪くはなく、無難にあわせたいのであれば、こういった甘口よりのファインヘルプが一番こういったケーキとの相性は良いと思います。ただ、このワインはワイン自体で完成されているので、少しスイーツをうけつけない部分もあったかなーと思いました。もう少しやわらかさのあるファインヘルプのほうがよいかもしれません。
4はアウスレーゼといってもそれほど甘みは強くなく酸を少し感じるタイプです。予想通りこの中ではりんごの酸味があるアッフェルシュトューデルと合いました。

ケーキからでいうと、ザッハトルテは生クリームをつけたほうが今回のワインとは合いやすくなり、レアチーズは甘みのある3、4の白が合いました。シュトレンは4番の甘口だとワインの酸味が強くなってしまいました。
どういった甘さのものと合わせるかによってワイン自体の印象(甘みや酸味)も変わるということも体感していただけました。

スイーツと合わせる時のポイントは今まで4回やっているスイーツの会の記事で書いていますので興味のある方はそちらも読んでいただければと思います。





ドイツワインショップ ヴァインベルク
http://weinbergwine.com



posted by ヴァインベルク at 10:29| ワイン会報告 | 更新情報をチェックする

2015年09月27日

「寿司屋でドイツワイン」のレポートです

先日開催した寿司屋でのワイン会のレポートです。
以前からヴァインベルクのドイツワインと寿司のワイン会をやってほしいという要望が多かったので開催することにしました。
寿司でワイン会というとひとつひとつのネタでワインを合わせていくおいうのが主流ですが、そういった形だとあらためて試したいと思った時には現実的にはないので、こういったタイプの寿司にはこの系統のワインが合う、というような感覚をつかめるような内容にできれば、と考えました。料理はある程度カテゴリーに分けて、6種類のワインの中で2種類ずつその料理やカテゴリーの寿司に合うようなワインを提供していくと形にしました。グラスは小さめではありますが一人につき3個用意しました。
お店は新橋の喜八さんです。高級なお寿司屋さんになると寿司で完結していて、それに合わせるお酒というのはだいぶ限られていくので、喜八さんのような気軽に来られるお店だけど上質なネタ、というのがコンセプトに合うと思いこちらでやることにしました。

ワインは以下の6種類です。

① ロゼ ゼクト N.V ゾルター (ラインガウ) 泡・辛口 


② アルテーヒェン トロッケン 2013 ベルンハルト・アイフェル  (モーゼル) 辛口  


③ ヒューナーベルク トロッケン 2009 マルティン・ミュレン  (モーゼル) 辛口    


④ パラディース ファインヘルプ 2013 マルティン・ミュレン  (モーゼル) 中辛口


⑤ ゾンネンベルク ファインヘルプ 2013 ファルケンシュタイン  (ザール) やや甘口  


➅ トロリンガーS 2013 クナウス (ヴュルテンベルク) 赤・中辛口 12%



写真 (168).JPG

先に書いたように料理に合わせて提供したので順番通りの提供にはしませんでした。②、⑤、⑥は倍の量を用意したので一度飲まれてから別の料理、カテゴリーでもう一度提供をするということもしました。
日本酒も一種類提供していただいたのですが、そのことについては後ほどふれます。

このブログではワインと料理の相性を中心に書いていきますが、12人の参加者による会はアットホームで和気藹々とした雰囲気でみなさんワインと料理を楽しまれていました。相性だけでなく、ワインだけでも美味しいと言われるのはやはりうれしいです。


写真 (163).JPG


前菜の3品です。
貝にはフラット味わいの①のロゼのゼクトと合いました。比較的万能に食事に合わせられるゼクトなのですがm、ズワイガニのマリネとも合いました。
一度実験的にいくつかのワインを持ち込んでこちらのお店で試した時には、リースリングのゼクトを持っていったのですが、ほのかではありますが感じる甘みと酸味がによってあまりなじむ料理や寿司がありませんでした。炭酸だから合わせやすいということではないというのがわかったのですが、ピノ・ノワールの果実味によって今回のスパークリング(ゼクト)では合うのだと思いました。
さんまのオイルサーディンとは②のモーゼルのトロッケンがぴったりでした。このワインはぴぴした酸ではなくわりとまったりめな味わいということと、テロワールの特徴による風味により料理の苦味(油があることも要因ですが)にもぴったりとはまっていると思いました。


写真 (162).JPG

まぐろのステーキです。以前伺った時にこの料理と⑥のトロリンガーの赤ワインとの組み合わせに感動したので今回も提供していただききました。
⑥はタンニンを全く感じないナチュラルで果実味のある味わいなのですが、このワインがまぐろとの相性が抜群なのです。生のものとも会うのですが、少し強めのこういった調理だとより合うと思いました。とはいえソース系の料理だと違うワインと合うとは思います。


写真 (164).JPG

寿司は2回に分けて出してもらさいました。1回目は比較的濃い目、味が強めのネタにしてもらいました。


写真 (167).JPG

2回目です。
お酒がなくてもおいしく食べられるネタばかりでした。こちらではわりとあっさりとしたタイプが主軸なようで、あまり目立ちはしないけれど技術とこだわりのあるお寿司屋さんとだと思います。


③のワインだけでも完成されていて素晴らしい辛口は赤貝、しらうお、まぐろの赤身と合っていました。こういった複雑みがあってワインだけでも完成しているものは和食(特に生もの系統)と合わせるのは難しいのですが、今回のネタでは上記のものとはうまくはまっていました。少し複雑み、別の言い方をすれば癖があるほうが合うようです。
あおさ入りの白みその味噌汁ともぴったりでした。

⑥の赤はまぐろとイクラに特に合いました。イクラは白ワインだと生臭く感じてしまうのですが、このワインだと嫌味を全く感じずぴったりでした。

④の甘みは強く感じないファインヘルプ(中辛口)はいかとかつおと合いました。他のネタでも悪くはなく今回の中で一番万能に合わせられると思ったのがこのワインでした。

⑤はもう少し甘みのあるファインヘルプですが、白身、ホタテと合いました。そして大トロと一番合うと思ったのがこのワインでした。
ワインの甘みと酸味とうまく調和したのだと思います。脂が酸ですっきりするというのもポイントです。


日本酒は一回目の寿司の途中で出してもらいました。喜八さんは日本酒に力を入れていて、めったに飲めないものも仕入れているようです。
ドイツワインに味わいの似ているすっきりしているけれどコクのあるものというリクエストをしたら、千葉の成田の特別純米の冷やおろしを提供していただいました。


写真 (166).JPG

鯵は日本酒でないと合わないと思いました。④だと苦みを感じてしまいました。今回の会での結論としては青魚は日本酒ということになりました。調理方法やワインよっては合うものもあるとは思いますが。
日本酒を料理と合わせる時のポイントは米の余韻によるアルコール感で、これによって合う料理があるのだと思いました。癖や個性の強い料理はこの風味によってお互いが負けずにからむのです。
ただし、その余韻が逆に邪魔することもあって、ドイツワインのように酸と果実味のあるもののほうが合う和食も多いのです。
和食は日本酒と決めつけるのではなく、料理とお酒の特徴をつかむと、何を選ぶのかという選択肢が増えていくと思います。


ドイツワインの場合は寿司と合わせるのは少し甘みがあるほうが合うと思いました。④と➄だけでなく⑥の赤ワインもトロッケンではありますが果実味による甘みを感じるのでこのカテゴリーに入れることができます。
②のトロッケンでも悪くはないのですが、違和感を感じるものもあったのです。
わりと淡白なものは直線的な甘みはあまりないワイン、濃かったり脂のあるものはもう少し甘さがあるもののほうが合うと思いました。
とはいえ、ただ甘みがあればよいというのではなく、酸味もポイントです。特に寿司の場合は酢飯なのでより酸との相性は重要です。甘いだけだと酢飯に負けてしまうのです。

いくつかのネタを一種類のワインで楽しむ場合には少し残糖があるものや収穫糖度が高いものから造られた果実味豊かな辛口などの系統を選んだほうがよいと思います。
もちろん相性では味わいのどこにポイントを置くかでワインは変わっていくので、一概に全てがそうとはいえないのですが、傾向としては甘み(甘いではありません)がポイントかと思いました。



ドイツワインショップ ヴァインベルク
http://weinbergwine.com

⑥のトロリンガーは完売しました。
他のワインも在庫が少なくなっています。


posted by ヴァインベルク at 14:10| ワイン会報告 | 更新情報をチェックする